清原の噂 [無断転載禁止]©2ch.net

0001名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/19(日) 06:20:44.24
清原の噂

0002名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/24(金) 06:21:48.96
皆さん誤解してませんか?麻薬と大麻は違うものです  
危険ドラッグや覚せい剤、がん、一部の指定難病や自殺、
PSTDなどの被害は実は大麻で減らすことができます
そもそも、大麻ってどうして禁止なんでしょうか?理由は下記の動画で!

酒・大麻をめぐる黒歴史
https://www.youtube.com/watch?v=aaOTAdp0TX8

なぜ大麻は禁止?有識者が議論した動画
https://www.youtube.com/watch?v=tE7vkcpRBDo

0003名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/08(金) 13:27:27.06
AV女優覚醒剤逮捕は清原被告、高知容疑者関連からの芋弦式検挙の可能性?





 AV女優の麻生希容疑者(27)が、6月20日麻薬取締法違反及び向精神薬取締法違反などの容疑で、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されていたことを、「週刊実話」最新号が報じた。

麻生容疑者は、172cm・B89cm・W58cm・H89cmというG(カップ)乳ミラクルボディーを引っさげ、2012年3月にアダルトデビュー。
デビュー作から大手AV通販サイトの月間DVDランキングで1位に輝き、即座に長身AV女優では、神波多一花(28、173cm)、北条麻紀(39、169cm)らと並ぶ人気を誇っていた。
また、女優の桐谷美玲(26、163cm)を彷彿させるモデルのようなルックスながら過激作品にも臆することなく出演し、日本のみならず中国でも熱狂的な人気を得た。
だが、日本ジャーナル出版週刊実話によると、先月20日、一人暮らしをする自宅マンションに踏み込んだ麻取に違法薬物を押収され逮捕された。
所属事務所もこの事実を認めているが、麻生希に関しましては、弊社専属契約は終了しております。お問い合わせは所属プロダクションまでよろしくお願い致します。と手のひらをかえしていた。
大学卒業後の初々しさがなく、先月の発売時AVのDVDの映像では、覚醒剤のセックスを思わせるような喘ぎが問題になっていた。

麻生容疑者が覚醒剤使用後の言動が欠けていた。

 本人は「こういうイベントは今日が初めて。ずっと心臓がバクバクしていました!!」と緊張していたことを告白。
取材もまだ慣れていないのか記者を直視できずにいる。が、それが何ともたまらない−。
 2012年(この春)に名門女子大を卒業したばかりで、デビューDVDは卒業式直後に袴姿のままで撮影。
お嬢様らしい恥じらいっぷり、そこから一転して乱れる様子などがすべて収められ、オヤジ世代好みの内容になっていたが、
最近の、麻生容疑者は、テンションがはげしく、性格が横暴になり、目が白い目のように飛んでいて幻想が激しかった感じだった。
Twitterによると
「生理よで死んでる( i _ i )」
「悪魔の館のようなすてきなアンティーク好き誰も来たくない家ナンバーワンそれがうち」
「部屋見せたは病んでる人扱いされてつれぇwwwwww」
「どうせ死んだら地獄だし鬼でいい鬼だから。普通の生活に戻りたい。殺されたくない。」

「殺されたくない」言葉は、ヤクザ(暴力団)に脅された可能性も高く、「生理がない」のは、覚醒剤中毒で身体がボロボロになったことを意味し、アソコもピンクからどす黒い色に変貌していた。

 高知東生こと大崎丈二容疑者(51)と愛人とされる女性容疑者(33)が6月24日、麻薬及び向精神薬取締法違反などの容疑で、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された。
 ジャーナリスト須田慎一郎(56)によると、清原和博(48)覚醒剤事件の人脈から芋弦式で逮捕に繋がったとみられ、高知の逮捕は、33の愛人と27歳のAV女優2人の密売人が同一反社会的勢力犯罪組織団体の可能性が浮上していると推測している。
33歳の愛人、27歳のAV女優が逮捕された背景に、覚醒剤取締法違反で懲役2年6か月執行猶予4年の有罪判決を受けた清原和博元被告(48、元野球選手)関連事件で芋づる式で逮捕された可能性も0ではないとしている。

0004名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/16(土) 15:06:41.18
桑田にも見捨てられて孤立

0005名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/16(土) 15:07:37.07
暴行は当たり前、部員3人死亡、女子生徒にも強姦、廃部によって破滅、終焉した古豪・PL学園高校硬式野球部の悪質な犯罪





 7月16日、古豪・PL学園高校硬式野球部が廃部し終焉したが、それにしてもPL学園高校硬式野球部の組織犯罪の実態が埃のように、発覚していた。
 過去に、部員の死者が3人も出る事件が発生する等半殺しの暴行事件や複数の女子生徒にも強姦する事件が大阪地裁や元関係者によって明らかになった。
 PL学園高校硬式野球部の体罰は、非常に厳しいもので、部員が過去に3人が死亡、複数の女子生徒にも強姦していたことも裁判や元関係者らの証言で明らかになった。
上級生部員に日常的にバットで殴られたなどとして、学園と上級生らに計約190万円の損害賠償を求めた訴訟が、
被告側が暴行の事実を認め謝罪、100万円を支払うことで和解した事件が発覚、2011年日本高野連から3か月の体外試合禁止処分を受けた。
2001年にも日本高野連から6か月の体外試合禁止処分、2006年にも日本高野連から3か月の体外試合禁止処分を受けた。
また、以前、集団で当時15歳から18歳の女子マネージャーら複数の女子生徒に対して性器に飲料水などの瓶を押し込めたり、
全裸にして強姦等の性的暴行事件があったことも新たにこの裁判で明らかになった。PL学園は、犯罪集団に成り下がり、墜ちるところまで落ちてしまった。
 さらに、2013年には、寮内で、複数の上級生が横たわった下級生1人の腹部に膝から落ちる等の暴力を振るった。
1年生部員は痙攣を起こし、救急車で病院に搬送されたが、大事には至らなかったが、日本高野連は、6カ月間の対外試合停止処分が下り、同4月に当時の監督が辞任し、有罪判決を受けた。
1985年度卒業生の桑田真澄(48)は木製のトイレのげたで何度も叩かれたことを告白した。
ある上級生は、桑田に夜中じゅうマッサージをさせていた。自分も練習で体がクタクタなのに、毎日、午前二時、三時までマッサージをやらされる。
木製のトイレのげたで肩や足をバンバンたたかれたりもしたそうだ。顔を殴るとバレてしまうため、衣服で隠れるところを集中的にたたいたり、踏みつけたりしていたという。同級生清原和博(48)にまでしごかれていたという。
「PL学園といえば伝統ですから、暴力は当たり前」「僕が1年生で甲子園に出ていたころから、体中アザだらけでした」と明かしたのは、今年2月覚醒剤取締法違反で起訴、有罪判決を受けた清原和博(48)、
清原は「1年生のときからアザだらけ」「でも体罰は当然」、自身が高校時代に母校が強かったのはしごきがあったおかげという趣旨を述べた。
PL学園硬式野球部には、いじめによる死亡事故も起こっていて、元部員3人が死亡したことが判明した。PL学園では、上級生のシゴキによって悲しい結末を迎えた“事件”も起きていたというのだ。
1986年上級生が下級生の帽子を池に投げ、下級生に泳いで取りに行けと命令、池に入った下級生が溺死したのだ。
当時の新聞でも報じられた。ただし、あくまで事故死ということで処理され、いじめがあったことについてはまったく触れらなかった、翌1987年、PL学園は史上4校目の春夏連覇を達成した。
 1970年代に部員1人が死亡し、2004年にも部員1人が暴行を受けて、死亡していたことが、新聞記事、大阪地裁の検察側の冒頭陳述で判明した。
大阪府警は2004年の部員死亡事件について、殺人または傷害致死事件で捜査に着手しているらしい。
 PL学園の非道な行為はスカウトにも波及した。清原をスカウトした人間は、今年5月に死去したが、府警は、死去した男性(享年80)は、反社会勢力団体関係者だったことを発表したという。
反社勢力がPL野球部のスカウトやPL高校生徒募集に関与したことで、PL学園とPL学園硬式野球部の存在は皆無に等しい。子供の人権を侵害しスポーツマン精神を侮辱している。
試合に、負けたら全裸にしごかれるとある元PL球児がポツリともらし、「PLが敗戦すると、女子生徒も地獄の日がまっているし、全裸にならなければならない」との噂が流れ、
30年前、約1000人いたPL生徒も現在は、約200人以下になり、優秀な生徒は、他校の進学校に流出していた。
 PL学園は、高卒の就職すらままならずフリーターに、一方、大阪桐蔭は難関大学に進学し、大卒後は正社員として就職している。
共に、夏の甲子園優勝4回の大阪桐蔭とPL学園は、雲泥の差である。
天理高校も柔道部出身の野村忠宏(41)も「体罰は男女混合で全裸になる」と発言して、物議を醸したが、天理大学・高校も柔道部、硬式野球部も暴行、強姦事件で、体外試合禁止処分を受けている、PL学園と何ら変わらない。
PL学園と天理は墜ちるところまで落ちたといって過言ではなく、過去の栄光は一連の不祥事で全て消滅した。

0006名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/18(月) 10:19:27.85
墜ちた古豪・PL学園高校野球部が廃部、厳しい付き人制度や、暴行、反社勢力が災いし衰退の道を歩み破滅、終焉へ





 1970年代後半から1980年代(昭和50年代-昭和60年代)のバブル期、僅か10年間に春3回、夏4回全国制覇する(日本一を為し遂げる)など、飛ぶ鳥落とす破竹の勢いで、
「逆転のPL」「高校野球界の西の横綱」「高校野球界の千代の富士」「高校野球界の吉本興業」「高校野球界のドラえもん」
「逆転のミラクル打線」「人文字PL打線」「KKコンビ」の異名を持つなど、
甲子園で圧倒的な強さを誇り数々の名選手を輩出した古豪・PL学園高校硬式野球部だが、2001年と2013年に各6カ月の対外試合禁止処分を受けて以降、衰退の道を辿り、
歴代甲子園優勝校春夏計96校としては、PL学園が初で、前代未聞の硬式野球部休部(廃部)の異常事態となった。
 PL学園高校は、1955年開校、1956年硬式野球部創部、1962年春夏甲子園初出場、1970年新井宏昌(64、元近鉄)らのメンバーで夏の甲子園準優勝の波乱を演出、1976年夏も尾花高夫(58、元ロッテ)の活躍で準優勝、
1978年西田真次(55、元広島)らを率いて準決勝と決勝で2試合連続9回裏2アウト2ストライクから大逆転サヨナラ勝ちで、夏の甲子園初の日本一(全国制覇)、
「逆転のPL」「逆転のミラクル打線」「人文字PL打線」旋風を巻き起こした。
 1980年9月に中村順司(70)が監督に就任すると、たった7年間でほぼ無敵の圧倒的な強さを誇り、
1981年の春高選抜は、吉村禎章(53、元巨人)らの活躍で春高選抜初優勝、1982年春高選抜では2校目の春高選抜連覇、
1983年から1985年にかけて桑田真澄(48、元巨人)、清原和博(48、元巨人)の「KKコンビ」で、3年連続夏の甲子園決勝進出、1983年夏と1985年夏は日本一、1984年夏は準優勝、
1987年には立浪和義(47、元中日)、宮本慎也(46、元ヤクルト)らの活躍で、あのKKコンビすら成し得なかった史上4校目の春夏連続優勝を達成。
「高校野球界の千代の富士」「高校野球界の吉本興業」「高校野球界のドラえもん」の異名を持つなど「高校野球“西の横綱”」という称号で、最強の座を欲しいままにし、人気を博した。
 しかし、PL学園高校硬式野球部下級生が上級生の世話をする「付き人制度」などを背景とする度重なる暴力事件や元OB清原和博や野球部スカウトらが反社勢力団体との交際などでイメージが悪化した。
 厳しい練習や体罰でゆとり世代の球児(有力選手)たちが他校に流れ始め「PL」のブランド力は落ちていった。
1998年は上重聡(36)率いるチームで春4強、夏8強、何れも、松坂大輔(35、元レッドソックス)率いる横浜に阻まれ、
横浜はその年の春夏連覇、夏8強で敗退したPLは横浜と17回の死闘を繰り広げ、中村順司監督も1998年4月に退任した。
 2006年に前田健太(28、ドジャース)率いるチームで春高選抜で4強入りしたが、21世紀に入ってから甲子園で8強以上に進んだのはこの1度だけ。
その前田健太がPL学園史上最高の選手と謳われるようになった。
一方、ここ8年で4度甲子園大会を制した大阪桐蔭などに後塵を拝した。
大阪桐蔭高校は、PL学園最後の甲子園優勝の翌年、1988年に開校し、1989年高校硬式野球部創部、第1期生のメンバーだった1991年にいきなり夏の甲子園初出場、初優勝、
2012年には春夏連覇、2008年、2014年にも夏を制覇した、さらに東大、京大、早慶、関関同立など難関大学に進学する進学校として躍進する大阪桐蔭に対して、
PLは、大学進学はおろか、高卒からの就職すら覚束無くなり、生徒のPL離れは、加速するばかりだった。
PL硬式野球部は、2013年にも6カ月の出場停止処分を受け、当時の河野有道元監督(68)は退任し、有罪判決を受けた。
正井一真元校長(71)が監督を務め、現在の剣道部出身の川上祐一監督(42)まで野球経験がない監督が続く事態となっていた。
また、元OBの清原和博元被告の素行不良も災いし、PLには行きたくない球児も増加していたという。清原は今年2月、覚醒剤取締法違反の罪で、有罪判決を受け、PLは凋落してしまった。
しかし、PL学園は、新興宗教のキリスト教法人傘下の学校法人で、職員はPL教団に寄与できない人間でないといけない、
勿論、PL教団教徒の職員でないと硬式野球部監督に就任できないなど、厳しい障壁もあって、2015年4月には新入部員の募集を停止し、廃部(休部)へと舵を切った。
2018年にも高校自体の募集を停止し2021年3月に高校廃校も視野にいれているらしい。
前田健太投手を筆頭に硬式野球部81人のプロ野球選手を輩出したPL学園高校は、7月15日夏の大阪予選大会では1957年以来59年ぶりの初戦敗退、最後の部員は11人だった。
バブルの古豪も、相次ぐ不祥事で廃部(休部)を余儀なくされ、甲子園優勝校としては史上初で、前代未聞といえるPL学園高校硬式野球部の歴史に幕を閉じた。

0007名無しさん@お腹いっぱい。2016/08/24(水) 09:15:08.59
2020年東京五輪組織委員会が長嶋茂雄&王貞治&イチローを東京五輪最終聖火ランナー候補にあげるおかしさ…




 「野球を世界にアピールする絶好の機会」しかし、
 2020年東京五輪開会式の最終聖火ランナーの候補に長嶋茂雄(80)、王貞治(76)イチロー(42)の名前が挙がっていたことが22日、分かった。
関係者は「各界から慎重に人選を進めることになるが、野球界では長嶋、王、イチローを推す声が出ている」という。
 五輪競技にカムバックする野球は日本の大衆競技の一つとしての地位を確立している。中でも、
「ON」(王、長嶋)「イチロー」は国民的スポーツまで野球を押し上げた最大の功労者だ。
 国民栄誉賞も受賞している長嶋、王は五輪への関わりも深い。
長嶋は2004年アテネ五輪の日本代表監督に就任。同年3月に脳梗塞で倒れたため、中畑清(62)に監督職をゆずり、長嶋は、総監督として、
本大会で指揮を執ることはなかったが、野球評論家時代に五輪の舞台へ足を運んでリポートを続けた。
 王は、五輪組織委理事会の助言機関「顧問会議」のメンバーにも名を連ね、野球界の顔として、
野球・ソフトボールの復活の旗振り役を務めた。日本プロ野球記録の通算868本塁打は米国では知名度はあるが、世界的な知名度があるとはいえない。
王は台湾籍であり、IOCは聖火ランナーとして相応しくないため、最終聖火の点火ランナーに採用される可能性は、低い。
 野球界は東京五輪を機に競技の世界的普及を目指している。関係者は「ON、イチローは野球界を超えて、
日本のスポーツ界の象徴ともいえる存在。野球を世界にアピールする絶好の機会でもある」と話した。
イチローは、日本人初の大リーグ3000本安打を達成したばかり、2006年、2009年W杯世界選手権のWBCの代表として、2度の世界一にも貢献、
2020年東京五輪の参加に意欲をみせている。
2020年7月24日の開会式。点火台には世界中の目が注がれる。
近年、点灯式に参加する最終聖火ランナーは、五輪競技種目の出場に限られている。
出場経験すらない王、長嶋は、最終聖火ランナーの起用は困難だという、国際五輪評議委員会(IOC)が王、長嶋を最終聖火ランナーの起用に否定的だ。
 そうなれば、1964年東京五輪の重量挙げのウェィトリフディングの男子57kg級で金メダルを獲得した三宅義信(76)、
2000年シドニー五輪の陸上女子マラソンで金メダルを獲得した高橋尚子(44)、2004年アテネ五輪の陸上男子ハンマー投げで金メダルを獲得した室伏広治(41)、
1996年(アトランタ)、2000年、2004年の五輪柔道男子60kg級で三大会連続金メダルを獲得した野村忠宏(41)、2004年、2008年の五輪で平泳ぎ2種目連続金メダルを獲得した北島康介(33)、
現役なら、2012年ロンドン、2016年リオ五輪体操男子個人総合で2大会連続金メダルに輝いた内村航平、
リオ五輪でバドミントンの女子ダブルスで金メダルを獲得した高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)ペア、
競泳男子400m個人メドレーで金メダルを獲得した萩野公介(22)、
リオ五輪男子テニスで銅メダルの錦織圭(26)、同じく陸上男子400mリレーで銀メダルのケンブリッジ飛鳥(23)らが候補にあがるが、2020年第二次東京五輪開会式の点火式直前までは公表されない。
 聖火ランナーは、ギリシャで採火され世界中を回って開催国に到着する聖火は、国内の複数ルートを経由するため、ランナーは数千人単位に及ぶ。
公募や大会組織委員会、スポンサーからの推薦などが中心で、過去の
オリンピアンやメダリストも参加する。聖火台への点火者ら重要な人選はIOCと大会各組織委員会が決めるが演出上、トップシークレットとされる。
点火者は1964年東京五輪では陸上選手だった早大1年の坂井義則(故人)、
1972年札幌冬季五輪では当時、札幌旭丘高1年の高田英基(61)、
故・坂井は1945年8月6日当日、広島県で生まれたことから起用され、高田は、北海道出身であることから起用されたが、
1992年以降の五輪大会の最終点灯式の聖火ランナーは、五輪出場選手に限られている。
 1998年長野冬季五輪では伊藤みどり(46、アルベールビル五輪女子フィギュアスケートシングル銀メダリスト)が務めたが、
1998年長野冬季に伊藤が最終聖火務めたことに批判が相次ぎ、
しかも、秘密とされている最終聖火ランナーを長野大会開催前に、長野組織委員会が予告で伊藤を発表したために、批判が相次いだ。
そうなれば、1964年第一次東京五輪と2020年第二次東京五輪を融合し、オマージュするかたちであれば、三宅義信が有力候補にあがり、現役なら、萩野公介、
高橋礼華、松友美佐紀、錦織圭、内村航平、ケンブリッジ飛鳥らに限られるようだ。

0008名無しさん@お腹いっぱい。2016/09/20(火) 19:48:15.14
始球式までしておいて…浅田舞「カープ女子」だったことに中日新聞は?





岸田文雄(59)、綾瀬はるか(31)、有吉弘行(42)、アンガールズ(40)、風見しんご(53)、奥田民生(51)など広島出身の著名人はもちろん、
久米宏(72、埼玉県出身)や谷原章介(44、神奈川県出身)、チュートリアル・徳井義実(41、京都府出身)など、熱狂的な広島ファンは芸能界に意外に多い。
しかしその一方で、流行語にもなっている「カープ女子」に便乗するにわかファンも急増。その仕分けにファンもメディアも混乱している。
そんななか、「マジかよ!」と総攻撃をくらっているのが、フィギュアスケート国民的ヒロイン浅田真央(26)の実姉にあたるプロフィギュアスケーターでタレントの浅田舞(28)だ。
「なんと浅田舞は9月11日放送のスポーツ情報番組『スポーツLIFE HERO’S』(フジテレビ系)に生出演し、
ファンと公言しているカープの新井貴浩内野手(39)からメッセージをもらい号泣した。
しかし、浅田舞は中日ドラゴンズのお膝元である愛知県名古屋市出身ということもあり、
妹の真央とそろって中日ファンということで知られていましたし、ナゴヤドームでの始球式にも呼ばれている。
それが、いつの間にカープファンになったのか、世の野球ファン全員の目がおもわず点になってしまったようです」(エンタメ誌記者)
浅田舞のツイッターでは広島の連勝が続いた6月頃からカープ関連のツイートが目立っているため、そのあたりからカープ女子として認知されたようだが、
複数メディアからは中日ファンとして紹介されていた浅田だけに、野球ファンからは「これって男を乗換えるのと同じパターンじゃん」
「広島が弱くなったら今度はソフトバンクかな」「中日が弱いからしかたないけど、あえてカープ女子を名乗る必要があるの?」
など、浅田舞、真央の人間性にまで疑いの目が向けられている。
「贔屓の球団が連敗したら仕事も手につかないというような男性と違い、そこまでディープに1つの球団を応援し続ける野球好きの女性はまだまだ少ない。
それでも、浅田舞の場合は2006年に中日×広島戦、
13年に中日×楽天戦の始球式を務めたり、14年には中日の公式パフォーマンスチーム『チアドラゴンズ』に1日限定で加入、
パフォーマンスを披露するなど関係性も深かっただけに、あえて広島への鞍替えを公にする必要はなかったと思うが、中日新聞の関係者はガッカリでしょう」
元横綱北勝海の八角親方は中日新聞から支援を受けていながら、相撲界一の虎キチ阪神ファンで有名である。中日新聞はあまり気にはしていないようだ。

SMAPは中居正広(44)が巨人、香取慎吾(39)はDenA、残る3人は阪神ファンだった。SMAPは1994年のタイガース200号で、SMAPは阪神ファンと公言、
しかし、実は、中居正広は大の巨人ファンで、「巨人命」のひとりであった。
阪神ファンの木村拓哉(44)や草なぎ剛(42)、稲垣吾郎(43)の確執は20年前からあったのだという。やがて、価値観の対立で解散に繋がったが、野球ファンでも対立を見せていた。
渡辺謙(56)も大の虎キチで阪神ファンだが、長女の杏は「ジャイアンツ愛」「巨人命」を公言する大の巨人ファンである。中日と阪神は、今年最下位争いを展開している。

 浅田舞がカープ女子になったが、浅田真央の心境はいかに、浅田真央は、中日ファンではあるが、果たして。
 スポーツ紙などに「優勝おめでとうコメント」をしていたカープ女子を名乗るタレントの中にも「球場なんか行ったこともない」「野球よりサッカーのほうが好き」など、
実は野球に興味を持っていないタレントも多く含まれているのが実情である。
片瀬那奈(34)はサッカーきちがいといわれるほどの大のサッカー好きだが、野球ではDenAファンである。

それなら野球にも詳しく、テレビで号泣できる浅田舞は、「男なら野球選手になりたかったのだろう」、妹は国民的ヒロインなのに対し、自身にはそれがなれないので、葛藤があったのだろう、
舞もスポーツ選手なので、野球に共感があったのだろう、舞のような野球ファンならマシなのかもしれない。
 セ・リーグのドラゴンズ球団を保有する中日新聞は、そういうことは、あまり気にはしていない、トヨタ自動車はサッカーJ1の名古屋グランパス球団を所有していることもあり、共存共栄の立場である。
マツダは、野球の広島カープとサッカーJ1サンフレッチェ広島の両方を保有しているし、日本ハムは、野球の北海道日本ハムファイターズ、サッカーJ2セレッソ大阪を保有している。
9月22日日本バスケットリーグが統一され、野球、サッカー、ラグビー、バレーボールと共に日本男子は5大リーグの時代に突入する。

0009名無しさん@お腹いっぱい。2016/10/01(土) 13:17:19.06
好きになれない嫌われる日本のアスリートたち





嫌いな日本アスリートベスト10
01位・・・清原和博(12.2%、48、野球)
02位・・・亀田興毅(11.8%、30、ボクシング)
03位・・・谷亮子(9.2%、41、柔道)
04位・・・安藤美姫(8.4%、29、フィギュア)
05位・・・ダルビッシュ有(7.2%、30、野球)
06位・・・中田英寿(5.8%、39、サッカー)
07位・・・本田圭佑(5.2%、30、サッカー)
08位・・・潮田玲子(5.0%、33、バドミントン)
08位・・・江川卓(5.0%、61、野球)
10位・・・古閑美保(4.4%、34、ゴルフ)

 嫌いなアスリート1位に選ばれてしまったのは、清原和博元被告。清原は黒い噂が絶えず、今年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、現在は執行猶予中の身……。
あまりにも残念な転落ぶりで、結果としてファンを裏切る形となってしまいました。
亀田は、審判に圧力をかけ、江川は、巨人に行きたいとダダコネ、ルール無視をする強引な手法で、嫌われた。
 清原、亀田、江川と同じタイプなのが、元横綱朝青龍(36、相撲、モンゴル出身)で、嫌いなアスリート11位にランクイン、元朝青龍は、暴行事件で相撲協会を追放された。
 清原、亀田、朝青龍、江川、らは、「生き様が好きになれない」、「格好も偉そうな態度も無理」「ヤクザの風貌が嫌」という辛辣なコメントが多数。
3位にランクインした谷亮子、4位安藤美姫、8位に入った元バドミントン選手の潮田玲子は、選手を褒めず、メダリストや協会を批判するなどSNSの炎上がたびたび話題になるアスリートである。
谷は、野村忠宏、井上康生(38)を批判、安藤は、荒川静香や羽生結弦、浅田真央を批判、潮田は、高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)のタカマツペアを批判するなど物議を醸した。
谷は、柔道野村忠宏や水泳の北島康介(34)の国民栄誉賞を阻止するよう政府に圧力をかけた行為が不味かった。
 安藤は発言するたびにネットで取り上げられ、世間からは“お騒がせ女王”とまで呼ばれています。
意見を見ていると、この3人に共通するのは“上から目線”さらに、敵対関係者を陥れる手法をとっていると指摘。
三浦知良(49)、中田、本田もコミュニケーション能力が苦手でチームワークが不得意。
三浦、中田、本田は、俺がサッカーを支えたっ豪語、格好ツケ達者、口だけ一流、ビッグマウスの悪い異名が並び、
本田に至っては、香川真司(27)、武藤嘉紀(24)を代表から降ろせとサッカー協会に抗議する本田の遣り方には、解せない。
ダルビッシュは、古閑と交際も破局など、言動が良くない、ダルビッシュの弟(2(26)が賭博開帳図利罪で有罪判決を受けた。
 芸能界は、三浦知、本田、中田、谷、安藤、潮田らを評価しているという。芸能界が好きな日本人アスリートは、国民が嫌いな日本人アスリートである。
安藤については「荒川、羽生、真央の事を上から目線で解説し、3人を批判するからチャンネルを変えたくなる」
「美姫のナチュラル上から目線は既に芸風」、「“でも”って否定から入るコメントばっかだし、上から目線が萎える」と選手などに対する否定的な上から目線にイラッとする人が多いよう。
潮田にも「メダリストでもないのに、タカマツ(高橋礼、松友)ペアを批判し上から目線でアスリートに意見するのは如何なものか」、
「鼻づまり声で上から目線のコメントが鼻につく」、「潮田や谷は結婚して完全上からも目線な感じ」という声が。
安藤は「貢献したのは3人ではなく私」、潮田は「私が牽引した」と豪語。

アスリートとしてもですが、順風満帆な人生における勝者の余裕のようなものを感じてモヤモヤしてしまうようです。
多くの他人が“上から目線”と感じる人は、心理学的に自己評価が高く、プライドも高い傾向にあります。
オリンピックなどで結果を残しているアスリートは、やはり自分に誇りを持っているはず。
その自己評価の高さから、“上から目線”のような印象を受けてしまうことも確か。
引退してからは、人間性が悪ければ、ただの人になることも多い。
せっかくアスリートとして活躍し、素晴らしい実力と結果があるにもかかわらず、元アスリートが敵対関係者を陥れ、罵るようでは、“鬼畜”同然であり、イメージが良くないし、スポーツマンシップとして欠如している。
 現役で引退していても、指導者として、スポーツ界でまたひと花咲かせていただいて、
「やっぱりすごい!」と“いい話題”で注目されることを期待しますが、嫌いなアスリートは、自己中心、専横、傲慢であれば、指導者からも遠ざかってしまうのだ。

0010名無しさん@お腹いっぱい。 転載ダメ©2ch.net2016/11/21(月) 02:57:04.75


板復帰(NG!:Gather .dat file OK:NOT moving DAT 697 -> 697:Get subject.txt OK:Check subject.txt 697 -> 697:fukki NG!)0.47, 0.52, 0.54
sage Maybe not broken

0011名無しさん@お腹いっぱい。2017/01/09(月) 13:08:53.80
男子高、女子高に陰り…「質実剛健」横浜高、中高大一貫校の法政&関学附属高が共学化へ




 大阪桐蔭(大阪)や東海大相模(神奈川)など体育、大学進学等文武両道の活躍が著しく、煽りを受けた大学進学校や高校野球古豪校の男子高が共学化に移行することが判明した。
 春夏通算甲子園出場31回優勝5回を誇る高校野球の強豪校で、1942年創立の私立横浜高校(横浜市、男子校)が2020年、男女共学化に踏み切る。
昨年11月、受験期を前にした中高一貫コースの学校説明会で学校側が明らかにした。少子化が進み、全国の私立男子高はこの20年で半減している。
社会で活躍する女性が増える中、共学化の動きがさらに広がることが予想される。
横浜高硬式野球部は、昨夏甲子園に出場も、2015年夏に全国制覇した東海大相模に浚われるなど、やや陰りが見えていた。
甲子園出場の慶應義塾高や東海大相模、桐蔭学園など神奈川県の高校は大学進学校だが、横浜高は男子校かつ硬式野球部のみしか活躍できず、進学校ではなかった。

◇少子化・女性の社会進出増え、性差別の指摘なども影響

 横浜高は学校法人徳心学園が運営。中高一貫6年と高校から入学する3年がある。
「信頼を受くる人となれ」を校訓に掲げ、質実剛健の校風で全国に知られる。高校の硬式野球部は甲子園で春夏をあわせて5回の優勝を誇り、
OBの松坂大輔投手(36=福岡ソフトバンク、東京都出身)、筒香嘉智選手(25=DeNA、和歌山県出身)らがプロ野球で活躍するが、近年は、東海大相模や大阪桐蔭などに球児が流出し、陰りがあった。
 共学化は3カ年コースが対象で、女子が使用する設備の工事は来年度に始める予定。定員など具体的な計画は検討中という。
三原馨校長代理は「今後、女性が社会に進出する機会が増える。社会の期待に応え、リーダーシップのある女性を育てたい」と狙いを説明。
OBの反応について「母校が変わる寂しさはあるだろうが、懸念の声は聞こえてこない」と語る。
 横浜高の卒業生で、高校野球の名将として知られる硬式野球部の渡辺元智前監督(72)は「グローバル化が進む中で私学が生き残ることは大変なのだろう」と共学化に理解を示しつつ、
「質実剛健という建学の理念はしっかりと受け継いでほしい」と強調したが、渡辺前監督退任までは男子校を維持したが、限界がきたとみられる。
横浜市在住の横浜高卒業生(35)は「時代の流れ。共学化しようとも校風は変わらないはずだ」と冷静に受け止めた。

◇名門進学校も続々転換 法政、関学、高槻、夙川学院も共学化

 文部科学省の学校基本調査によると、私立男子高は1996年に215校だったが、2016年に97校まで減った。
近年は「名門男子高」の共学化も進み、2006年に東大、京大など関西有数の進学校として知られる洛南(京都市)、
2015年には、1939年設立で1960年夏の甲子園で優勝するなど伝統を誇る法政二(川崎市)と1920年の夏の甲子園で優勝した関西学院大学附属(兵庫県)も共学化した。

 ◇「異性気にせず」利点あるが、近年は不利に…

 学校の事情に詳しい関係者「男女別学には、異性の目を気にせずに『オタク』のような得意な分野を思いっきりさらけ出して伸ばせる利点がある。
しかし、少子化の中、生徒の募集で苦戦する学校もあり、今後も共学化の流れは加速するだろう」と分析、
男女別学では、恋愛やコミュニケーション能力が乏しく、差別に繋がり、就職、結婚(晩婚化)で不利になるとの指摘で共学化に踏み切るとみられる。
2017年には広島工業大学附属(広島)、浜松聖星(静岡)、聖母女学院(大阪)、岐阜第一(岐阜)、夙川学院(兵庫)が共学化する。
また、大阪桐蔭硬式野球部の活躍は著しく、横浜、PL学園(大阪)、天理(奈良)の地盤沈下は著しく、PLが高校硬式野球部を廃部することになった。
大阪桐蔭は大阪星光学院(大阪市)に次ぐ大阪府内有数の私立進学校であり、その煽りを受けた高槻(大阪)も2017年に中学を共学化、2020年に高校を共学化する羽目になった。
また、近畿大学(大阪府)の受験者数の増加の煽りで、法政附属や関学附属高校が共学化になった背景もあるという。
さらに、渋谷幕張(千葉市、)西大和学園(奈良)、大阪桐蔭、などの共学校の東大、京大合格者の急増でに加え、法政&関学共学化の余波は他の高校進学校にも波及する。
男子高の開成(荒川区)、灘高(神戸市)、麻布(港区)、武蔵(練馬区)、東大寺学園(奈良県)、女子高の桜蔭(文京区)、女子学院(千代田区)の共学化にも繋がり、
慶應義塾大学附属の慶應高校(横浜市)と慶應女子高校(港区)の統合・共学化を模索する動きに繋がるようだ。
文部科学省が早ければ、2021年までに小中高大を男女共学化する法整備に着手する可能性もあって、各学校がこぞって共学化に踏み切るのも、そういった事情があるとみられる。

新着レスの表示
レスを投稿する