2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アドラー心理学 【嫌われる勇気】 [無断転載禁止]©2ch.net

1 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/20(金) 22:19:57.43 ID:nOBwOnnq
自己啓発の源流ともいわれるアドラー心理学を語るスレです

■関連書籍
嫌われる勇気
幸せになる勇気
アドラー“実践"講義
アドラー心理学を語る アドラー心理学トーキングセミナー

■関連スレ
アドラー心理学総合 23 【嫌われる勇気】
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1484832235/

■日本アドラー心理学会
http://adler.cside.ne.jp/index.html

■課題の分離の注意事項
課題の分離には初心者が陥りやすい問題があります
課題の分離は個々の人間の独立を重んじるためのものではありますが、断絶のためのものではありません
個人の課題は分かたれていても、そこに他者への関心があり、協力できることを忘れないようにして下さい

2 :名無しを整える。:2017/01/20(金) 22:39:03.59 ID:M2tS1gtX
>>1

3 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/20(金) 22:39:40.32 ID:nOBwOnnq
さてどうすっかな
基本前提やらアドラー語やら
この辺りまったり書いていこうかね

4 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/20(金) 22:46:02.88 ID:AyGIZmtF
>>1
乙です

アドラー心理学で劣等感に悩むことがなくなりました
学会で言われてること以外にも色んな可能性を秘めている理論だと思います

5 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/20(金) 22:54:55.37 ID:nOBwOnnq
おっす
こんばんは

6 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/20(金) 23:00:31.48 ID:nOBwOnnq
まずは重要な項目からだ
アドラー心理学の基本前提は

1.目的論
2.全体論
3.対人関係論または社会統合論
4.認知論または仮想論
5.個人の主体性または創造性

から成っているぞ

7 :名無しを整える。:2017/01/20(金) 23:33:45.56 ID:M2tS1gtX
>>6
何か難しそうだな。俺は嫌われる勇気しか読んでないが

8 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/20(金) 23:54:23.73 ID:nOBwOnnq
基本前提の一
『目的論』

個人は、生物学的には個体保存と種族保存、
社会学的には所属、心理学的にはその人らしい所属、という目標のために行動する
かいつまんで言うと
人間の行動は目的に沿って行われるってことだな

アドラーが言うには『その人の全生活の方向を決定する個人的な人生の目標を理解することである。
この目標がわかれば、ひとつひとつの行為の背後にかくされた本当の意味を理解することができるようになる』

9 :名無しを整える。:2017/01/20(金) 23:55:47.63 ID:/H3G/4zz
先生乙です

10 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/20(金) 23:57:42.54 ID:nOBwOnnq
>>7
一個ずつやりゃ楽勝よ?楽勝
疑問があれば聞きんさい
俺にも分からないことには答えないがなw

11 :修行中 ◆BTKpof06uc :2017/01/20(金) 23:58:51.26 ID:Eqftqxz5
自己啓発板のみなさま、こんにちは
心理学板のアドラー心理学スレからこちらにお邪魔しています、よろしくお願い致します
こちらで需要があるようでしたら、こちらの板でもご愛顧くだされば幸いです

12 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 00:04:51.55 ID:Xujfwqrk
>>8アイデンティティ使わないから、すげーカッコいいよ!

13 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/21(土) 09:13:08.27 ID:qrYNaMZz
一人で細々とスレ運営する覚悟で立てたがみんな意外に来るのなw

14 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/21(土) 09:19:10.70 ID:qrYNaMZz
基本前提の二
『全体論』

個人をそれ以上分割できない存在と定義する
よって心と身体、意識と無意識、感情と思考などの間には矛盾や対立がないと考える
一見、相反するように見える各要素の働きの中にも、
自動車のアクセルとブレーキのように目的のために協力する点がある
これがアドラーが自分の考えを個人心理学と名付けた由縁だな

アドラーが言うには『個人心理学の責務は各個人の統一性を証明すること、
すなわち思考・行動・感情をつらぬく、あるいは意識と無意識をつらぬく、
さらにはその人格の全表現行動をつらぬく統一的不可分性を証明することである』

15 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 09:26:46.81 ID:qmI1hGar
嫌われる勇気と幸せになる勇気読んで最も附に落ちないのがマラソンの例え話
なぜマラソンかとかんがえれば哲人は「当初完走するや自己ベスト更新が目的だったはずが」と勝手に走者の課題に踏み込んで目的を決めている
優勝したいと思うことは全て間違いってこと?
対戦型のスポーツは存在自体が間違い?
受験や恋愛等の競争については?
詳しい人教えてください

16 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 12:16:49.62 ID:uLL9pSJQ
>>15
アドラー心理学は確かに目的に踏み込んでいるよな
他者と競争することも含め全ての行為は「所属」という目的に還元されると捉えるんだよね
競争というのは所属を果たすための手段であって、比較優位に立つために闘わなくても所属を果たす別の手段があるよって理屈

17 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 12:31:22.18 ID:uLL9pSJQ
>>15
ちなみに>>6の基本前提をある程度学んでそれを踏まえていけば意味はわかるはず

分割できない全体としての個人が、対人社会において所属を果たすために、自らの主観による相対的マイナスからプラスに向かって、常に行動や態度を選択しているもの

という前提で捉えるということ

18 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 12:39:36.43 ID:qmI1hGar
>>16
>>17
なるほど
非常に解りやすい解説ありがとうごさいます
つまり優越コンプレックスとして権威づけを目的に競争することに問題があると
客観的価値観の競争による勝利で所属を獲得する意識に縛られず協力や協調の意識で貢献することによって自分の価値を実感できれば良いということでしょうか?

19 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 12:43:18.39 ID:ESnZG0dz
社会学的に所属、
心理学的にその人らしい所属・・・

どこに所属するつもりで実践してるのかよくわらないよね
会社で嫌われる勇気を発揮しながら
会社には所属し続けるのか
それとも自分の価値観に合った別の所属先を探すのか

20 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 13:06:59.05 ID:uLL9pSJQ
>>18
それでいいように思います
例えば同じ行為だとしても、ルールに則ったスポーツの中で正々堂々勝負する中で、観ている人達に感動や勇気を与えたいということであれば
とても協力的な感じがするし、強いモチベーションにもなるし、なにより本人の貢献感につながると思うな

21 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 13:12:37.88 ID:uLL9pSJQ
>>19
そのアンサーとしてアドラーは共同体感覚を提唱してるんだと思う
具体的な共同体への所属にこだわるのではなく、あらゆる他者を見知らぬあなたから親しいあなたとして捉えなおして、自分の一挙手一投足が他者貢献に繋がるように意識して日々の行動や態度を選択していけば、徐々に身についていくはず

22 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/21(土) 13:15:53.37 ID:qrYNaMZz
すごく良い流れになっておるw

23 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 13:23:53.40 ID:ESnZG0dz
共同体感覚の共同体が実際に存在しなくても良いって解釈で良いのか
そうなるとやっぱり実践者の自己満足になるね

ーー会社で嫌われても私は誰かの役に立っているーー

少なくとも会社の人間は困惑してるよな

24 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/21(土) 13:27:27.79 ID:qrYNaMZz
『アドラー心理学を語る』によると共同体の定義は一番狭くてもルドルフドライカースの『過去・現在・未来の人類全体』
貢献とか信頼とか言う言葉を国家体制のために使うとファシズムになる
だから優先度は感覚としての『過去・現在・未来の人類全体』的人類共同体に所属する、タメになるってのがまずあるんだが
次に国家やら会社やらの現実共同体でそれをどう上手くやるか考えることになるのな

25 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/21(土) 13:31:43.51 ID:fP1NI1DA
世界陸上のマラソンランナーは協力関係を持ってるっていう逸話を聞いたことがあるけど
すぐにソースを見受けられなかった

26 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/21(土) 13:32:19.67 ID:fP1NI1DA
ランナー同士でお互いに良い結果を出せる様に支え合って走ってるっていう話

27 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 13:35:34.75 ID:ESnZG0dz
アドラーは国家も法人も家族すらも
アドラー的な共同体とは考えてないよな
アドラーや実践者が
どこかに存在すると夢想する横の関係で繋がった全人類的共同体ってことだからな

言っちゃ悪いがアナキズムやカルトが提唱するようなものに近い

28 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 13:46:12.49 ID:7jC6VmKI
アスリート、特にトップアスリートは自分が競争相手だよね。イチローがメジャーの打者を競争相手にしていたとは思えない
理想の自分と現在の自分との競争なのではないか
オフに日本のテレビに出ないのも承認欲求が無いからだろう。野茂や岩隈久志も全く出ない

29 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 13:52:19.92 ID:uLL9pSJQ
>>23
まーそういうことだよね
あくまで本人のライフスタイルの建設化が効用効能だよ
個人的には人間関係がいろいろと改善されたんだけどそれは副作用というか結果的にそうなっただけというか
これを個人心理学の範疇を超えて社会運動的に使おうとすると途端ややこしくなるからやめた方がいい
アドラー本人は長期的視野でそういう意図はあったみたいだけど

30 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/21(土) 13:58:28.29 ID:fP1NI1DA
>>29
社会主義運動に参加した経緯はあるけど、そこで考え方の違いを感じて、
あくまで個人心理学として取り組むことを良しとする答えに辿り着いたみたいです

31 : ◆XlGyrhgCZI :2017/01/21(土) 14:50:34.92 ID:Q54h0P5Y
>>1
新スレ乙です

32 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 15:13:54.68 ID:Xujfwqrk
アンドリュー・カーネギーとかもアドラー心理学の影響受けてるのかな?

33 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 15:16:38.10 ID:uLL9pSJQ
>>30
それは社会運動ではなく社会主義運動のことですよね?

http://jalsha.cside8.com/diary/2015/01/02.html

アドラー心理学は社会運動であって、よりよい社会を作ることが究極の目的だ

アドラー心理学の運用は自分個人ででやっていくしかないけど、変に理想化しないでアドラー心理学はこういうものだという認識は持っていてもいいと思う
批判の的にはなりがちだけど

34 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 16:10:15.99 ID:7jC6VmKI
社会運動でもソクラテスがギリシャでやったような活動なのでは
善く生きるという

35 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 17:48:03.13 ID:Kgu19S5x
ゲッべルスの愛読書はカントの『実践理性批判』だった……
アドラーはちゃんと課題の分離を付けているね

36 :名無しを整える。:2017/01/21(土) 18:49:08.63 ID:Xujfwqrk
心の鏡と、嫌われる勇気の矛盾点はどうやって
解決してるの?

37 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/21(土) 23:21:18.55 ID:qrYNaMZz
所属の問題があるから社会運動になるのは尤も
個人は実生活の範囲で無理なく出来ることをやればいいのさ

38 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/21(土) 23:24:50.00 ID:qrYNaMZz
基本前提の三
『対人関係論または社会統合論』

人間は人間社会において生み出され生存していくから、
個人の葛藤や苦悩といった問題は常に社会に組み込まれた問題としてアプローチできる
当初は対人関係論と呼ばれていたが言葉の語意としては組織のような広い関係をも扱う言葉であるため、
現在は社会統合論に修正されているんだとか

アドラーが言うには『ある個人に起こっていることがらを理解するためには、
その人の他者にたいする態度を考慮する必要がある。
対人関係についての考察をぬきにしては、人間の精神生活を理解することはできない』

39 :名無しを整える。:2017/01/22(日) 00:33:23.45 ID:SbPXv2AA
岸見さんによれば、アドラーの共同体感覚の提唱は
第一次世界大戦への反省から生み出されたという事。
共同体感覚とは、会社、地域社会、国家を超えて、
さらには人類だけでなく、あらゆる生物、もっといけば無生物にも
さらにさらに現在だけではなく、過去未来全ての存在に対する共同体感覚だという。。。
理念としては素晴らしいと思う。俺は納得できた、実践するのはともかくとしてw

詳しい人に聞きたいのは、岸見さんのアドラー解釈と、他のアドラー研究者と、
どういう違いがあるのか?ということ。
多分、岸見さんの本から入ってくる初心者(俺がそうですが)が多いと思うので、
そのあたりのアドラー解釈の違いを、分かりやすく解説していただけると助かります。

40 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/22(日) 00:42:33.47 ID:RdeYmG4N
>>33
>アドラー心理学は社会運動であって、よりよい社会を作ることが究極の目的だ

確かに、共同体感覚を備えれば自然とそこが真ん中になりますね

41 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/22(日) 09:14:11.39 ID:B+LVfPV+
>>39
勇気シリーズだけで言うと
エネルゲイアとライフタスクの取り扱いの比重がやや大きいかね
エネルゲイアは岸見氏の専門が西洋古代哲学であることで
タスクはご本人の人生訓から来てるような気がするが

42 :名無しを整える。:2017/01/22(日) 12:58:32.89 ID:vH5KN+pc
より良い社会を築くために、自身の課題として今できることをしようって意味なら貢献や所属も納得いくな

43 :名無しを整える。:2017/01/22(日) 13:07:54.16 ID:vH5KN+pc
受け入れがたい人もいるだろうけど
そういう理論でいいのか?アドラー心理学って

44 :名無しを整える。:2017/01/22(日) 13:19:47.99 ID:whSAxOMJ
>>42
さらに言えば「愛のタスク」を実践していくことで主語が「I」(わたし)から「We」(わたしたち)に変わっていくのが共同体感覚なのではと思う

45 :名無しを整える。:2017/01/22(日) 16:27:00.82 ID:zzoNb4YN
自分は岸見さんの二冊しか読んでないんだが、住民の方々は野田さんや他の先生方の本が原典なんだろうか

野田さん>>>>>他の先生方>>>>>>岸見さん的な感じかな?

46 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/22(日) 22:21:23.83 ID:m0Zuulxw
何回読んでもいいモノこそを探すべし

47 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/22(日) 22:30:52.72 ID:m0Zuulxw
基本前提の四
『認知論または仮想論』

人間は物事をどこまでも認知的に解釈するので、あらゆる理論が仮想になる
認知とは全ての記憶はその時の興味・関⼼・⾔葉によって切り取られたり意味づけされて解釈されるということで
仮想とは人間が優越性に向かって生きるとする劣等感の理論だって『それを使えば上手に解釈できる』仮定の一つであるってことだな

アドラーが言うには『人間は周囲の状況をありのままに感受するのではない。自分なりに認知の構図にしたがって感受するのである。
言い換えると、人間は自分の関心という先入観を通してしか状況を感受しないということである』

48 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/22(日) 22:46:05.41 ID:tF88HxGD
>>45
俺は基本的に嫌われる勇気と幸せになる勇気だけでも
得られるものは十分にある様に思います
俺の場合はアドラー心理学が好きだから他のも読んだりしてる感じですね

49 :名無しを整える。:2017/01/22(日) 23:17:50.24 ID:zzoNb4YN
>>48
なるほど

50 :修行中 ◆BTKpof06uc :2017/01/23(月) 02:37:57.53 ID:vE0r1QWk
>>45
順位はないとおもいますよ?
皆さんのご本も論文もみな素晴らしいと思いますし

51 :名無しを整える。:2017/01/23(月) 12:42:03.27 ID:uB1Lw91P
>>50
そうですか。わかりました

52 :名無しを整える。:2017/01/23(月) 15:26:31.15 ID:muQa/ZkK
保養地ラ・セレナ
南米チリの思い出
https://neko-hirune.com/2016/12/23/chile_huasco_3/

53 :名無しを整える。:2017/01/23(月) 20:05:35.53 ID:1cvf6625
娘3人を幼児期から強姦、長女は13歳で父の子を出産 79歳狂気の父親(カナダ)
http://news.livedoor.com/article/detail/12575400/

 ↑
じつは父親も幼少期に孤児院で同性愛者の聖職者から強姦されていたというオチ
こういった深刻な負の連鎖もアドラー心理学の目的論で乗り越えられるものなんだろうか

54 :名無しを整える。:2017/01/23(月) 20:25:09.83 ID:uB1Lw91P
>>53
アドラーじゃなくても乗り越えられるよ。アメリカ・カナダ辺りはトラウマは乗り越える治療法が多数派でしょ

55 :名無しを整える。:2017/01/23(月) 22:05:14.58 ID:FG8HG4GB
ぼくも少し気になった…
トラウマと認識していたならまだわかるけど、
主体の道徳律への態度がサド的な場合はどうなるのかな?

56 :名無しを整える。:2017/01/23(月) 23:46:22.98 ID:1cvf6625
>>54
自分も主流の原因論のほうが確実じゃないかと思うんだよね

幼少時に強姦された人に対して目的論での問題解決を促すのは、あまりに酷じゃないかと

アドラー心理学の手法で実際に改善した臨床例があったら別だが

57 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 00:00:07.77 ID:ioYQGF0/
どこもかしこもトランプのニュースだらけだな。この人は常に縦の関係の論理を持ち出してくる
厄介だな

58 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/24(火) 00:26:26.20 ID:049+qU6r
目的論は理論であって技術ではない
ここ大事

59 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/24(火) 01:07:55.95 ID:049+qU6r
基本前提の五
『個人の主体性または創造性』

筋肉や内臓といった身体的諸器官や思考や感情や記憶といった精神的諸器官は複合体としての個人に使用される
この構図が主体性で、アドラー心理学が使用の心理学と称されるいわれなんだが
これを人間主義的に創造性と呼ぶ向きもある
アンスバッハーが言うには『人間の創造性とは、自由意志による選択が決定因であり、
遺伝的、環境的諸要因が従属的であるかのようにみなすことである』

60 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 10:13:21.01 ID:GRalxlcJ
現場じゃ見向きもされないもんによくハマれるね
あーアドラーねー笑なんて鼻で笑われてるのに

61 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 10:33:17.80 ID:YrrdVSLQ
>>60
現場で見向きされるかされないかに惑わされなくなるところがアドラー心理学の効能だからね。

62 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 12:41:15.83 ID:jVgrfB74
アドラー的共同体感覚は言い換えれば
アドラー的常識に従って生きるみたいなもんでしょう

われわれが常識に従って生きてるのと同じようなものですわ
われわれの常識には上下とか管理とかそういう類の概念があるぶんだけ
現実的と言える

63 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 13:23:20.35 ID:RjPQPfvD
>>62
現実にはほとんどが縦のライフスタイルで構築されている社会をゲマインシャフト的な関係に向けて横のライフスタイルを持って臨むということだからね
これは勇気がいるよね

64 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 13:34:05.60 ID:8MdrR61n
民主主義を採用してる国は横の関係だよ。中国や北朝鮮は縦
韓国も縦。縦の関係になっている国は暴動が起こりやすい。トランプも縦の関係を持ち込んだから暴動が起きている
中東も歴史的に縦の関係だから暴動を通り過ぎて戦争に

65 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/24(火) 13:34:23.94 ID:y6560pOZ
人っていうのは人の構築した常識という幻の概念が現実だと思い
相対性理論の様な不変の法則を見て非現実を感じる
そこを受け入れられるかどうかが進化の鍵の様に思います

https://youtu.be/nTyJ3Ro_2Mc

人は進化の過程で認識を抽象化する能力を手に入れ
その応用で「自分を騙す」という能力を持ったことで、
経験的には予測出来ないはずの、民族大移動による新天地の獲得を成し遂げたそうです
経験を抽象化して法則化することで、あっちにも何かがあるはずだと
辛い道のりでも自分を騙し、それを信念にすることができるのは
人間の大きな特徴なんだそうです

心理療法なんかは、考え方を変えてみることで
現実に悩みが有るという思い込みを緩和するのに効果的なんだと考えていますが
アドラー心理学はそれによって建設的な生き方に集中する為に利用できますね

66 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 13:42:14.73 ID:WzmwhW00
ちょっぴりラカンぽいね

67 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 14:22:54.18 ID:jVgrfB74
アメリカは平等で開かれた実力主義社会とかこういうのも建前に過ぎないのだが
そんな理想に合わせるために
個人主義やポリコレが増長して却って社会分断が進行したような気がする

68 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 22:26:04.56 ID:7u055d5a
こんなんで救われた奴いるのかね
知識武装してる程ココロは弱いまんまな気がする
心理学も実践の技術なしに知識だけじゃあ
あと精神科医を見ると精神医学の無力さをいたく感じるなぁ

69 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 22:33:13.62 ID:S+yPE76j
>>68
やってみないとわからないですよ

70 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 22:34:20.13 ID:qOe2wJQ/
>>68
読んでなくね?
救われたじゃだめだから
自分の力で乗り越えるのがアドラー流
実践するかしないかは本人の課題だから

理論武装したり言い訳使って目の前の課題から逃げるやつを裸にして逃げ道塞ぐ厳しさに反発するやつがいるくらいだぞ

71 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 22:37:42.51 ID:IorEieEF
>>68
自己満足も自己完結出来るから、不安や不信は減るのよ。
技術や実技の能力は、また、本人の理解力次第。
アンドリュー・カーネギーとかは、現場での重作業も喜んでやったから
他人が認めたんだろう。承認要求は、自ずと行動で示したんだろう。
知識のみだと頭でっかちになりがち。

72 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 22:58:28.48 ID:vvPkcRqe
>>70
んで何かいい結果は出た?

73 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 23:00:59.33 ID:8MdrR61n
アドラー心理学は24時間体制のアンガーマネジメントだろ
1日中修行してるようなもんだからこれ以上手強いものはないよ

74 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 23:03:20.16 ID:yDFmEaXb
>>73
いや、24時間は無理

75 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 23:06:38.32 ID:8MdrR61n
荒らしがIDを単発にする技を見つけたのか。良かったな

76 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 23:09:53.62 ID:f31TMShI
なぜ24時間が無理かというと、そうすべきである、という考えに毒されるからだよ

77 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 23:10:38.64 ID:f31TMShI
無理をしないのが一番いい、ということだね

78 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 23:32:59.62 ID:jVgrfB74
アドラー実践者が
自分の課題として具体的に何を解決したいのかがよくわからないね

とくに嫌われる勇気の読者なんてのは
気に食わない上司や同僚に課題の分離と称するシカトで
復讐してやろう、スカッとしてやろう、ってのが目的としか思えない

79 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 23:38:13.84 ID:S+lm0YO8
>>78
何を解決したいかって、そりゃあ人それぞれだろうね

80 :名無しを整える。:2017/01/24(火) 23:41:29.56 ID:IorEieEF
>>78
自分の中で、自分の存在に結論が出せる。
成功する、人の上に立つとかどうでもいい。

81 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/25(水) 00:05:40.50 ID:A/Jxwu/N
>>65
その『自分を騙す』機能に役に立つ場合と役に立たない場合があるんだわな
役に立てば現実の中に妥当な法則性を持たせられるが
役に立たなければ劣等コンプレックスであるとかになる

82 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/25(水) 00:22:37.56 ID:/++NrLay
>>81
アドラー心理学を知っていくと、私的論理は普通のことなんだって気付きますね
生きる為の知識のうち、科学的に明確なことってほんの少ししか無いように思います
私的な経験に基づく法則性とか誰かの提唱する理論とかの中から
主観的にメリットがあると感じるものを選択しているだけに過ぎない中で
共同体の常識から外れ過ぎれば痛いヤツと見られる傾向があります

以前心理学板側で教えてもらった家族療法の本を読んでますが
人は家族の中で居場所を獲得する為に「ごまかし」という手段を使うという理論もありました
自分騙しやごまかしで言葉は違うけど、目的が建設的か破壊的かというのが
コンプレックスの分かれ目なんだということですね
その辺は理性を育てる必要もある様に思います

例えば承認欲求は生理的反応で無くせないから、自給自足という自分騙しに成功すれば
他者の評価に執着する必要が無くなり、建設的な方法を自由に選択できるのだ
という表現が適切な様に感じます

83 :名無しを整える。:2017/01/25(水) 11:53:04.53 ID:LHt7pZFU
>>78
嫌われる勇気、って題名も悩ましい課題なんだよなあ。
職場の知人に勧めた仲で、
もともと唯我独尊の傾向性のある人に、嫌われる勇気だけを読ませたら、
「私が思ってることが書いてあるだけだった」
って感想が帰ってきて、愕然とした経験がある。。。

続編の、幸せになる勇気、をセットで読む必要ありと感じる、、、

84 :名無しを整える。:2017/01/25(水) 14:16:26.15 ID:qjmf+MuU
脱線するかもしれないが
江角マキコなんていう唯我独尊的な人物も
嫌われる勇気を芸能界からママ友集団など至るところで発揮して
妙な濡れ衣を着せられたり
メンタルが凹んだところを詐欺師に付け込まれたりしてしまった感がある

85 :名無しを整える。:2017/01/25(水) 14:21:33.83 ID:0rcd3FJU
>>78
そういう誤解が広まってしまっているようで確かに怖いよね
それぞれが自分の課題に取り組むことで共有目標に向かって前進しているという感覚が必要なんだよね

86 :名無しを整える。:2017/01/25(水) 14:48:12.74 ID:gvkkep2U
嫌われる勇気は引きの強いタイトルにするためだろ
課題の分離は共同体感覚の入り口だから
なんで孤立する話になるのか

人生のタスクをこなしていく上で他人の評価だけを気にした生き方では難しいから、嫌われることを恐れずに行動選択するというスタート段階の話
ライフスタイルの形成と交友や愛のタスクはまだまだ先の話

87 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/25(水) 15:15:01.81 ID:98Cqkw71
共同体感覚の概念の中には、みんな違ってみんな良いっていう
サブメッセージが込められてるんだと理解してます
そう理解すると課題の分離がそのまま共同体感覚に繋がり易いのではないかと思えますね

88 :名無しを整える。:2017/01/25(水) 15:25:23.26 ID:gvkkep2U
>>87
確かに
個の尊重から尊敬へ
さらに信頼関係の構築へ
同調圧力による強要でもなければ
自分勝手なわがままでもない

89 :名無しを整える。:2017/01/25(水) 17:49:47.05 ID:67zc7B9y
ネット依存について質問します。アドラー心理学を学ぶと逆に2ちゃんねるは良いトレーニングの場として
ネット依存が進むような気がします。仏教哲学者の小池龍之介氏はネット依存にならないように
時間を空けなさいとアドバイスしています。皆さんはどうですか?

90 :名無しを整える。:2017/01/25(水) 18:02:57.76 ID:gvkkep2U
>>89
アドラーは対人関係にふみだして人間知を深めることを重視してる
ネットでできるのはその前段階の手段と対人関係における予備知識を学ぶぐらい
目の前のあなたに関心を抱き対象愛の獲得に生きるには現状ネットでは不十分かと思われる

91 :名無しを整える。:2017/01/25(水) 18:34:04.70 ID:Au1SJA61
>>89
俺はリアル世界で営業兼、出荷納品、商品引取で、他社の社長と合う機会多いけど
人の上に立てる人は、自ずとアドラー心理学やウェーバーやデュルケム等の
社会学者の理念保持者が多い気がする。宗教や儒学や歴史や兵法書は、一般常識として
知ってて当然。その上に、現世での経営に必要な資格や技術持ってる人が多いと思う。
そういう人は、他人の意見を吟味思考して、上手く自分に取り込んでる気がする。
言葉の節々に、「この人、社会学者だwww」とか「君主論は知ってるなwww」
とか分るように成る。それを理解出来る自分が好きになれるし、それで重宝されるからチャンスも増える。

92 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/25(水) 18:43:34.20 ID:WoBmxAEG
>>89
自分の本来の課題に取り組んでいる状態でいることが大切だと思います
ネットはその前段階の練習だと考えてしまうと現実の課題から
目をそらす言い訳になり易いのではないでしょうか?
現実の課題を進めながらネットで知識を保管したりしてバランスを取るのが良い様に思います

93 :名無しを整える。:2017/01/25(水) 20:56:26.31 ID:67zc7B9y
>>90>>92
THX

94 :名無しを整える。:2017/01/25(水) 21:00:47.60 ID:67zc7B9y
>>91
THX

95 :名無しを整える。:2017/01/26(木) 14:59:39.43 ID:UVPmr//J
小林麻央の姉がカルトに嵌っているらしいな。
以前テレビに出ていた心屋仁之助というのはカルト団体なわけだが、これに小林麻耶やキングコングの西野が絡んでいる事が判明。
心屋仁之助や子宮系カルト団体が芸能人を広告塔にして金儲けをしている。
狙うは市川海老蔵と小林麻央の資産か?

【小林麻耶に近づいた子宮系カルトと西野亮廣の繋がり】
ジェムリンガ(膣の中に入れるパワーストーン)で荒稼ぎしてた集団に支えられてる西野

子宮にパワーストーン!? 小林麻耶が休養前に関わっていた怪しすぎるカルト集団
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/11599583/


左が子宮委員長はる、右は岡田哲也
二人は夫婦
http://baby01.net/blog/wp-content/uploads/2016/06/oka.jpg

西野と夫婦@えんとつ町のプペル展
http://i.imgur.com/UneniKk.jpg

2016年3月のトークイベントメンバー
http://stat.ameba.jp/user_images/20160128/20/jj-haru/5a/c1/j/o0800044313552398013.jpg

左のオッサンは心屋仁之助
http://baby01.net/blog/wp-content/uploads/2016/06/o0480064013444118405.jpg

左のハゲが岡田哲也
http://baby01.net/blog/wp-content/uploads/2016/06/o0480036013625990145.jpg

[心屋仁之助オフィシャルブログ]
★宗教みたいって・・・もういい加減、洗脳されてしまえよって(笑)
http://s.ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12135368491.html

左は岡田哲也、右は西野亮廣
http://i.imgur.com/yKwl7EZ.jpg

96 :名無しを整える。:2017/01/26(木) 16:03:46.65 ID:lGRJ2SSN
>>83
相手を唯我独尊と決めつけている時点で、自分のほうも唯我独尊になっているんだよね

自分には自分の言い分があり、相手には相手の言い分がある
「自分のほうが100%正しいはずだ」→「相手も正しいかもしれない」と考えると、対人関係が楽になる

自分が正しいと思っているかぎり、相手に譲歩したら敗北する(自分を全否定することになる)って恐怖があるし、
相手を屈服させないといけないという宗教戦争のような状態になってしまう
そうじゃなくて、「自分も正しい/相手も正しい」のまま、別々の価値観の共存を目指す

こう書いている自分自身が、人間関係でイヤなことがあったときに
「相手も正しいかもしれない」と思い直して何度か救われたよ

97 : ◆kVEz2DhQVk2C :2017/01/26(木) 18:05:53.37 ID:6Ebi0/Cj
自分はアドラーを知った上でもまだ自分を信じられなくて
結局のところ失敗を受け入れる覚悟がない、傷つくのが怖いことには変わりはないんですね
仮にお金を失っても、やりたいことをやれなくてもそれでも自分を変えたくない、すがり付いてる非建設的な自分を捨てきれないでいます
勇気を持つこと行動を起こすことがこんなにも怖いことだとは
自分の人生なのに責任を取ることから逃げつづけ、最終的には生きることかすら逃げてしまうのではと

98 :名無しを整える。:2017/01/26(木) 18:20:18.56 ID:NXX3IaR2
>>97
小さな失敗からやってみたらいいのに

99 : ◆kVEz2DhQVk2C :2017/01/26(木) 20:06:02.43 ID:6Ebi0/Cj
>>98
いえ、普段からたくさん失敗してますよ、似たような失敗を
アドラー的に言えばそれらを変わらないと言う目的のために悪用してるのです
自分を変えない方が不満はあっても楽だし…
ドラマは身につまされますね 死ぬくらいなら嫌われたらいいのに と
人は嫌われるよりも死を選ぶんですね、死んでしまえばこれ以上に嫌われなくて済みますから
いや、嫌われる自分を自分が実感しなくて済むのですし

100 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/26(木) 22:05:43.63 ID:Qr8FhkJ3
頭の中の恐怖ってブクブク膨らむんだよなぁ

101 :98:2017/01/27(金) 00:11:26.27 ID:FTRIIg/h
>>99
えー、そうなんだ
他人の失敗は、見てどう思うの?
ばかだなあ、とか?
俺はあんな失敗はしないはず、とか?

102 :名無しを整える。:2017/01/27(金) 02:19:00.29 ID:Qt17Urpu
嫌われる〜とか恐怖が〜とか変わらないという目的が〜とか勇気が〜とかごちゃごちゃ考えるのをやめて、意識を「今の建設的な選択」に向けるだけで、どんどん自分のライフスタイルは変わっていきますよ
もし難しいと感じるのなら私的論理による思い込みです
やってみればいい

103 :名無しを整える。:2017/01/27(金) 02:19:38.44 ID:K1KD5bgG
>>96
唯我独尊は悪い意味だけじゃなくて、いい意味でも書いたつもり。俺はその人好きだし。
ただし、周囲に誤解されることが多い人で、かなり嫌われてしまってるのが
可哀想なんだよな・・・(^^;)

まあ周囲とどう関係作るかは、その人の課題だってことは分かってる。
ただね、実際難しいよ、課題の分離って。日々アドラーを読み返して、心落ち着けてる。
男女の恋愛感情が絡むと、特にややこしくなるね・・・ふぅ。

104 :名無しを整える。:2017/01/27(金) 06:45:38.23 ID:YqVrVy6F
>死ぬくらいなら嫌われたらいいのに

死ねばすべて解決するんだけどね
対人関係の悩みいや全ての悩みはなぜ起こるのか?生きてるからだよね
全ては親の責任いや先祖かなバカが何も考えずに子作りしないでよ

105 :名無しを整える。:2017/01/27(金) 16:16:25.33 ID:Hf26Alag
>>104
子供は自分で、親を選んで生まれて来たんだよ
今見てる現実も、あなたが思ってる通りの現実なんだよ
思い通りになってるの
今置かれてる貴重な経験を噛みしめながら、実感するといい

106 :名無しを整える。:2017/01/27(金) 18:25:07.35 ID:0y39hXWe
>>105
それは宗教的な信念に過ぎない
現実には子供は生まれてくる親や環境を選べない

107 :名無しを整える。:2017/01/27(金) 19:59:39.64 ID:JV12tcSU
アドラー心理学なら>>105さんの考え方になる
何を持っているかではなく、持っている物をどう使うか。虐待する親ならさっきと家を出て自分の人生を生きる

108 :名無しを整える。:2017/01/27(金) 20:27:04.07 ID:Hf26Alag
>>106
まぁ、そう思う人が殆どでしょうね。
自分が被害者という立場に立てば、親や環境のせいに出来るからね。
信念はただの情報ですよ。幾らでも書き換えることが出来る。
自分を幸せにしない信念を、いつまでも握り締めている必要はないと思いますよ。

109 :名無しを整える。:2017/01/27(金) 21:07:43.46 ID:2bU3WWj4
>>108
分かるけど自分が親を選んだはさすがに言い過ぎでは

この親に生まれたのが自分でこの人生を生きるのが自分だと考えるだけでは足らないのだろうか?

110 :名無しを整える。:2017/01/27(金) 21:37:29.44 ID:Sg9l9krP
運命論、宿命論、決定論を退ける……
だったかな?

111 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/27(金) 22:53:00.66 ID:Y9vsnkt1
自分に効果の高い考えは何か?
それを一つのフィクションだと知っていても信じルフィことが出来るかどうかだな
親を選んだのか親に選ばれたのか知らないが
そこに意義を感じ取る考えがすなわち有意義なのである
仮想論+プラグマティズム

112 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/27(金) 22:55:56.59 ID:Y9vsnkt1
変換ミスた
それを一つのフィクションだと知っていても信じることが出来るかどうかだな

113 :名無しを整える。:2017/01/27(金) 23:08:24.87 ID:0y39hXWe
>>108
>>106は言葉が足りなかったかな

「子供が親を選んで生まれてくる」というのは宗教的概念や比喩としては成り立つが、
事実であるかのように前提にしてしまうのは極論だろうと気になって指摘したまで

だから親のせいにしていいと言うつもりもない

114 :名無しを整える。:2017/01/28(土) 00:24:23.95 ID:F/L+jz1o
>>107
そうそう
過去は変えられないけど、未来は変えられる!

115 :名無しを整える。:2017/01/28(土) 00:25:43.76 ID:F/L+jz1o
>>106
かわいそうな私
悪いあの人
私にできること

どれか、選んで、1つ

116 :名無しを整える。:2017/01/28(土) 01:21:13.22 ID:X45dUKnf
https://goo.gl/RJtxwh
これマジで?やばいな。。

117 :名無しを整える。:2017/01/28(土) 09:05:58.95 ID:rCF3PryU
>>115
私が出来ていること

118 :名無しを整える。:2017/01/28(土) 09:49:14.79 ID:uDVb67Qm
>>117
それ選択肢にないw

119 :名無しを整える。:2017/01/28(土) 09:52:40.55 ID:7mR3KnH+
>>114
「あるがままの事実」としての過去は変えられないけど、過去の事実に結び付けている
「印象」「記憶」「感情」「評価」は自分で換えられますよ。
「苦しかった過去」や「辛かった過去」「悲しかった過去」をただの「過去」にすることは出来ます。
そうすると、未来も変わって行きます

120 :名無しを整える。:2017/01/28(土) 12:40:57.87 ID:MiJQ8P9F
こっちは心理学板とはまた住人の質が違って面白いな

121 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/28(土) 12:54:20.74 ID:FE15GJp5
>>119
今や未来への向き合い方が変わると
過去の捉え方も変わる場合もあると思います

122 : ◆kVEz2DhQVk2C :2017/01/28(土) 17:34:15.22 ID:ZU2sRmLE
>>102
結構頭の中ではアドラーの正しさも分かってる(つもりでしょうが)し
こうしたらいいのかなとも思いますが
結局のところアドラーを断罪にしか使わないのは自分が変わりたくないという目的が強固過ぎるのですね
甘え、臆病、恐怖
ほんとふとした瞬間に他人の目、他人の意識を意識してしまうこと、アドラー学んでから分かるようになりました

123 : ◆kVEz2DhQVk2C :2017/01/28(土) 17:53:00.41 ID:ZU2sRmLE
変わりたい気持ちはあるけれど
絶対に変わりたくない自分が強すぎて
何かを成すよりいかにやらないことでリスクや不安を避けるかばかり考えて
何も成長しないことは分かってますがそれでいて変われないのだから分かってないということだし 

ここまで書いて思いましたが
自分の心の内、真面目な気持ちも、ふざけてるとしか思えない気持ち
ぶつけられる人が居ないように思いました、いやそれさえもアドラーには決意してないだけと否定されますが
結局のところ全てぶつけたら嫌われるだろう非難されるだろう事が怖い

今こうして書いてる事自体も結構怖いことですし、カウンセラーに相談に行くのも怖いですし
だからアドラーの本にたどり着いたんでしょうが

124 :名無しを整える。:2017/01/28(土) 18:07:06.10 ID:t20tiRoZ
>>123
まるで僕。
身につまされる思いだよ。
物心ついた頃からの希死念慮……

125 :名無しを整える。:2017/01/28(土) 18:31:20.53 ID:MiJQ8P9F
>>123
アドラー心理学の理論を自分の分析に使っているようだけどそんなこと誰も勧めていないと思うぞ
自己分析は基本間違ってるからむしろやらない方が良いって立場なはずだよ
変わるための強い決意なんて必要ないから
変わるための努力をするんじゃなくて、今している変わらないための努力(つまり今自分から生まれてくる思考や感情、分析も全部それ)にただただ気づいて、そこに頼らないで協力的な行動を選び直そうってことだよ

126 :名無しを整える。:2017/01/28(土) 18:42:46.39 ID:beGTILS0
>>125
>変わるための努力をするんじゃなくて、今している変わらないための努力にただただ気づいて

すごい。理解してたはずなのに改めて気づかせてもらえた。
ありがとう。

127 :名無しを整える。:2017/01/28(土) 19:15:22.31 ID:pUBPzaJc
ところで、アドラー心理学ではメタ認知は肯定されてたかな?
普通の心理学では当然だが

128 :名無しを整える。:2017/01/28(土) 21:28:32.53 ID:pyaqRYFi
「メタ認知」言いたいだけw

129 :名無しを整える。:2017/01/28(土) 21:49:28.42 ID:VHhlURXe
>>123
もしかしたら自分が変わるきっかけになるかもしれないけど
そういうのと関係なく、変わりたくないという気持ちはみんな持ってる

脳には恒常性維持機能というのがあって、とくに生命が危険に晒されでもしないかぎり、脳は現状を維持しようとする
WW2でナチスドイツが攻めてくるというとき、大半のユダヤ人が逃げずに捕まった「正常性バイアス」のケースもその一例

脳は変化(=リスクがあること)を嫌うから、脳をダマしながら現状をちょっとずつ変えていくのが良策なんだけど、
その方法は最近よく出ている脳科学系の本に書かれている
脳科学の本が増えたのはたんなるブームだけじゃなくて、ここ10年ほどでかなり研究が進んだから

130 :名無しを整える。:2017/01/29(日) 11:20:36.83 ID:4P6POgHH
アドラー心理学好きな方は、以下のおかしな出来事を調べてください。

僕は鳥取市のりコー工場にアルバイトに行っていた。
りコー工場のアルバイトでは無断欠勤などをし不真面目に働いて叱られたので
僕は仕返しにテスコという工場に就職し仕事を休まずに真面目に働いた ということになったらしい。
僕は大手企業りコーに仕返しをした という理由で中小企業テスコを解雇になったらしい。
なおテスコの社長は「仕返し」という言葉は使わず「報復」という言葉を使った。

詳しくはこのサイト参照
http://m3s.dousetsu.com/1.html
---------------------------

鳥取市のりコー工場の非公認公式サイト
http://m3s.dousetsu.com/debu.html (社員ヌード掲載)
http://ricohmicro.tripod.com/ (社員ヌード掲載) 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:ae5c431190e3f31632a433e597586e8a)


131 :名無しを整える。:2017/01/29(日) 11:26:35.24 ID:YGXdA/47
>>130
アドラー心理学は個人の認知バイアスの建設化に使うものであって、こういう現象を解説したり分析するものではないよ

132 :名無しを整える。:2017/01/29(日) 17:52:21.14 ID:tSDjqhHN
アドラー心理学で素直になれましたって言ってるやつは

たいてい自分に無理してウソをついてると思う

人間の本性がそんな簡単に変わるわけがない

133 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/29(日) 17:59:12.30 ID:D3C+zxci
>>132
自分を変えていくことを必要と感じるかそうじゃないかの違いなのかも知れません
必要と感じればアドラー心理学の実践が役に立つだろうし
不必要と感じるなら、本性は変わらないという理論が役立つだろうと思います

134 :名無しを整える。:2017/01/29(日) 18:06:15.20 ID:YGXdA/47
人間の本性って何?
アドラー心理学で素直になれましたなんてフレーズ聞いたことないし、そもそもそういうものではないと俺は思ってたんだけどそんなことをいう人がよくいるの?

135 :名無しを整える。:2017/01/29(日) 18:23:29.30 ID:eP7mxY2x
いつもの荒らしか。素直とか人間の本性とか定義もあやふやでアドラー心理学とは何の関係もない
こいつの人間観は、人間には喜怒哀楽があってストレスが溜まったらぶちキレてネットで悪口三昧みたいな感じだろ
それはそれでいいから、ニュース板や芸スポで暴れて来いよ

136 :名無しを整える。:2017/01/29(日) 18:44:31.30 ID:tSDjqhHN
自分を変えたいという願望はたいていの場合 人間の集団のなかで
自分の扱われ方が自己評価を下回ることから来る不満だろう

嫌われる勇気というタイトルに惹かれるのも大抵の場合は
自分が他人に頭下げたり気を遣ってる「投資」よりも
他人や組織が自分にしてくれる「リターン」のほうが少ないという
ザコやパシリの不満からでしかない

こういう輩どもがそう簡単に承認欲求を捨てて
定義もあやふやな共同体感覚?とやらで
他者貢献に喜びを見出す境地に入れるのかと言えば
そりゃウソだよねとしか言いようがない

137 :名無しを整える。:2017/01/29(日) 19:05:21.98 ID:V2JvKx1Y
>>132
かわるんだよ、それが
ビックリするくらい簡単にw

138 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/29(日) 19:55:52.26 ID:D3C+zxci
>>136
なるほど、他者からの評価に自己価値を見いだしすことを諦めて
アドラー心理学によって自己価値を見直すという論理に対して
なんだか「負け犬」の様で卑下してしまう印象を持ってるんですね
その文脈から「そりゃウソだよね」っていう言葉も
「認めたくない」っていう意味で言ってる様に見えます

139 :名無しを整える。:2017/01/29(日) 20:58:56.45 ID:eP7mxY2x
「嫌われる勇気」というタイトルも実際はアドラー心理学とは違う。ライティング担当の
古賀さんが考えたものだろう。岸見さんはタイトルについて聞かれて「嫌われる事を怖れるな」
という意味です、と毎回説明している。ドラマに使われてる「明確に否定します」も同様
しかし、嫌われる勇気じゃなかったら200万部も売れてないか

140 :名無しを整える。:2017/01/29(日) 21:00:42.67 ID:tSDjqhHN
>なんだか「負け犬」の様で卑下してしまう印象を持ってるんですね

そんな事は言ってない
承認欲求を共同体感覚なるのもので誤魔化して
何やら悟ったような気になり
そうすることで自分が一段高等な生き物になったかのような優越感に
浸っているだけなのではないかということだよ

ここのレスなんか読んでると特にそれを感じる
承認欲求をアドラー的共同体感覚に昇華するのではなく
非アドラー信者を見下す優越感に転化してるだけではないかということだよ

141 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/29(日) 21:06:40.28 ID:l1itvxsR
>>140
なるほど、そういう思惑によるレスだったんですね
それなら、そういう感覚を持った人に対して鋭い指摘になるかも知れないですね
他者との比較による優越感に浸ることではなく
建設的な行動によって成長し前に進むことを推奨するので
承認欲求という強い感覚に常々気付くことも大切だと思います

142 :名無しを整える。:2017/01/29(日) 21:06:49.52 ID:lPtsII3Q
>>136
それあなたの私的論理だよ

143 :名無しを整える。:2017/01/29(日) 21:31:59.10 ID:tSDjqhHN
>>141
>建設的な行動によって成長し前に進むことを推奨するので

私は建設的な行動をしてる・私は成長してる・
私はお前らのような俗物とはワケが違う・・・・

こういうヘンテコな優越感がクセモノなんだろうな

>>142
アドラー信者の殆どが
私的論理を卒業したと嘯いてる私的論理の塊じゃないのかな

中身は俗物のままなのに
頭だけ剃って何か悟った顔だけ作ってるインチキ坊主のようなものだろう

144 :名無しを整える。:2017/01/29(日) 21:40:53.64 ID:CQPBIpHt
>>143
いやいや、感じたのは相手の優越感ではなくて、自分の劣等感だと思いませんか?

145 :名無しを整える。:2017/01/29(日) 21:51:35.97 ID:31qlFyvc
>>143
同意だよ
アドラーが言っているのは自分を変えることだったはずなのに、
だんだん他人を変えたくなる……
非国民探しは、糾弾する者に強烈な快をもたらす。
なんてね

146 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/29(日) 21:52:47.67 ID:l1itvxsR
>>143
俺は面白いと思います
例えば仏教徒の心も、在家と自分は違うというヘンテコな優越感が育つこともあるかも知れません

必要なのは、コンプレックスの様な破壊的な行動で自分を貶めることよりも
良いと思う方向への建設的な行動で生き易い様に軌道修正することなので
その様なカラクリによって自分を騙すっていう心理状態も
差し当たり有りな様に思いました

もしかして、それじゃあダメなんだ!っていう信念をお持ちなんですか?

147 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/29(日) 21:57:21.09 ID:l1itvxsR
確かに、自分を変えようっていう言葉の裏には
他者を変えようという信念は建設的行動に繋がりにくいっていう
意味が含まれてると思いますね
その辺を自己点検していく習慣もアドラー実践に役立つのかも知れません

148 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/29(日) 22:01:20.27 ID:l1itvxsR
連レス申し訳ないです

>>146
>もしかして、それじゃあダメなんだ!っていう信念をお持ちなんですか?

これは俺の主観によって返答の幅を狭める感じで良くない質問だったと反省しました
ごめんなさい

149 :名無しを整える。:2017/01/30(月) 00:08:07.68 ID:PuGVqckj
>良いと思う方向への建設的な行動で生き易い様に軌道修正することなので

本人が生き易いというのが本人に都合の良い自己満足じゃダメなのよね
何か悟ったかのように自分を誤魔化すのではなく
自分の自己評価があまりにも高すぎるゆえに
集団と折り合いがつかないだけではないかという
厳しい自己分析が必要なのではないかと

人間関係で悩む原因なんて
ほとんどが自己評価や要求水準を分際相応に下げれば解決するような
くだらないレベルのことばかりなので

150 :名無しを整える。:2017/01/30(月) 00:18:13.95 ID:kYTsI3xd
>>149
中々、上手く自己分析できてるじゃないか。アドラー心理学とは違うが自己流で頑張れ

151 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/30(月) 00:35:39.77 ID:O8OTJL9B
>>149
あー確かに、あるあるだな〜って思いました
自己肯定と自己受容の違いとも言える様に思います

>人間関係で悩む原因なんて
>ほとんどが自己評価や要求水準を分際相応に下げれば解決するような
>くだらないレベルのことばかりなので

これ、言い方をキツく感じる人も居るかも知れないけど
アドラー心理学界隈では普通であることの勇気とも表現しますね

自己受容を自己肯定と勘違いし、
課題の分離を自己責任論や自己中心的で良いという意味で勘違いすると
自己肯定の論理の妨げとなる意見には耳を貸さない人が出来上がるんだと思います

横の関係で他者は協力関係にある仲間だと思えていれば
アドラー心理学で考えれば勇気を挫く様な言動も
自分を点検する言葉として活かすことができますよね

他者信頼と自己受容の相互関係はそういうところでと現れてくると思います
アドラー心理学で優越感を得るのではなく
誰もが不完全だから信頼し協力して生きる姿を実践しようっていう提案の様に思います

152 :名無しを整える。:2017/01/30(月) 01:13:25.43 ID:PuGVqckj
普通であることの勇気って
普通の人間であることの価値を受け入れるという事らしいけど
こういうのも実践者のプライドに配慮した婉曲な誤魔化しという気がする

お前に大した価値なんかねぇのよ!
自己イメージ良すぎるのよ!
それを分かれよ!とは決して言わないw

なんだかんだ言ってアドラー心理学というのは実践者に甘い

153 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/30(月) 01:37:10.81 ID:O8OTJL9B
>>152
アドラー心理学がそこに配慮するのは、行動することに重きを置くからだと思います

他者との関わりや世間にもまれる様な経験が少ないまま
自分一人で思考を肥大化させていくことで、世間と私的論理の差が広がって
それが生きにくさや他者を不快にし易い仕草に繋がって
それが相互作用してコンプレックスによる問題行動に発展し易くなると考えると
納得し易いのではないかと思います

そこで自分の感覚を他者とすり合わせる為には交流するなどの「行動」が必要ですが
自己価値が低すぎると、自分なんて、となり行動に移す勇気が欠けてしまいますよね

お前なんて行動すらするな、という様な言葉は他者をそのまま埋もれさせ
コンプレックスの方向へ潰すことに繋がるし
その価値観は自分の言動や行動にも返ってくるものなので取り扱い注意だと思っています

逆に身の程を理解させるには、どんどん行動し、
身をもってその結果を経験していくのが効果的だと思います

154 :名無しを整える。:2017/01/30(月) 02:35:00.07 ID:+gLDs1aQ
>>140
共同体感覚を特別な意識のような書き方をしているけど、共同体感覚って簡単に言うと社会の一員としての自覚ってだけでそんな特別なもんじゃないよ

155 :名無しを整える。:2017/01/30(月) 03:30:54.16 ID:kYTsI3xd
>>154
>共同体感覚って簡単に言うと社会の一員としての自覚ってだけでそんな特別なもんじゃないよ


いや、大事な感覚だよ。アドラー心理学のゴールみたいなもんだし。個人を鍛えて最終的には
ONE OF THEMとしての感覚を持たせる。スーパーマンとしての妄想を捨てさせてクラーク・ケントとして生きる喜びに到達すると言う

156 :名無しを整える。:2017/01/30(月) 10:33:08.08 ID:kYTsI3xd
「畠田理恵さんのツイート」
>25歳で結婚になった時は主人が7冠の頃。また、そこでも玉の輿狙い成功!計算高い女!等々の報道に苦しめられました
>総合失調症に悩まされ、結婚式の日までに体重は34キロまで減少していました。芸能人は中傷慣れしてると言われますが人間だもの(みつを)蝕まれます。



凄まじい中傷に統合失調症まで…。アドラー心理学はこういう事態には対処できるんだろうか
論理的にはアドラー心理学は機能できうるが、全国に名を知られた有名人ともなると…

157 : ◆XlGyrhgCZI :2017/01/30(月) 11:04:00.05 ID:4Fxgf9fb
ド長文すまん
野田さんが「アドラー心理学は宗教と組み合わさることで救済力をもつ」ということを言っていて、俺はよく意味が分からなかったんだけど、
最近それを整理している中で、つまりそれはニヒリズム(価値否定主義)から脱却しようと言っているのだということが分かった

アドラー心理学という理論の大筋は、細部をばっさり端折って言えばこういうことだと思う
1)ふつう個人は動物的に「したい/したくない/自己保存/種族保存」という基準に従って行動する
2)共同体感覚は、その性向に対して「自分には能力がある/人々は自分の仲間である/そこに貢献したい」という社会参加の意識をあてる
3)それによって個人の喜びの発生源は、動物的な快不快から社会的動物としての貢献意識「一緒に問題を解決しよう/それが喜ばしい」に移行していく
4)最終的に個人は社会に積極的でおれるようになり、受け入れられやすくなって幸福になる
言い方を変えると、動物的な基準「したい/したくない/自己保存/種族保存」に従って利己的な喜びを突き詰めると、
わがままになって社会で孤立するか、あるいは競争の中でいつも不安で暮らすか、または欲に満たされずに快楽を消費し続けて荒廃するかして不幸になってしまう
だからその循環を、相互に協力して助けあうことで喜びを交換できる供給体制に切り替えようということだ

以上がアドラー心理学の概論でこれだけでも俺には十分な効果があったけど、ここで視点を切り替えて、そもそも人が動物性(ここでは競合性や快楽)に落ち込んでいく原理を考えてみる
ハイデガーは「死の自覚がない世人は日常性に埋没する」と言ったけど、
俺は、人の意識というものは自分の死から目をそらすために日常の刺激に向かっている部分が少なからずあると思う
つまり「どうせ死ぬのだから本当は何をしても価値はないんだけどね」という絶望的な考え(ニヒリズム)が無意識的にあって、
人の表層意識はそれをいっとき忘れるためにいわば目的論的に燃えるような競争や快楽に向かって「なら気持ちいいことをしよう」とする
その結果として行動の指針が動物的になって不幸になるシステムがある
だからとことん鉄板のアドラー心理学をやるには、自分が死ぬことを踏まえてなお、価値を感じるという理論を確立しなければならないわけで
そうじゃないとすぐに快楽や衝動をとめどなく求めるレベルに落ち込んでしまって、幸福と不幸の行ったり来たりになる
先述した宗教どうこうというのはその理論の確立材料として持ち出されているんだなということに最近気づいた
この辺まできて俺は、さてどうしようかと考えあぐねている(笑)

158 :名無しを整える。:2017/01/30(月) 11:17:03.81 ID:NYmoQi1F
>>157
共同体感覚の中にあるんだから、肉体は滅んでもあなたの貢献(感)は滅びず永遠に残る
あまねくご先祖子孫全世界一体となってね

159 :名無しを整える。:2017/01/30(月) 11:58:52.20 ID:ZIozYwoq
>>157
あまり頭で考えすぎると、これで良いのか、自分は正しい選択をしているのか、と良い悪いの
二極思考になりがちですね。それにより、自分を咎め他人を咎めるようになると、何の為の
アドラー心理学になるのかという気がします。

160 :名無しを整える。:2017/01/30(月) 12:06:53.22 ID:kYTsI3xd
アドラー心理学の共同体感覚はキリスト教の「汝、隣人を愛せよ」と近いだろうし、怒りを排除するのは仏教とも近い
普通にキリスト教や仏教と重ね合わせてアドラー心理学を学んでいるけどね
課題の分離やトラウマ無し、無意味な思考の停止によって「今ここ」に集中するのは瞑想・マインドフルネスとも近いのでは

161 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/30(月) 18:27:01.11 ID:Ll+vyIWo
>>157
死に直面してこそ大事にしなければならない物や発すべき言葉が分かるよな
人生の嘘が無い状態
でも自分の来るべき存在消滅を虚無に感じず有意に感じ続けるのはそりゃ信仰の領域だわな
そーやって考えると死の概念は最も流行してる人生の嘘なのかもな?

162 :名無しを整える。:2017/01/30(月) 19:09:06.13 ID:2wIQyUDC
確かに
どうせ死ぬからなにやっても一緒で死ぬまでの暇潰しなんてのは定番の人生の嘘であり、当たり前に使われてしまっている

ある意味、問題行動で最悪とされる「無能の証明」も「死に対して無力」という真実を降りかざせば、誰にでも簡単にできてしまうものなんだと気づかされる

163 :名無しを整える。:2017/01/30(月) 19:12:32.26 ID:2wIQyUDC
だからこそ共同体に積極的に貢献し、所属と愛を実感し、自らの価値を獲得する意識をしっかりと持つ重要性が高まっていると思う

164 :名無しを整える。:2017/01/30(月) 19:49:04.44 ID:m5uOYCnN
>>125
協力的な行動・・・
幸せは誰かのために役立っていると感じれなければ感じられないと
今の環境では自分は貢献できないと思いこんでるフシはあります
どこかで必ず破綻すると、それならばやらない方がいいと
あとこうなりたい自分のためにはここでは無理、それならばここは辞めてしまいたい、けど辞めてもここでダメならば他所へ行っても同じこと、と
自分の取り分しか考えてないってやつですね
自分の考えにも自信があるようで持てないし解ったつもりで解ってないし
ホントはひとりになりたいのかも解りません

今こう羅列してる事も変わりたくないという行動のひとつなんでしょうかね

>>129
以前脳科学の本も読んだことはあります、買わなかったですが

165 : ◆kVEz2DhQVk2C :2017/01/30(月) 19:49:36.16 ID:m5uOYCnN
164は自分です

166 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/30(月) 20:14:17.58 ID:O8OTJL9B
>>164
全体的に、あちらを立てればこちらが立たずという様な
行き詰まりを感じていらっしゃる様にお見受けします

貢献感や行動はもっと小さなハードルを一つ一つ飛び越えながら
それを楽しむスタイルでやる方がオススメです
長期的な希望を描きつつ、目の前の小さなことを確実にやる感じですね

例えば道端のゴミを拾ったら、俺スゲー!って思って良いと思います
他には、飲食店で店員さんにご馳走様って言ってみたり
募金も良いかも知れないし、500円貯金も良いかも知れません

自分の課題から目を逸らさないで、日々ほんの小さなことでも
こなしていれば大丈夫だと思いますよ

167 :名無しを整える。:2017/01/30(月) 20:24:07.91 ID:kYTsI3xd
常日頃から誰かの役に立ちたいと考えていれば実際の場合にも対処できますよね
仕事でも仕事以外でも。心の準備があれば何かあっても他人に貢献できると

168 :名無しを整える。:2017/01/30(月) 20:34:42.66 ID:LmFIYUcJ
>>164
125だけど
思い込んでるフシというかむしろ自分の考えることは全部思い込みなんだから、自分を苦しめている今の自分の信念に深入りするのはやめてみないかってことなんだけど伝わりにくいか?
個人の主体性を利用して「意識」を向けるポイントを自分で選ぶんだよ
思考や不安な気持ちに意識を向けるのはただ今の信念を強化するだけなのだから
今、ここでできる建設的な行動に意識を向けてみようってことなんだが

169 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/30(月) 20:43:03.81 ID:O8OTJL9B
>>158
同意です
共同体感覚の本質的なところをスッキリ纏めてもらえた感じがします

170 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/30(月) 21:49:01.51 ID:jqLk2To8
いい感じに濃ゆい流れだ

171 : ◆XlGyrhgCZI :2017/01/30(月) 23:50:09.51 ID:4Fxgf9fb
>>158-161
ありがとう
貰った意見を大事にしてまた整理してみる
皆の意見が聞けてよかった

172 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 00:14:53.22 ID:0W1Jd9F8
>>166
>例えば道端のゴミを拾ったら、俺スゲー!って思って良いと思います
>他には、飲食店で店員さんにご馳走様って言ってみたり
>募金も良いかも知れないし、500円貯金も良いかも知れません

いやいや、なんか気持ち悪いってw

なんで気持ち悪いかっていうと
こういうのこそが
生まれ変わったつもり・成長したつもりの
自分の本心誤魔化し行為そのものだからね

173 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 00:25:55.09 ID:0W1Jd9F8
>>153
>自己価値が低すぎると、自分なんて、
>となり行動に移す勇気が欠けてしまいますよね

自信が無いんですって言ってくる人間に
そりゃお前はゴミだからしょーがないよ、っていうと
まず確実に怒り出すのよ(笑)
腹の中ではものすごいウヌボレを飼ってるからw

「自信が無い」んじゃなくて
「私の素晴らしい価値・能力を周りのバカどもにわからせる自信が無い」のよ

だからまず「私の素晴らしい価値・能力」なんて大層なものは存在しない事と
なんだかんだ言って周囲の人間をナメくさってる事を指摘すべきなのよ

174 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/31(火) 00:36:14.90 ID:EUDBQo8P
>>172
あ〜そういう考え方もあるか〜
成長ってなんなんですかね?

175 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/31(火) 00:37:50.16 ID:EUDBQo8P
>>173
そういう人って周りにいるかな?俺はそう感じることないけどな
これまでどれくらいそんな人に会ってきましたか?

176 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 01:15:48.22 ID:tjkHFlAi
>>161
死に直面しないとわからない、てのは遅すぎるよ

177 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 01:17:52.91 ID:tjkHFlAi
>>172
つーか、社会経験の少なさを感じるんだよね、
何往復か、何百往復か、真剣な他人との交流を繰り返せばわかることだと思うよ

178 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 01:59:55.90 ID:AY8lQwtS
>>173
言葉はきついけどかなり鋭いこと言ってるね
万能感からくる無意味な自信過剰の裏返しとして、対人で異常に謙遜して期待させないようにする人ね
誰も特別な期待なんかしていないのに自分でハードル上げて苦しんでしまうから気を付けないといけない

179 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 02:09:54.81 ID:6S2T7E7Q
いつもの荒らしだろ。劣等感が強くていつも他人や社会のせいにしてる
絶えず他人の粗捜しをして悪口を言う。2ちゃんで悪口書けばストレス発散になると思ってる
怒りは増幅すれば何時間も続くからね。感情的になる事が自然な事だと思い込んでる
結局、感情的になれば幸福感が損なわれるからね。飯が不味くなる

180 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 02:26:01.29 ID:EE6A4LB0
>>176
うん、遅すぎるからこそどうしていこうかって文脈なんじゃないのこれは?

181 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 02:37:47.26 ID:SodSLX5j
https://goo.gl/se0WSx
これ本当ですか??
嘘ですよね。。

182 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/31(火) 08:28:36.09 ID:/ChD4LKL
>>171
続きをまた聞かせてくれると嬉しい

183 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 09:13:12.91 ID:zjn8HKBN
エックハルト・トールは言います。

エゴのなかには、賞賛や賛美を得られないと別の関心に方向転換し、
それを引き出すための役割を演じるものがある。
たとえばポジティブな関心が得られないと、代わりに誰かを挑発して
ネガティブな反応を引き出し、ネガティブな関心を得ようとする。
これは子どもにもすでに見られる。悪さをして関心を引こうとするのだ。
彼らは悪名や他人の非難という形で関心を求める。
「私はちゃんと存在していると、どうでもいい人間ではないと言ってくれ」と叫んでいるようだ。

184 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 09:20:22.97 ID:zjn8HKBN
エックハルト・トールは言います。

被害者役も非常にありふれた役割の一つで、
同情や憐れみや自分の問題、「私と私の物語」への興味という形で関心を求める。
不満や、侮辱された、立腹したというような多くのエゴのパターンには被害者意識という要素がある。
もちろん、自分に被害者の役割を振り当てた物語に自分を同一化してしまうと、その物語を終わらせたくないと思う。
だからセラピストなら誰でも知っているように、エゴはアイデンティティの一部になった「問題」の終結を望まない。
誰も「私の悲しい物語」に耳を傾けてくれないと、頭のなかで何度も自分に語り聞かせて自己憐憫にふける。
そうすれば、人生や他人や運命や神に不公平な目にあわされている自分というアイデンティティを守れる。
そのアイデンティティは自己イメージに明確な輪郭を与え、自分を何者かにしてくれる。
エゴにとってはそれだけが大事なのだ。

185 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 13:05:16.63 ID:rnMOlDcA
>>179
荒らしに親でも殺されたのか?w
ほっときゃいいじゃん

186 : ◆kVEz2DhQVk2C :2017/01/31(火) 21:09:17.55 ID:u47RmeQj
>>168
自身の弱みや欠点に目を向けるのではなく
やりたいことに目を向ける…?
それが目の前に無ければ探す
見つかるまではやりたくなくても何か課題を見つける…
実際歳だけは重ねてしまいましたがこういう消極的で安楽求めるタイプの人間なので摩擦は極端に恐れます
すぐテンパってしまう自分は居ますね
確かに幸せになる勇気では悪いあいつとかわいそうな私は切り離し、これからどうするかだけを考えてと…

>>166
ゴミ拾いや募金とかは自分の運気を上げるためとか思って(まぁ募金はそんなにしませんが)、目の前のものくらいは出来てますね
これはハードルが低いのか…
ただ確かにこれが出来てもなんら自分の課題は解消できてないので>>172の言うようにごまかし、ガンバったつもりの言い訳になりますよね
いや、課題ではないから容易に出来るのかと
課題をガンバるつもりもないのにより理想高く生きるなどふざけてる、自分以外の人間がこうなら簡単にそう思えますね

187 : ◆kVEz2DhQVk2C :2017/01/31(火) 21:29:25.15 ID:u47RmeQj
他人はできてる現実がある
でも自分は出来てない
悔しい、虚しい、自分もしたいのに

翻ってみても自分はそれにみあう努力はしたか?してないよな?
そもそも未来への夢だけもって何も行動しなかったんだ、踏み出そうとしたときもあったけど何が大切か見失って逃げたんだ
過去が重なって今がある、何も偶然はない、やれなくて当然
あの人は変わることを恐れず、それでいて変わらない強さも持っていて、苦しくても前を向いて成長して生きているのに自分は怠惰な自分にすらしがみつく
側にいけないのもまた当たり前

その前にダメな自分が周りにバレたくはない、なんとかやり過ごして誤魔化して、でももしかしたら気づかれていてそれを知らないふりして
結局のところ深い話になればアッサリとバレてしまうことを解ってるから傷つかないように生きる

いやほんとその通りです
バカなのにバカと言われると腹立ちますから
どうしようもないですホントに

188 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 22:12:05.75 ID:5AvQZ/u8
まず、条件をつけるのをやめてみる

立ち止まってあれこれ考えて何かが好転するだろうか?と考えれば、考えることに意味がないことが分かる

ま、悟りの一歩目だね

189 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 22:12:58.92 ID:AY8lQwtS
>>187
僕もほとんど同じです
似たような人それなりにいると思います
僕の場合は駄目な自分を好きですらいたのでやっかいです
変わりたいといいながら変われない自分が可愛くて安心してきたので
本気で変わるならこのままでは無理ですね

190 : ◆EuDxtIU3fs :2017/01/31(火) 22:19:13.62 ID:EUDBQo8P
>>186>>187
深く内省されてますね

俺も別に偉そうなことは言えません
過去に自殺を図って、子供たちを傷つけてやっとこさ変わろうと決意したクチです

まあ、我が子には楽観的に、それで課題を直視できる子になることで
幸せになってもらいたいな〜って考えると
自分が見本を見せて背中を見せなきゃな〜っていうのと
後は信じてやるしかないなってコツコツとゲームのレベル上げみたいにでも進むために
自分に都合の良い情報を取り入れて奮い立たせてやってるだけなんです笑

まあそれでも良いこと沢山ありますよ

191 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 22:22:51.87 ID:zjn8HKBN
エックハルト・トールは言います。

「待つこと」は心理状態です。
その根底には、「いまが嫌なので、未来を求めている」という事情があるのです。
自分が持っているものを要らないと感じ、自分が持っていないものを欲しがっています。
この種の「待つこと」をする人は、無意識のうちに、自分のいたくない「いま、ここ」と、
自分のいたい、「イメージの中の未来」とのあいだに、ギャップをつくっています。
これが心に葛藤を生み、「いま」を失い、人生のクオリティを著しく損ねてしまうのです。

192 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 22:23:50.15 ID:zjn8HKBN
エックハルト・トールは言います。

「人生の状況」が不満足、またはとうてい我慢できないものなら、まず「手放すこと」をしましょう。
手放さなければ、その状況を維持させているにほかならない、無意識な「心の抵抗」を止めることができません。
「手放すこと」は、「いま、この瞬間」を、何の不安も抱かずに、無条件に受け入れることです。
「すでにそうであるもの」に対する心の抵抗を、捨て去ることです。

193 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 22:24:56.74 ID:zjn8HKBN
エックハルト・トールは言います。

「いま、自分がこうしてめぐらしている思考が、わたしを不幸にしているのだ!」
この気づきによって、思考と一体になってしまう、無意識の習慣から脱却できるのです。

194 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 22:25:16.38 ID:zjn8HKBN
エックハルト・トールは言います。

あなたはストレスを感じていますか?
未来へ向かうのに忙しすぎて、「いま」の価値は、ゴールに到着するまでの手段になっていませんか?
ストレスは、「ここ」にいるのに、「そこ」にいたいと思うことや、
「現在」にいながら、「未来」にいたいと思うことで生まれるのです。
そうすると、わたしたちの内面は、真二つに分裂してしまいます。
内面にこのような亀裂を生じさせるのは、とても不健康なことです。
「誰もがそうやって生きている」という事実は、それを良しとする理由にはなりません

195 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 22:25:41.78 ID:zjn8HKBN
エックハルト・トールは言います。

エゴ的思考は、「わたしは不十分です」という根強い気持ちがともなうのが特徴です。
この気持ちを自覚している人もいれば、まったく無自覚の人もいます。
本人が自覚している場合には、「わたしは価値がない」という不安定な感情が、いつも表面化してきます。
これが自覚されていない場合だと、なにかに渇望という、間接的な形となって現れてきます。
いずれにしろ、心にぽっかりあいた穴をうめるために、あくなき欲望にのめり込むケースが多いのです。
金、成功、権力、賞賛、など、なにもかもを獲得しようと必死になります。
自分が完全であると感じたいがために、親密な関係を結ぼうとさえする人もいます。
しかし、これらをすべて手に入れても、心の穴はうまるどころか、そこに歴然とあり、しかも穴が底なしであることにも、いずれは気づきます。
そうすると、自分を欺くこともできなくなり、にっちもさっちもいかなくなるのです。

196 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 22:27:03.71 ID:zjn8HKBN
エックハルト・トールは言います。

もうご存じのとおり、二義的外部的な目的は時間の次元にありますが、
主たる目的はいまと不可分で、したがって時間を否定します。
この二つをどう両立させるか?
自分の人生という旅全体が結局はいまこの瞬間の一歩から成り立っていると気づくことです。
つねにあるのはこの一歩だけ、だからこそそこは全ての関心を注ぐのです。
もちろん、行く先はどうでもいいってことではありませんよ。
この一歩が主で、行く先は二次的だってことです。
そして目的地に着いたときに何に出会うかは、この一歩の質にかかっているのです。
言い換えれば、どんな未来が開けるかは、いまのあなたの意識が決めるということです。

197 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 22:27:59.20 ID:zjn8HKBN
エックハルト・トールは言います。

あるのは「この瞬間」だけだ。
人生とはつねに「いま」なのである。
あなたの人生のすべてはいつも「いま」展開している。
過去や未来の瞬間もあなたが思いだしたり予想したりするときにしか存在しないし、
思い出も予想もいまこの瞬間に考えている。
つまりは、いまこの瞬間しかないのだ。

198 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 22:28:41.09 ID:zjn8HKBN
エックハルト・トールは言います。

わたしたちは、自分がまだ完璧でないから、十分ではないから、という理由で、
いまこの時点の自分では、「そこ」に到達できないと考えるものです。
しかし、真実は逆なんです。
「いま」「ここ」だけが、わたしたちが「そこ」に到達できる唯一の地点なのです。
自分はすでに「そこにいる」、と気づくことで、「そこに到達できる」のです。
神を探し求める必要などない、と気づいた瞬間、わたしたちは神を見つけるのです。

199 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 22:29:11.50 ID:zjn8HKBN
エックハルト・トールは言います。

「いま、自分がいる状態」以外の状態を、探してはなりません。
そうすると、無意識のうちに、軋轢や抵抗を心につくりだすことになります。
平和の境地にいない自分を、あるがままに受けいれるのです。
自分が「非・平和」にいることを、完全に受け入れた瞬間、「非・平和」は、平和にに変わります。
わたしたちが「なにか」を完全に受け入れると、それがどんなものでも、わたしたちはその「なにか」を超越することができるのです。
つまり、「非・平和」を超越することで、平和へと到達できるのです。
これが「受けいれること」から生まれる奇跡です。

200 : ◆q9sa0OX8rM :2017/01/31(火) 22:39:01.28 ID:5/NYXz3u
>>187
悩んだ分だけ自分の性質に詳しくもなるわな
それを上手く利用する事だと思うぞ

201 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 23:21:35.12 ID:zjn8HKBN
エックハルト・トールは言います。

「どうも頭の中で、自分自身になりすまそうとする声がして、話すのをやめようとしないようだ」。
そう気づいたなら、思考を、無意識のうちに「本当の自分」と同一視する習性から目覚めつつある、好ましい兆候です。
「声」に気づくということは、自分は「声の主」、すなわち「考える人」ではなく、それを「意識している人」だと気づくことだからです。

202 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 23:23:23.32 ID:zjn8HKBN
エックハルト・トールは言います。

あなたがもし、「頭の中の声が聞こえるんです」と、
お医者さんに打ち明ければ、お医者さんはあなたに、精神科医を紹介するでしょう。
でも実際には、ほとんど人が、これと似たようなことを日常的に経験しているものです。
中には、何種類もの声を聞いている人もいるでしょう。
これは、ほんとうは止めることができるのに、ほったらかしにされている、人間の習性です。
終わりのないひとり言、もうひとりの自分との会話と名づけてもいいでしょう。
ぶつぶつとひとり言をつぶやきつづける人に、道に出くわしたことがありませんか。
実を言うと、わたしたちのおこなっている頭の中の会話も、これと大差ありません。
実際に声に出すかどうかの違いだけなのです。
思考は意見する、推測する、判断を下す、比較をする、文句を言う、好き嫌いを言う、
といったことを休みなく、おこなっているものです。

203 :名無しを整える。:2017/01/31(火) 23:24:55.11 ID:zjn8HKBN
エックハルト・トールは言います。

身体は頭のなかの声が語る物語を信じて反応する。この反応が感情である。

204 :名無しを整える。:2017/02/01(水) 00:21:15.40 ID:+Gc0WWGF
>>187
>他人はできてる現実がある でも自分は出来てない

自分と所属してる集団にレベルの差があり過ぎる
すなわち場違いなところにいるなーと辛すぎるなーと思うのであれば
もうそこから出ていくしかない

場違いな奴が場違いな集団に属しながら
成長だの私の課題だの嫌われる勇気だの意味不明な事を口走って
周囲を困惑させる前にw

205 :名無しを整える。:2017/02/01(水) 01:02:40.96 ID:xZlO0BM3
単純にいじけるのやめればいいのよ

206 :名無しを整える。:2017/02/01(水) 01:29:44.41 ID:+Gc0WWGF
嫌われる勇気の実践は
まさにザコのイジケ行為としか思えないのよね

カネや生活のためと割り切れば楽に居座れるだろうが
アドラー説に依存しようというザコの場合は
自己実現(笑)が目的だから辛いだけになるだろう

207 :125:2017/02/01(水) 02:02:14.36 ID:ZLWbOZJW
>>186
「やりたいこと」なんて言ってないよ
今、ここでできる建設的な行動って言ったんだけどな
人生の課題の認識もなんか違うように思う
分類はできるけど人生のすべてが課題だから課題じゃないことなんて存在しない

もう一度アドラー心理学の本を読み直してみることをお勧めします
今、野田さんが過去の著作の復刻で順次4冊出します
今のところ2冊出てるので読んでみると、少なからず今のアドラー心理学の理解とは変わるので筋道が見える気がします

あと、自己分析に関しては効果的じゃないので何も言いませんし言えません

208 :名無しを整える。:2017/02/01(水) 10:58:39.40 ID:ge1AHAeZ
エックハルト・トールは言います。

ペインボディを感じたとき、自分は何かが間違っている、ダメな人間なんだなどと誤解してはいけない。
自分を問題視する、それはエゴが大好きなことだ。
ペインボディだと気づいたら、そのことを受け入れなくてはいけない。
受け入れずにいると、きっとまた見えなくなる。
受けいれるとは、何であれその瞬間に感じていることを素直に認めることだ。
それは「いまに在る」ことの一部である。
いまに在ることに反論はできない。
いや反論はできても、自分が苦しむだけだ。
認めることを通じて、あなたは広々とした、せいせいした自分自身になれる。
全体になれるのである。もう、断片ではない(エゴは自分を断片だと感じている)。
あなたの本来の真のエネルギーが湧きおこる。それは神の本性と一体だ。

209 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/01(水) 18:21:05.77 ID:zj7N8FM+
地道にアドラー語でも書いてくか
>>8から
目的論で言うところのその人らしい所属
この目標追求に根ざす一人一人の癖を『ライフスタイル』と呼んでる
ライフスタイルを知れば色んな事が分かる
対象人物の行動の意味や今後の行動などが予測可能になったりもするワケだ
この癖を取り出す作業が『ライフスタイル分析』と呼ばれる

210 :名無しを整える。:2017/02/02(木) 19:36:26.25 ID:nyR5FdDL
「人と比較せず自分の中で少し頑張る」
イチローのスピーチ
http://number.bunshun.jp/articles/-/827372

211 :名無しを整える。:2017/02/02(木) 19:52:09.46 ID:edPD3f10
ここまで読んだ上で共同体感覚とは端的に言うと
「みんなと力を合わせて社会を建設しているんだなあ」
て感覚ということになるのかな?ズレてる?

212 :名無しを整える。:2017/02/02(木) 20:06:55.20 ID:eljPGcgk
>>211
いや、その通りだと思いますよ

213 : ◆kVEz2DhQVk2C :2017/02/02(木) 20:26:23.37 ID:tPH4551x
>>189
どうもです
自分もここで散々言われてますがアドラーを自己分析、しかも理解した気になってるだけで都合よく利用しているに過ぎないので
このままでは変われないし変わるつもりも本心ではないのだろうなとも思ってます
そんな自分がカワイイし憐れに思うし
正にドラマの1話目の犯人「不幸をもって特別になろうとしている」人間です
大切ななにかを失うまで自分は気づけないのかなと
>>190
自分も自殺を頭の隅には置いてます
まだ見たいものが多いのと理想を諦めきれないので死ねないだけですが
ずっと叶わなかった過去と今を嘆いて未来を見ようとしない
そのうち未来も閉ざされて自分の命すらって思ってます

自分の個人情報には気を付けて
出来るだけ素直に心のうちを書いていこうとは思ってます

214 : ◆kVEz2DhQVk2C :2017/02/02(木) 20:35:20.02 ID:tPH4551x
>>204
いや、所属すらしてないんです
遠くから眺めて羨ましい話、レポートが見えて
もっと自分が稼げたらな…なんて思いますがそれこそそのクセ仕事で挫けてひねくれて
努力もしてこなかったクチです
楽なのと、周囲との摩擦と、環境を買える勇気がないのと、続けていける自信がないのとで
要するに自分には本来自己実現とか理想とか掲げるのはおこがましいのだと
文章としては納得できます
変わる努力をしてこなかったやつがどうしてこれから変われると言うのか
ロクな人間ではないのだからそんな輝いてる人の側になど行けるはずもないですしね
いじけてるだけですよ確かに、けどそれが自分です、愚か者です

>>207
課題じゃないことなど存在しない
すべてが仕事、交友、愛のタスクに集結するということですか?
何一つ課題を解決しようと言う決意、勇気はありません

215 : ◆kVEz2DhQVk2C :2017/02/02(木) 20:45:40.23 ID:tPH4551x
3話目の
誰かを通して自分の叶えられなかった夢を見ている
自分の理想もこれに近いものがあるかもしれません
夢を叶え続け努力している者の側に行きたい、そして一緒に楽しみたい
きっとそうなれば気力のない、ダメな自分でもやれるのかななんて勘違いしてます、今でもです
見栄っ張りで怖がりでなんらリアルで変わろうとしない自分には高すぎる壁ですね
望む環境なんて手に入る訳がないのに
叶わないことに駄々を捏ねている

よく考えれば小学生のときからイジケ癖はありましたね
その頃から何一つ成長して来なかった
やはり自分は幸せは感じられない

216 :名無しを整える。:2017/02/02(木) 20:52:28.23 ID:LrR+YQ/U
>>215
それは自分もありますね
他人の価値に依存してる気がします
ミュージシャンやスポーツのファン等でも多い傾向かと思います

217 :名無しを整える。:2017/02/02(木) 21:07:02.26 ID:eljPGcgk
>>210
イチローはアドラー的な人だと思う。帰国してテレビに出ないのも承認欲求が少ないのかも
ただ、たまに他の選手を煽るのがね。手厳し過ぎる事が

218 :名無しを整える。:2017/02/02(木) 21:56:18.64 ID:HJx8JijI
>>211
いいね、それ
「うん、僕も同感だなあ」
と相槌をうつだけで共同体感覚が移ってきそうw

219 :名無しを整える。:2017/02/02(木) 22:24:19.55 ID:W49yeLVc
ホリエモンもアドラー実践者なんだね。

220 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/02(木) 22:44:31.60 ID:kKJMOhCP
>>215
夢なんてものは幻であって
現実の自分しか居ないんだがなぁ

221 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/02(木) 22:49:13.32 ID:kKJMOhCP
>>218
共同体感覚はウイルスみたいなもんだよなw
いやマジで

222 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 01:18:06.28 ID:4hjxX7VH
ホリエモンの『ゼロ』を読んだとき、言ってることがアドラーと似ていると思った
『嫌われる勇気』よりも前に出された本なので、もともと近い考え方の持ち主だったんだろう

223 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 01:42:32.96 ID:Al8VN5ws
>>222
監修が同じ古賀さんなんだが
嫌われる勇気と同時期に理論編と実践編として買おうみたいな売り込み文句に使われてたよ

224 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 04:14:13.92 ID:wH0Xs/Lj
古賀さんは監修じゃなくて本の企画と原稿の書き起こしを担当したライター

『ゼロ』を実践編と表現したのは、岸見さんとホリエモンが対談したときの流れで例えられただけ
古賀さんが両方の本に関わったのは事実だが、セットで企画された本ではない

実践編として刊行されたのは『幸せになる勇気』

225 : ◆kVEz2DhQVk2C :2017/02/03(金) 11:53:12.17 ID:JhG1R4Ra
4話目、改めて承認欲求の否定
自分は笑っていても人の目を気にしてしまう
気にしてるつもりはなくてもチラッと条件反射的に人の目が笑っているかどうかを確認してしまう
上司にも明らかに解ってる答えであっても確認を取るので不安になってしまう と
ずっとカウンセラーや占星術とかに診てもらいたいという気持ちもありましたが、結局の所誰かのお墨付き、やってもいいとかしなくてもいいという承認が欲しかったんですね

そこは理解出来ました、実践は難しそうですが
承認を求めない、嫌われても構わないという対価を支払うための基準を自分のどこに置けばいいのか
そのために自分が労力を惜しまずにやれるのか
何をやるにしても命の時間だったりお金や労力を支払わなければならないのは当たり前なのですが
アドラーを学んでいくうちにドンドン怖くなります
覚悟が決まらない、いや決められない

226 : ◆kVEz2DhQVk2C :2017/02/03(金) 12:00:22.98 ID:JhG1R4Ra
>>216
実際自分はとあるもののファンなので
それが拗れて今のような自分を形成したのだと思います
勿論それを通しての自分への意味付けを間違ったのですが

>>220
現実の自分を捉えきれてないように思います
悔いを残さぬように生きる
出来ればそう生きたい
その為のハードル、やらねばならないことが多すぎてそれに立ち向かう勇気がないのです

227 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 12:01:07.60 ID:/vCOXNNP
>>225
対価とか覚悟ってなんだろう?
そんな重たいものいらないよ

228 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 12:22:07.43 ID:HQZYu2XG
>>226
あなたは結局、アドラー心理学を学ぶつもりはないんだよね。そうなら自己流か他のやり方探せばいいのでは

229 : ◆kVEz2DhQVk2C :2017/02/03(金) 12:38:12.94 ID:JhG1R4Ra
>>227
そうですか?何をやるにも責任は必ずついてくるじゃないですか 
程度の差はあれど
自分はやらなきゃ良かったなという過去の失敗がたくさんあります
もちろんやっとけば続けとけばというのもあります
誰しもそうでしょうがどっちに行っても殴られるような感覚です
>>228
アドラー以外の本も手にとって読んでたりしますよ
吉田松陰だったり、カーネギーだったり
しかしアドラー以上に衝撃を受けたものはないので
自分の考えには無かったものでしたから
学びたくなければここには来てません

230 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 13:18:39.01 ID:FzTg7xT7
>>222
>ホリエモンの『ゼロ』を読んだとき、
>言ってることがアドラーと似ていると思った

「幸せになる勇気」に
承認欲求が強いゆえに先生に反抗する子供というのが出てくるが
堀江というカスの行動原理はこれに近い

堀江に限らず嫌われる勇気を実践したつもりで
「先生に反抗して存在誇示する承認欲求の強いガキ」に過ぎないような
自称アドラー実践者が大半ではなかろうか

231 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 14:57:32.59 ID:Mx8xu2GW
大衆の意見に逆張りして目立とうとする有名人は、いわゆる炎上マーケティングか承認欲求か見分けるべき
前者であれば上手く存在感を出して広告として成立してる

232 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 15:06:10.57 ID:HQZYu2XG
炎上マーケティングなんか意味ないよ。注目されても直ぐに忘れさられる
西野は絵に元々魅力があってストーリーの志向は今の時代にあってる
炎上させても次々に燃料投下しないといけないから実際の能力がないと続かない

233 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 15:08:57.57 ID:Mx8xu2GW
>>232
意味あるかないかでいうなら実力あるやつが宣伝成功したらあるじゃない

234 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 16:48:39.93 ID:HQZYu2XG
SNSは承認欲求を強化する。西野はTwitterは止めた方がいい。性格も歪むし、作品も歪む
堀江もな

235 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 18:22:45.03 ID:FzTg7xT7
堀江の場合は
炎上商法とかビジネスとかっていうのが言い訳でしかないからな

自分の行動原理が承認欲求や
コンプレックスであることを隠そうとするが
どれだけ言い訳や屁理屈をこねてもそれはバレるw

236 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 18:28:57.99 ID:/vCOXNNP
>>235
なんでホリエモンのライフスタイルがわかるの?
カウンセリングの場でホリエモンの合意のもと分析したの?
それとも超能力者?

237 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 18:39:49.71 ID:FzTg7xT7
堀江はやる事なす事にいちいち言い訳が多い
やつの著作物はほとんど自己美化正当化のための言い訳集でしかない

こんな程度を看破できないのは馬鹿か信者しかいない

238 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 18:48:51.74 ID:/vCOXNNP
>>237
オッケー
ありがと

239 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 18:52:14.60 ID:Mx8xu2GW
そう言えばアドラーは過去を受け入れようとか過ちを認めようとかもあんま言わない感じか

そもそも過去にとらわれること自体に問題がある、過去への意味付けは今を懸命に生きていれば変わっていくってことかな

240 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 22:05:03.07 ID:FzTg7xT7
過去は関係ない
過去について他人を責めてはならない

こういう理屈は前科者の無反省ややりたい放題をアシストするのに都合が良い

241 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/03(金) 22:57:37.27 ID:L0l58CfY
>>239
そそ
現在の人生観が過去に対する解釈を決める

242 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 23:07:10.85 ID:GIGUt4ro
>>229
森田療法の恐怖突入を試してはいかがか?

243 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 23:27:55.09 ID:Mx8xu2GW
>>241
過去の意味付けを負に固定してしまっている状態で思い悩むのはいけない

しかし過去の意味付けを変えること自体を目的化するのも問題あるかと

なぜなら今本当にやりたいことから逸れてしまう気がするから
あくまでも目の前の課題に素直に取り組めれば

244 :名無しを整える。:2017/02/03(金) 23:45:37.80 ID:HQZYu2XG
過去をプラスに考えるのも違うんじゃね。成功者は過去を美化するから
過去は存在しないから考える必要はないんだよ。未来も存在しない。今ここがあるのみ

245 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 00:13:46.41 ID:DegCyhYH
やりたい事があるってのはまだわかるが
それは会社で課題の分離や嫌われる勇気を実行しないとできないことなのかと

自分を変えたい願望に至っては
他者との比較に捉われてるだけじゃないのかと

246 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 00:59:25.80 ID:jDoP0ldz
>>245
自分を変えるのは一回きりじゃないだろう
アイデンティティを守って安心していてはいけないと思いながらも、「変わらない言い訳」を持ち出して逃げることの問題を指摘しているんだと思う

247 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 02:36:26.90 ID:MbyG4a6t
>>245
全くもってその通りだし、変わりたくないからごちゃごちゃ言い訳してるだけなのにはみんな気づいてるんだよね
それぞれが厳しめに指摘してもやさしめにカウンセリングまがいのヒアリングしても自分を守るような思考回路から外れようとはもちろんしないし
行動しようっていってもそんな勇気はないでしょ?
カウンセリング受ける勇気もないって言うし
それなら自分の都合のいいようにアドラー心理学を利用することから脱却するためにも
ちゃんとしたアドラー心理学を本からで良いから多角的に学んでくれ
がいいんじゃない?

248 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 07:18:01.42 ID:U4SvtNvb
アドラー心理学に引きつけられる人ってのは
どこかしら劣等コンプレックスを持っていて
それを直したいと常日頃から考えていた人。

ところが、普段からあまり自己分析しない人は
そもそもアドラーに興味が湧かない。
「嫌われる勇気」を読ませても
自分の考えに近い本だな、くらいの感想しか浮かばない。

良い意味での「バカの壁」が、そこには存在する。

249 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 07:44:52.98 ID:nxZh7+De
>>248
劣等コンプレックスをそもそも理解してないだろ?本くらい読もうな

250 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 09:13:59.73 ID:Jye8VD+v
以下の文章すごく納得してしまいました。

小林 先生、どうしてもそうは思えないんですよ。私の言動が相手をイライラさせてしまっているのではないかと思ってしまうんです。

岸見 でも、小林さんだって嫌な思いをしているわけですよね。嫌われている人が、嫌ってくる人に対してなぜそんなに気を使うのか、僕にはさっぱりわかりません。

小林麻耶×岸見一郎×古賀史健 鼎談(後編)
ttp://diamond.jp/articles/-/55959?page=2

251 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 09:21:33.50 ID:jDoP0ldz
>>250
他人に嫌われる自分を自分が許せなくなるからだろうね
相手が誰かは関係無く自己愛が未熟な状態

252 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 10:26:29.56 ID:FTbtTe2U
>>251
んーそれはアドラーの考え方ではないね

253 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 10:28:27.31 ID:mq8qTBII
>>250
なかなか素敵な対談ですね。
哲学者岸見先生の真骨頂ではないでしょうか。

254 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 11:32:22.35 ID:DegCyhYH
>>246-247
>「変わらない言い訳」

変わらない言い訳以前に
自分を変えたい願望を持つことに既に問題があるだろう

アドラー的には
それは他者との比較に捉われてるということでしかないのだからw

255 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 11:36:24.23 ID:jDoP0ldz
>>252
いや「自己への執着」が強いから他人の評価に怯えるってことだよ

256 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 12:01:23.80 ID:DegCyhYH
小林さんは芸風でやってるだけだが

周囲を不快にさせてもあなたが気にする必要はないとかほざく岸見はマジキチ
どれだけ自己を分析しても理由が思い当たらないぐらいまで
詰めて考えさせるフェーズが抜けている

読者層の被害者意識に媚びてるだけだもんな

257 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 12:59:23.38 ID:jDoP0ldz
>>254
「優越性の追求」という根源的欲求がある以上人はより良く変わりたいと思っていて良い

良くないのは「他人になりたい」という考え方だろう
それは自己受容の段階で失敗しているから

258 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 15:36:45.85 ID:2peZRugO
アクセスアップとお小遣い稼ぎの裏技
トラフィックエクスチェンジ
http://tra-chan.jugem.jp/?eid=1

259 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/04(土) 16:46:07.45 ID:jZsJ+ROl
>>250
『課題の分離Level 1』
他者の思惑に振り回されるタイプは自他の垣根がゴチャ混ぜになっとる
なので自他の垣根を明確にして他者の思惑をいったん頭から排除
振り回されない練習をする←今ココ
『課題の分離Level 2』
他者の思惑を排除するだけだと、他人の事なんか知ったこっちゃないになりかねない
そこでアドラー流精神力動を学んで人間行動の理解を深めて他者の心理機微に関心を持つわけだ
『課題の分離Level 3』
Level1、2によって垣根を守る感覚と人間心理の知識が出来て垣根ラインを自由かつ冷静に押し引き可能になってくる
共同して協力出来る所はするし出来ない所は互いの自立を楽しめばいい
残心しながら断絶せず平穏に生活可能な状態である

260 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/04(土) 17:17:31.58 ID:jZsJ+ROl
元々のアドラー心理学には『課題の分離』という技法は無かったんだが
アドラーを普及させようとした時に
日本の親が子供の人生に過干渉したりだの同調圧力だのというお国柄ウェットな性質があって
これじゃあきっぱりした協力関係なんか結べねーぞ問題が起こってコレが導入されてる
この技法が日本でウケるのはそもそもが対日本人ウェポンとして生まれた故の必然である

261 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 17:29:47.57 ID:U5S4gfG+
へーなるほど
誤解による批判ばっかりだし逆に混乱してる人多いし課題の分離なんて元から学ぶ必要ないんじゃないの?って思ってた

262 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 17:30:21.16 ID:nxZh7+De
>>260
では、課題の分離は誰が提唱したんですか?野田氏でしょうか?
出来れば、ソースもお願いしたいのですが

263 : ◆EuDxtIU3fs :2017/02/04(土) 17:37:17.76 ID:u+Ag5M9Y
>>260
それは初耳ですね
課題の分離発明の功績は大きい様に思います
別の心理学からの適用だという話も聞いたことがあります

264 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 17:53:27.68 ID:nxZh7+De
検索すると、野田氏が「課題の分離」という言葉を作ったようだ
「アメリカの人たちは"Who's responsibity?"と言っていたから私が課題の分離という言葉に代えた」とある
元々は、「誰の責任」或いは「責任の所在」なのかな。「責任の所在」でも構わない気もするが

265 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 17:57:52.30 ID:jDoP0ldz
>>260
アドラーは提唱してないの?
今までで一番驚いた

266 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 18:00:54.09 ID:jDoP0ldz
>>264
勇気シリーズは明らかに「責任」という言葉を極力避けてたね

必ず課題の責任て話からトラウマの責任の追求に逃げる人が出るからだろう

267 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 18:28:12.33 ID:DegCyhYH
「この責任の所在は私にありますので貴方は介入しないでいただきたい」


課題の分離だろうが責任の所在だろうが
言われたほうが「へ?」と困惑することに変わりはない(笑)

268 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 18:31:40.99 ID:DegCyhYH
>>257
自分の現状をそれでも良しと受け止めることが
自己受容なので
向上心なるものが発生する余地は本来存在しない

向上心が発生するのは必ず他者を見て
「うらやましい」「かくありたい」と思うときである

269 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 18:35:30.32 ID:U5S4gfG+
分割できない全体としての個人が一つの単位であって、個人のライフスタイルを扱う個人心理学だということがはじめから頭に入っていればそもそも課題の混同は起きないように思うんだよな
誤用を避けるためには手法も大事だけど先に基本前提の普及が重要なんじゃないかな?
スレ立てした方が基本前提を最初に書きこんだように

270 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/04(土) 18:36:07.76 ID:UXpC52sV
『課題の分離』が技法化されたのは80年代らしいぞ
例えば日本人は、子供の行動責任は誰にある?というとオール親にしてしまう
だから責任を課題としたんだろw

>大学の先生たちは、そこのところで権力追求をしているので、「この概念は最初はどこに書いてあったんですか?」というようなことにこだわって、私のところに聞きに来る。
>たとえば「『課題の分離』って、アドラーはどこに書いているんですか?」って尋ねたりするんだけど、どこにも書いてないですよ。だってあれは私が言いだしたんだもの。
>アメリカの人たちは「誰の責任か (Who's Responsibility?)」と言ったりするけれど、それでは日本人にはわかりにくい。
>それで、日本語の特性に合わせて、「誰の責任か」を「誰の課題か」に言い換えた。これだと日本人は得意だ。
>そこから「課題の分離」と「共同の課題」という考え方が出てきた。
>つまり、「課題の分離」も「共同の課題」も、私が言いだした概念だから、アドラーやドライカースがどこかに書いているわけがない。

http://jalsha.cside8.com/diary/2016/02/21.html

271 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 18:41:40.59 ID:U5S4gfG+
>>268
自己受容の理解が違うんじゃないかな?
こんな自分の部分にも建設的な使い方があるんだなって自覚が自己受容なはずだよ
その時点で私的論理から離れて競合的ではなくなるので、向上心は大いに結構です

272 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 18:46:05.88 ID:nxZh7+De
>>270
ソース、ありがとう
でも、「責任の所在」でもよかったよね。責任の所在は色々な分野で使われる。実践的であるなら平易な言葉の方がいいね
「課題の分離」は如何にも誰かが無理矢理作ったような印象があったけどね

273 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 20:18:43.25 ID:T50ua74X
>>264
作った、というより、言い換えた、ってことですかね

274 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 20:37:49.24 ID:nxZh7+De
>>273
そうみたいですね

275 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 20:50:27.06 ID:jDoP0ldz
>>272
同意
責任の話じゃんと思って読んでたけど最初からそうだったのね

276 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 21:03:16.60 ID:MWpO8pw/
あれ?この流れでふと思ったんだけど
人生の課題ってライフタスク、つまりtaskだよね?
でも課題の分離で使う課題はresponsibility(責任)だよね?
てことは日本のアドラー心理学で使われる「課題」は、責任とタスクを混同させているってことになるのかな?

277 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 21:14:31.27 ID:nxZh7+De
>>276
責任と課題は混同されていても実践上は問題ないんじゃね
混同が問題になる場面はあるかな?

278 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 21:17:38.83 ID:jDoP0ldz
>>276
まあ責任範囲の分離っていった方がわかりやすくはる

279 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 21:32:49.45 ID:MWpO8pw/
あんまり問題ないような感じはするけどねw
ただ野田さんがアドラー用語を使う際の言葉のチョイスと定義には並々ならぬこだわりを感じるから、野田さん自身がどう説明してるのか知ってる人いるかなーと思って聞いてみた

280 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 22:07:12.03 ID:5pkbspRH
課題の分離が問題になるのは、自分と誰かの間で、タスクの分類が問題になるのは、関係性のカテゴライズの場面なので、個人的には混乱はしなかったですね

281 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 22:34:33.99 ID:DegCyhYH
>>271
自己受容と言いつつ変わりたいというのは矛盾でしかない
読者は所詮他者比較の世界から卒業などできない事を認識すべきである

自己啓発本コーナーの本に手を伸ばす程度の人間でありながら
他者比較の世界から卒業できましたなどと
簡単に言うべきではない

それこそ自己欺瞞であり何か悟ったふりである

282 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 22:40:24.55 ID:DegCyhYH
実際の会社や友人関係で課題の分離だか責任の所在だかを
定義する必要に迫られるシチュエーションって具体的に何なのかと

定時になったら帰ることとか
飲み会に行きませんとか
なんかそういうくそつまらんリーマンの愚痴レベルの話にしかならんよな

283 : ◆EuDxtIU3fs :2017/02/04(土) 22:47:16.25 ID:VOBW9xpp
共同体感覚といのは抽象的な概念であるところが良いですね
例えば最優先目標という抽象的概念が定まっていれば
それと他の欲求を天秤にして理性を働かせることができます
アリとキリギリスのアリは共同体感覚の持ち主だと言うことができますね

284 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 22:49:32.70 ID:z8M2TFXR
ぼっちの人ならどうかわからんが、
恋愛や結婚、育児、それから
責任あるおとなとして社会へ所属する
などしていれば、だれもが疑問に思うことだと思うな

それをそうと思わないのは、それはそれですごい人なんだと思うよ

285 :名無しを整える。:2017/02/04(土) 23:04:01.61 ID:DegCyhYH
>>284
要するにオレだけ良いように使われてるみたいな
くだらない被害者意識だろ
そういうのも含めてリーマンの愚痴レベルなのよ

286 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 00:18:17.14 ID:eaIHRJgU
目的論って、とりあえず根本原因はおいておいて、
目の前の症状が改善されたらいいじゃん、って考え方でよいか?
近年の臨床心理ではそれがメジャーらしいが、根本はアドラーの考え方だよね?
仮にそれがあってた場合、どうやって改善するためにアプローチするの?

目的論て、そうじゃなくて、
人は目的のために行動してて、すべての行動はその目的に向かっているということ?
目的が明確化されれば、
自分の行動がすべてそこへ向かって繋がっていることが理解できるということ?
さまざまな問題も、目的が明確化されればそのつながりから解決できるということ?

イミフ

287 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/05(日) 00:18:27.00 ID:ZO3rDA3C
>>276
そのへんは専門用語でゴチャゴチャさせないタメか何かで
あえてルーズにしてあるってどっかで見た気がするwうろ覚えだが
何れにせよ文脈から把握しなってことだろな

288 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 01:10:46.62 ID:DSa3DAE9
>>286
目的論はトラウマ否定のための考え方じゃね。あまり使わないね
トラウマはない、課題の分離、横の関係、
自己受容・他者信頼・他者貢献、共同体感覚を念頭に置く感じ
目的論はピンとこないね

289 : ◆EuDxtIU3fs :2017/02/05(日) 01:45:43.40 ID:ddxEZu/Q
アドラー心理学は全体を通して、非建設的な執着や依存から
離脱しようというメッセージがあると思います
何かの原因への執着することも結局本人がその先の目的の為に選んでることだし
承認欲求も他者への執着だし自己肯定や否定は正解への執着ですよね

個人的な理解ですが、承認欲求などの欲求を無くせということではなく
共同体感覚として俯瞰的に自己や全体をリフレーミングして
その感覚に準じた建設的な生き方の為に理性的に生きる為には
邪魔となる依存や執着の力を弱めていかないと辛いでしょって話だと思います

290 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 01:57:50.69 ID:u10TWELf
>>286
>>288
目的論は基礎概念だぞ
もっと具体的に言うとその目的とは対人における目的として捉えるんだよ(社会統合論)
ここでも何度か言われてる所属というのはそういうことだよね、簡単に言うと所属が目的と考えるんだよね
でどっちかっていうと問題なのは所属のための手段で、多くの人は他者と比較優位に立つために競合的な方法をとってしまう
この辺の手段は人それぞれでそれを幼少期に形成された世界観、ライフスタイルによっていろんな個性があるとしてる
これを横の関係を軸とした協力的な価値観である共同体感覚に照らし合わせた行動をとってみることによって、
「体感」として、今までのような方法をとらなくても所属を実感できることに気づいて味をしめるため、
新しいライフスタイルが形成される→症状が改善されるって論理だよ

291 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 04:49:08.70 ID:YFzq1qtW
美容整形する前に出会いたかった

292 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 08:16:10.13 ID:/k1THtts
>>291
今からでも遅くないですよ
自分を赦す。自分の過去を赦す。他人を赦す。全てを赦す。
幸せになりましょう。

293 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 12:14:55.78 ID:OthRQdng
>>292
赦すってどうやるの?

294 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 12:54:23.90 ID:JxPhWY0b
>>290
分かりやすい
アドラーからしたら目的論は特別ではなく当たり前で、協力が当たり前

決定論にして言い訳するための原因論や競争への執着が異常なだけで、その思い込みを解いてくれる

295 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 13:49:42.29 ID:OthRQdng
>>288
アドラーは人が過去に強い影響を受けてがんじがらめになっていることをむしろしっかりと認めている立場
「トラウマはない」って嫌われる勇気ではセンセーショナルに言い切っているけど、それよりも、トラウマに注目しても意味がないし建設的な選択によってトラウマは乗り越えられるって言い方の方がしっくりくるかな

296 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 17:30:59.92 ID:irxH20aC
>>290
横からだけどわかりやすい説明だった

297 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 17:46:17.92 ID:jHp9H7sw
アドラースレはいくら読んでも
実行した具体例が何も出てこないんだよね(笑)

ひたすら
「ウチの宗派の教義は素晴らしい」を繰り返し
「そのツッコミは愚か者の誤解である」などと称して
信者が勝手に自己都合解釈で応戦するだけなので

298 :修行中 ◆BTKpof06uc :2017/02/05(日) 18:19:55.90 ID:s4bPcvRG
>>297
うまくいってもいかなくても、忘れちゃうんですよね、報告したくても
しかもある程度時が経つと、問題の発見から解決までの時間が短くなってしまって、ますます記憶に残らない、と、こういうループに入ってしまっております…
何かお題を出してみれば、経験者のどなたかが書き込んでくれるかもしれませんよ…

299 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 18:28:29.07 ID:DSa3DAE9
自慢話は承認欲求が強い者がするもの。相変わらず、荒らしは承認欲求が強いね

300 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 18:38:19.58 ID:OthRQdng
>>299
知り合いではないよね?会ったこともない人の書き込みで承認欲求の強さを測れるの?

301 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 18:40:36.70 ID:OthRQdng
あと荒らしを擁護するわけじゃないけど具体例を挙げる事自体が自慢にはならないよね

302 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 18:44:32.32 ID:DSa3DAE9
>>300
わかるよ。いつもの荒らしだから。年齢・性別・未婚、既婚も大体わかる
何百回も書き込んでるからね

303 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 18:57:05.64 ID:OthRQdng
>>302
仮に何百回も書き込んでいるいつもの荒らしだったとして、承認欲求の強さがわかるの?それとも直接対話を重ねた事があるの?
俺10年近く毎日顔あわせて会話してる嫁がいるんだけど、最近嫁がソシャゲに30万円くらい課金してた事を知って驚きだったわ
ゲームしてるのなんて見たことないし興味もないものだと勝手に思ってたよ

304 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 19:04:50.22 ID:uwVsxV6p
ほう、>>297から拝借して
「その書き込みは愚か者の荒らしである」
と言ったところかね?

305 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 19:15:36.26 ID:DSa3DAE9
>>303
申し訳ないけど、あなたは他人の分析が不得意なようですね
私はアドラー心理学・通常心理学を用いて他人や芸能人の性格分析をしている。ただの趣味だけど
荒らしのプロファイリングくらいここの住民なら誰でも出来ますよ

306 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 19:54:55.27 ID:OthRQdng
>>305
なるほどそういうことであればあなたがわかると言っているのはアドラー心理学ではない別の何かなのですね
アドラー心理学は>>47にあるように認知論の前提に立つので
互いに信頼に基づく協力体制のもとでライフスタイル分析の手法をとらない限り自分の主観としての仮想でしかないつまり人か承認欲求の強いライフスタイルを持っているかどうかなんて言うのはの思い込みの域を出ないという立場だよ

307 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 19:59:09.76 ID:OthRQdng
>>306の後半の文章がごちゃごちゃなので訂正

互いに信頼に基づく協力体制のもとでライフスタイル分析の手法をとらない限り、自分の主観としての仮想でしかない、つまり人が承認欲求の強いライフスタイルを持っているなんて言うのは思い込みの域を出ないという立場だよ

以上です
いろいろツッコミを入れて失礼しました

308 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 20:41:25.73 ID:bCTWSrX7
http://plaza.rakuten.co.jp/thisman/

309 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 21:56:36.79 ID:V0ebZKJa
エックハルト・トールは言います。

不満はあら探しや反応と同じく、エゴの存在を支える境界や分離という意識を強固にするが、
同時にエゴの糧になる優越感を与えることによってエゴを強化する。
たとえば交通渋滞や政治家や「強欲な金持ち」や「怠け者の失業者」に対する、
あるいは同僚や元配偶者やいろいろな人たちに対する不満が
どうして優越感につながるのか、ちょっとわかりにくいかもしれない
実は不満を言っているときは、自分が正しくて
不満や拒否反応の対象である人や状況は間違っていると暗黙のうちに想定しているのだ。

310 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 21:57:37.49 ID:V0ebZKJa
エックハルト・トールは言います。

自分が正しいという思いほど、エゴを強化するものはない。
正しいというのは、ある精神的な立場(視点、見解、判断、物語)と自分を同一化することだ。
もちろん自分が正しいと言うためには、間違っている誰かと比較しなくてはならない。
だからエゴは自分が正しいと思うために、好んで誰かが間違っていると決めつける。
言い換えれば、自分という意識を強化するためには、誰かが間違っていなくてはならない。
間違っているのは人だけではない。ある状況も、不満や拒否反応を通じて間違いだと決めつけられる。
「こんなことは起こってはならない」というわけだ。
自分が正しいなら、間違っているとか欠陥があると判断される人や状況に対して、
自分が倫理的に優越していると思うことが出来る。
その意味でエゴは優越感を欲し、優越感を通じて自らを強化する。

311 :名無しを整える。:2017/02/05(日) 23:28:06.63 ID:gHPNS6+L
課題の分離とかそうそううまく行くのかな?

人は関係性の網の中点として存在してる

ABCDEFGの各人は相互の関係性で集団として
成立してる。

AがそれはBの課題とBの課題に関与せずに

もしBの課題解決が遅れたらそれはCの課題

解決にも影響が出る集団としての会社の業務は

Bの課題解決が遅れたらそれは集団としての

課題解決が遅れることを意味する。

納品が送れることは許されないならBの課題解決に

皆が協力するという関与は避けられないだろ。

個人心理学だから関係はなさそうだが集団の問題

解決には不適格かもな。

312 : ◆EuDxtIU3fs :2017/02/06(月) 00:35:22.94 ID:Yq/etmpP
>>311
企業組織では役割分担を考えれば理解しやすいのではないでしょうか?

313 :名無しを整える。:2017/02/06(月) 00:55:55.74 ID:yX8Igpvv
>>312
集団の中の個人には適用が難しいなアドラーは。

皆がアドラーであっても個人にはなにが起きるか
分からんからね。

もし何か事故でも起きたら他のアドラーが

その役割を担わないといけないでしょう。

314 : ◆EuDxtIU3fs :2017/02/06(月) 00:57:35.51 ID:Yq/etmpP
>>313
課題の分離と協力関係は相反するものではないのでそれで良いと思いますよ

315 :名無しを整える。:2017/02/06(月) 02:20:01.01 ID:Oesx3QHO
共同体感覚は宇宙まで含む。日曜に宇宙の番組やってたんだが宇宙は単一ではなく、
どうやらマルチバース(複数宇宙)まであるらしい。そこで宇宙の中で上手い具合に行った宇宙で
天体を含む銀河が誕生すると。中々、壮大な話だった

316 :名無しを整える。:2017/02/06(月) 12:24:36.62 ID:4sLDzP3Z
>>311
それをアドラー用語で共同の課題っていうんじゃない?
あと個人心理学の個人ってそういう意味じゃなくて全体論のことじゃないかな?

317 :名無しを整える。:2017/02/07(火) 00:25:15.74 ID:fBXD6DKL
アドラーもそうだけど個人が確立できない日本では
西洋で確立できたものはそのまま通用しないって事がある。

318 :名無しを整える。:2017/02/07(火) 00:37:08.71 ID:Vk1m1tzq
しかし、お前は苦しい人生生きてるな。もっとも、お前がそれを選んだわけだが

319 :修行中 ◆BTKpof06uc :2017/02/07(火) 00:51:04.20 ID:he0t+gEW
野田さんが言うには、アドラー心理学は東洋では西洋的だといわれ、逆に西洋では東洋的だといわれるそうですよ
だから、どこで受け入れやすいとか難いとかあまりないそうです

320 :名無しを整える。:2017/02/07(火) 09:11:14.06 ID:yb93yG4g
エックハルト・トールは言います。

単純で検証可能な事実の場合は別として、
「正しいのは私で、あなたは間違っている」という確信は、
個人の人間関係でも、国家や民族、宗教同士でも危険だ。

321 :名無しを整える。:2017/02/07(火) 09:11:32.14 ID:yb93yG4g
エックハルト・トールは言います。

だが「正しいのは私で、あなたは間違っている」という信念はエゴが自分自身を強化する方法のひとつで、
精神的な機能不全であり、人間同士の分裂と抗争が終わらない原因であるなら、
ふるまいや行為や信念には正しいも間違いもない、ということなのか?
そうなると、まさにキリスト教関係者がこの時代の最大の悪だと批判する
倫理的相対主義(人間行動の指針となる絶対的真理などないという考え方)に陥りはしないか?

322 :名無しを整える。:2017/02/07(火) 09:12:14.39 ID:yb93yG4g
エックハルト・トールは言います。

もちろん、真理は自分たちの側にのみ存在する、
つまり自分たちだけが正しいという信念は、行動ふるまいを狂気のレベルにまで堕落させる。
そのことはキリスト教の歴史そのものが如実に示している。
教会は何世紀ものあいだ、自分たちの教義や聖書(あるいは「真理」)の狭い解釈と
わずかでも違う意見を持つ者を拷問にかけ、火あぶりにし、
この行為は正しい、なぜなら犠牲者たちは「間違っている」からだ、と考えてきた。
犠牲者たちはとんでもなく間違っているから殺されなければなからなかった、というわけだ。
「真理」は人の生命よりも重要だとみなされたのだ。
ではその「真理」とは何なのか?
あなたが信じるべき物語、つまり思考の塊である。

323 :名無しを整える。:2017/02/07(火) 09:12:52.50 ID:yb93yG4g
エックハルト・トールは言います。

カンボジアの独裁者ポル・ポトが殺害を命じた百万人のなかにはメガネをかけている者全員が含まれていた。
なぜか?ポル・ポトに言わせれば歴史のマルクス主義的解釈が絶対的な真理であり、
その絶対的真理のポル・ポト版によると、
メガネをかけている者は教義のある階級、ブルジョワ、農民の搾取者だからである。
新しい社会秩序をつくるために、彼らは抹殺されなければならない。
ポル・ポトの心理も思考の塊だった。

324 :名無しを整える。:2017/02/07(火) 09:13:15.68 ID:yb93yG4g
エックハルト・トールは言います。

カトリックその他の教会が、倫理的相対主義を現代の悪の一つと批判するのはなるほど正しい。
だが、絶対的真理はあるはずのない場所に探しても見つからないだろう。
あるはずのない場所とは、教義、イデオロギー、規則、物語などだ。
これらに共通しているのは何か?思考からできあがっているということである。
思考はうまくいけば真理を指し示すが、決して真理そのものではない。
だから仏教では「月をさす指は月ではない」と言う。
すべての宗教はどれも誤りでありどれも真実で、どちらになるかはどう活用するかで決まる。
エゴの強化に役立てることも、「真理」のために役立てることも可能なのだ。
自分の宗教だけが「真理」だと信じているなら、それはエゴの強化に役立てていることになる。
そうなると宗教はイデオロギー化し、優越感という幻想を生み出し、人々の間に分裂や紛争を引き起こす。
「真理」に役立てれば、宗教の教えは目覚めた先輩たちが残した道標、地図となってスピリチュアルな目覚めを、
つまり形への同一化からの解放を助けてくれるだろう

325 :名無しを整える。:2017/02/07(火) 09:13:28.62 ID:yb93yG4g
エックハルト・トールは言います。

絶対的な「真理」はただ一つで、その他の真理はそこから派生している。
その「真理」を見出したとき、あなたの行動はすべて真理に沿ったものになる。
人間の行動は「真理」を反映することもあれば、幻想を反映することもある。
「真理」は言葉で表せるか?表せる。
だが、もちろんその言葉は真理そのものではなく、真理を指し示すにすぎない。

326 :名無しを整える。:2017/02/07(火) 09:14:07.94 ID:yb93yG4g
エックハルト・トールは言います。

その「真理」はあなた自身と切り離せない。
そう、あなたが「真理」なのだ。
よそに真理を探していたら、きっとだまされ続ける。
あなたという「存在」、それが「真理」だ。

327 :名無しを整える。:2017/02/07(火) 11:25:19.47 ID:opOOVyKd
レス番飛びすぎw

328 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/07(火) 18:54:47.20 ID:pTcjrqJL
ドラマ2話以降見てないんだが、見る価値あるかね?w

329 :名無しを整える。:2017/02/07(火) 20:10:03.39 ID:lzgfL6Ee
>>328
香里奈が好きなら!

330 :名無しを整える。:2017/02/07(火) 21:38:44.18 ID:MfkE71ap
>>24
ところでやたらと遅レスなんだけど、なぜドライカースは共同体の定義を人類に限定してしまったのかな?
それよりも宇宙の全体の統一意識みたいな言い方でもした方が自己受容=他者信頼=他者貢献も納得しやすいと思うんだけどな

331 :修行中 ◆BTKpof06uc :2017/02/07(火) 22:11:28.69 ID:QtH3doSH
>>330
はい、一番広い定義ですと、共同体感覚の範囲は、およそもっとも過去から未来に至る、全宇宙の全ての事物を含む定義だそうですから、なかなか鋭いご指摘だと思います

332 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/07(火) 23:16:37.04 ID:pTcjrqJL
>>330
万物への貢献まで広げて話をつめると環境保全運動も含まれてくるからなw
ドライカースは教育家なんで
その為にも家庭、学校で社会参加の中で発揮されるアドラーを既定路線にしたんだろと俺は思ってるわ

333 :名無しを整える。:2017/02/08(水) 08:56:32.40 ID:yjd9t8RD
>>331
褒めるなよ

334 :名無しを整える。:2017/02/08(水) 13:09:55.19 ID:G28qiegi
>>331>>332
なるほど自己都合だけどわかったような気がする
個人の意識や無意識、心や身体に対立や葛藤がないとする全体論と同じく
自己と他者の間にも対立や葛藤があるというのは思い込みで、共同体全体か全体論としてそれぞれ協力し合っていると捉えるって説明を聞いて
なら境界線を作らずに一切全てを共同体としてしまった方がわかりやすいと思ったんだが
教育とか実際の現場に落とし込む時に、相互信頼、相互貢献と言われて実践していこうとしても、人間同士じゃない他の生物や無生物を考えてしまうと逆にわかりにくくなってしまうんだろうな
共同体感覚を体験させるための方便というか
課題の分離も方便だと思うと良いのかもね

335 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/08(水) 14:47:16.90 ID:XZZyL5te
そーだ、課題の分離も方便だ
これまで過干渉してた親へいきなり『子供を信頼しながら放置しなさい』なんて言っても無理w
過干渉の癖が信頼という言葉を心配にすり替えて何も言わずとも表情や態度に干渉が滲み出る
そうじゃなくてそんな親には『それは貴方の課題ですか?』とクールに尋ねる
なぜか?親が課題の混同にショックを受けて干渉を表面でなく根本から辞めれば
そのうち子供本人の人生はキホン、本人が味わって進めていくしかないしソレだからこそ沢山学べることを『親が現実から学ぶ』からだわな
これで不純物無しの信頼が可能になって次のLevelに上がれるんで
ここまで来れば『貴方の課題ですか?』は疑似餌であって
全ては『子供を信頼しながら放置しなさい』Levelに『親の頭だけでなく体ごと』引っ張り上げる為のルアー釣りだったのだと理解する
かの如くアドラー心理学の方便には注意されたし

336 :名無しを整える。:2017/02/08(水) 16:01:12.49 ID:XoiU03UR
褒めない叱らないも横の関係の意識を育てるための方便だよな
本質を見失わないことが大事

337 :名無しを整える。:2017/02/08(水) 16:23:44.77 ID:jY1/S7K/
子育て以外でもアドラーは使えるだろ。とかく人間は過去、未来の事を妄想して脳が暴走しがち
そこで課題の分離、無意味な思考を停止して今ここの課題に集中する。自分は課題の分離は瞑想的に使っているよ

338 :名無しを整える。:2017/02/08(水) 16:28:37.33 ID:qvlCyU2s
>>336
そうだね
要は「評価する」「評価される」ことばかり重要な関係で支配が起きるのが問題だということ

339 :名無しを整える。:2017/02/08(水) 16:32:53.35 ID:qvlCyU2s
>>337
そうか「課題の分離」は「今の自分が取り組む課題」に集中するためだということが大事だね

責任の回避や面倒なことを切り捨てること自体が目的ではないと

340 :名無しを整える。:2017/02/08(水) 16:39:08.55 ID:RNlFomFY
課題って要は目的目標のことだろ。
それぞれ個人が集団内での個人目標と集団目標の
一致をはかるってことだろ。
目標の設定が難しいけどな。

341 :名無しを整える。:2017/02/08(水) 16:52:26.40 ID:XoiU03UR
課題って私は共同体の一員だという感覚、共同体は私のために役に立ってくれるという感覚、私は共同体のために役立つことができるという感覚の育成じゃない?

342 :名無しを整える。:2017/02/08(水) 18:01:29.03 ID:jY1/S7K/
課題は何でもいいのでは。仕事のタスクになる事もあるだろうし、趣味、読書・絵を描く・
映画鑑賞・ボランティア活動等。松岡修造はアドラー的な人だよね。今ここに集中するという生き方。
蕎麦屋では全力で食べる事に集中、映画を観る際にも全力で映画を観る、もちろんテレビやテニスコーチの仕事も全力

343 :名無しを整える。:2017/02/08(水) 20:09:05.06 ID:jY1/S7K/
野田さんと岸見さんはやや対立関係なのか。このスレでも数人は野田派なのかな
自分は嫌われる勇気二部作しか読んでないから岸見さんのアドラー心理学しかわからないが
嫌われる勇気が爆発的に売れたので嫉妬があるのかな
どうでもいいドラマ嫌われる勇気批判に野田さんの狭量さを感じる。フジテレビがまともなドラマを作れるわけないだろうに

344 :名無しを整える。:2017/02/08(水) 21:29:01.82 ID:HWjkwrZY
>>343
読んでみるといいよ、ほい

https://www.amazon.co.jp/%E6%80%A7%E6%A0%BC%E3%81%AF%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B-%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E3%82%92%E8%AA%9E%E3%82%8B1-%E9%87%8E%E7%94%B0-%E4%BF%8A%E4%BD%9C/dp/4422116312

そんなに堅苦しくない対話形式だから
本当に対立してるのか狭量なのか、スレ民の反論を聞くよりはわかるんじゃないかな?

345 :名無しを整える。:2017/02/08(水) 21:46:26.58 ID:jY1/S7K/
>>344
今、野田さんのブログ読んでるよ。野田さん、ネトウヨだよね。アパホテルの社長とも知り合いなんじゃね
中々の痛い人物じゃないか。アドラー心理学会の創立者であり、Twitterフォロワー約400人か

346 :修行中 ◆BTKpof06uc :2017/02/08(水) 21:59:09.58 ID:koYlcwGg
>>345
野田さんは十何年か前まではかなりのリベラルでしたよ
よくある話ですけどね
そのあと次第に保守になられました
(保守化したのは私の方が先でしたが笑)

347 :名無しを整える。:2017/02/08(水) 22:12:11.31 ID:jY1/S7K/
>>346
ブログはチベット仏教の話ばかりだが、これは理解できる。日本人なら仏教とアドラー心理学を
組み合わせるのが自然ではないか。しかし、ドラマ嫌われる勇気批判には閉口させられる
ドラマはドラマ。アドラー心理学とは違うだろうに。ちなみに、小説家はドラマ化・映画化の際に文句はつけない人が大半
別物だからと

348 :名無しを整える。:2017/02/08(水) 23:18:15.08 ID:RNlFomFY
しかし西洋で誕生した心理学の3つの学派が全て仏教と類似性を
持つというのが不思議。ま、仏様だからなここには及ばないのは仕方がない。

349 :名無しを整える。:2017/02/09(木) 11:48:32.73 ID:/1mO4QWv
>>348
真理なんだろうね。森田療法や認知行動療法なんかも仏教を含んでるからね。

350 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/09(木) 12:39:20.61 ID:JL5hG9Rd
瞑想勉強会でもやるかw

351 :名無しを整える。:2017/02/09(木) 15:10:14.65 ID:Iqi+UqdJ
>>343
嫌われる勇気なんかのアドラー心理学を自己実現の後押しに利用しようという風潮が流行りつつあるけど本質とそれてるように思うんだよな
誤解が広まってしまうようで口を挟みたくなってしまう気持ちはわかる気がする
どこまでいっても共同体感覚の体験、育成が目的だと思う

352 : ◆EuDxtIU3fs :2017/02/09(木) 15:43:11.43 ID:s8G406Gj
>>351
目的地は自己実現じゃなく共同体感覚の体験、育成だとするのにも目的がある様に思います
結局はそれぞれが目的地に向かう支えとなる杖の役割だということではないでしょうか

353 :名無しを整える。:2017/02/09(木) 16:05:13.95 ID:Vn84wrk9
>>352
共同体感覚育成を本願とすることのミソは、具体的な理想とする目的に向かうことが「実」ではなく「仮」になることで、達成できていない不完全な自分に苦しまなくなることだと思う
本当に達成できるかにこだわらず道中を楽しめる
この違いは大きい

354 :名無しを整える。:2017/02/09(木) 16:18:57.58 ID:Wuj+nb/h
嫌われる勇気読んでも自己実現には向かわないだろ。承認欲求を捨てさせて共同体に埋没させる話だから
小市民になって地味な幸福に満足させるイメージ

355 : ◆EuDxtIU3fs :2017/02/09(木) 17:22:36.11 ID:+cD5Ils9
>>353
なるほど、その様な考えをお持ちなんですね
俺の場合、共同体感覚の育成を目標とするのはあくまで
アドラー心理学を取り入れる上での目標であり
みんなの人生の目標とするのは過大な捉え方だと感じます
個人がそれを目標とするのは自由だと思いますけどね

というのも、共同体感覚は相対的価値基準であり、
絶対的価値基準とすると考えの違いを排除すふ宗教になってしまって矛盾するし
宗教などを包括して共同体への貢献価値を点検する項目でもあるからです

356 :名無しを整える。:2017/02/09(木) 17:44:47.05 ID:Wuj+nb/h
ちょっと本屋に行ったらアドラー心理学の本多いな。特に漫画アドラー心理学とか
和田秀樹も参入してる。共通してるのは下手な漫画と堅苦しい理論的なアドラー心理学入門
あれじゃ売れないね。漫画なら全編漫画で徹さないと。漫画と文章のページがお互いを潰し合ってる。
しかも、高齢者は漫画入りを買わない。改めて「嫌われる勇気」の読み易さが光る

357 :名無しを整える。:2017/02/09(木) 17:51:43.25 ID:Vn84wrk9
理想に絶対的価値を持たせないための話なんだけとな
違う話になってるしまあいいや

358 :修行中 ◆BTKpof06uc :2017/02/09(木) 18:19:30.61 ID:2y6bHM0e
選ぶのはご本人ですからねー
ちっさいうちからそれに馴染ませて育てた子供は面白いですよ
大人の何倍も早いの、成長も決断も行動も!

359 :名無しを整える。:2017/02/10(金) 04:14:24.60 ID:ti503fNp
>>353
かなり納得したので文章をコピーさせて貰いました。THX

360 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/10(金) 08:09:35.34 ID:28EOy9Rt
ドライカースの『勇気づけて躾ける』は良書だわ
アドラー的な協力と勇気付けの具体事例が徹底的に書いてあるぞ
こいつは推薦図書だな

361 :名無しを整える。:2017/02/10(金) 11:22:31.52 ID:28EOy9Rt
[個人撮影] 元カレについていった妻が...

http://www.my-wife.net/

362 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/10(金) 12:04:56.18 ID:O8P2XgQq
なおIDは被っているが361は俺ではないw

363 :名無しを整える。:2017/02/10(金) 16:10:35.05 ID:3SjePdW5
元カノの人妻を勇気づけて躾ければいいのですね

364 :名無しを整える。:2017/02/10(金) 17:15:31.12 ID:ti503fNp
AVくらい誰でも見るでしょ

365 :名無しを整える。:2017/02/10(金) 19:18:03.15 ID:LXJ5+T1J
ドラマに物言いをつけたみたい

日本アドラー心理学会
http://adler.cside.ne.jp/
株式会社フジテレビジョン 『嫌われる勇気』製作責任者御机下
http://adler.cside.ne.jp/common/pdf/fuji_tv.pdf ※pdf

簡単に問題点を指摘させていただきますと、そもそも「勇気」とは、「勇気とは共同体感覚のひとつの側面である」(アドラー)と言われておりますように、「共同体感覚」と関係して理解されております。
「共同体感覚」とは「共同体感覚は、人々が相互に理解し合い、一致に到達し、
意見や信念を分かちあうことを可能にするものである」(ヘレーネ・パパーネク)と言われるように、他者と共同し協力して生活する能力のことを意味します。
しかるに、ドラマ『嫌われる勇気』の中では、たとえば「私はただ、感じたことを口にしているだけ」と言っている主人公を「ナチュラルボーンアドラー」としているなど、
「相互理解のための努力」や「一致に到達する努力」や「意見や信念を分かちあうための努力」の側面を放棄しているように見受けられます。

366 :名無しを整える。:2017/02/10(金) 19:32:23.66 ID:ti503fNp
>>365
とうとう岸見さんの頭越しに戦争始めたか。ドラマごときに文句付けてどうする
他のメディアの取材受けてアドラー心理学の本丸は我々であると宣言するつもりか
アドラーブームでも岸見さんの本しか売れてないからね

367 :名無しを整える。:2017/02/10(金) 19:41:28.89 ID:/Xfa36qd
>>361
これはアウト

368 :名無しを整える。:2017/02/10(金) 19:43:10.51 ID:LXJ5+T1J
>>366
「岸見一郎氏にご事情を伺った上で、貴社に本状をお送りすることをお伝えしております。」
と、リンク先の冒頭のほうに書いてあるが、具体的にどんなやり取りがあったかは分からない。
合意したとは書かれていないから、字面通りに解釈するなら「送りますよ」と一方的に通達したように見える。

369 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/10(金) 21:26:39.23 ID:36xg8Ivz

要するに学会のはテンプレの課題の分離と同じ危惧をしてるワケよ

370 :名無しを整える。:2017/02/11(土) 11:31:18.62 ID:Ss316FWg
課題の分離を盾にして学会のザコに過ぎなかった岸見が増長三昧、
出版社もテレビ局も曲解しまくりだからなー

ここらで文春が岸見のスキャンダルでもスッパ抜けば
安易なアドラーブームもめでたく崩壊♪

岸見なんてのはもともとがまともな社会人ですらないし
唯一の金銭的成功で浮かれまくってるから
スキだらけだろう

371 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/11(土) 14:55:24.87 ID:+FfohgNd
嫌われる勇気は良い本だと思うぞ
ただしそのままで次のLevelに進まないとヤバイかもしれん
課題の分離の釣り針が口に刺さったまま歩いてる人が散見されるw
それで、アドラースレは代々このテンプレを継承しておるのだよ
ドラマが怒られてるのはその辺を完全にやらかしてるからだ

372 :名無しを整える。:2017/02/11(土) 17:04:00.91 ID:yEzplY19
>>371
原作はインパクトあるタイトルにしたかったかららしいけど、共同体感覚の入り口だということを忘れてしまう人が多いんだろうね
「協力」の意識を持った上での課題の分離なのに

373 :名無しを整える。:2017/02/11(土) 17:34:08.26 ID:cWehgTbe
原作の嫌われる勇気はまず書店でのインパクトを狙っただけで内容的にはそれほど出てこない
ドラマの主人公がああいうキャラクターになってしまったのは仕方がない
エンタメにはそういう齟齬は付き物で警視庁は刑事ドラマを批判したりはしない
自分たちの仕事とは違うファンタジーだと理解しているからだ
結局、野田氏がどうかしてるだけ

374 :名無しを整える。:2017/02/11(土) 17:42:05.30 ID:e6IgJrw3
急に野田さん大嫌いになっちゃったなーこの人
賞賛の要求にケチつけられてスレ民との権力争いを経て復讐に転化しちゃった風

375 :名無しを整える。:2017/02/11(土) 18:00:10.92 ID:Ss316FWg
>共同体感覚の入り口だということを忘れてしまう人が多いんだろうね

自己啓発本マニアのような層は
会社や組織への不満や復讐心を満たすようなカタルシスを求めてるわけで
共同体感覚なんぞどうでも良いのだよ

岸見や古賀は明らかにカタルシス優先w
そうしなければアホは本など買ってくれないのだ

376 :名無しを整える。:2017/02/11(土) 18:47:44.68 ID:Inka9DTi
共同体感覚は吉本などが言う共同幻想と同じものなのか?
共同幻想は成立すると成員に対して抑圧的に働かないか?
アドラーは個人主義が確立した西洋の人だから同じにはならんと
思うがそこらへんどうなんだろ。

377 :名無しを整える。:2017/02/11(土) 19:28:45.11 ID:hqExePYF
>>376
共同幻想について勉強不足ではあるけど自分の知識の限りだと違う気がするな
共同幻想っていうのは共感されるそれぞれの個人信念によって形成される共同体って印象で
共同体感覚は共同体の境界線を設けずに相互尊敬、相互信頼、相互貢献によって社会が成り立っていることに実感として気付く〔パラダイムシフトする)ものって印象

378 : ◆XlGyrhgCZI :2017/02/11(土) 23:11:22.04 ID:l4Mfm84P
共同体感覚は個人の信念の中に育成する社会参加の感覚だと思ってるな
たとえば「貢献したいなあ」とか「協力したいなあ」とかいう台詞が自然に頭のなかに浮かぶような個人の状態を指すと思う
自然と周囲の人と協調していい関係をつくろうと努力するので、人を幸福にしやすいし自分もなりやすいという効能がある
対義語は自己執着でひどく言ってしまえば自分のことにしか興味がなくて、利己的な状態だね
たとえばボランティア的なことに参加して「自分が幸せになりたい」の方が強くて、自己犠牲と欺瞞を感じて疲れてしまうなら、それが自己執着
まあ誰にでもあることだとは思うけどこの感覚を共同体感覚によせて暮らしやすくしようというのがアドラーだと思う

俺の実践としては、モザクが提唱したライフスタイル論↓を意識してきたな
「自己概念=自分自身についての信念/世界像=外界についての信念/自己理想=自分の理想」
これらのポイントに対応する形で共同体感覚の側面となる認知(自己受容、他者信頼、貢献感)をあてる
「自己概念には自己受容/世界像には他者信頼/自己理想には貢献感」

たとえば日常生活でふとイライラするような際には、感情の目的を分析する
すると「勝たねば自分には価値がない」というような競争意識が出てきて「自己概念で競合的な点が出てきてるな」と分析する
次に対策では「じゃあ嫌われる勇気から理論を拝借してみるか」ということで、
「この世は人々が同じ平原を色んな方向に進んでいる状態であって競争は最初から無意味だ」と自己受容的に唱えてみたりする
技法部分では自己教示法的に唱えて解決することもあれば、
ゲシュタルト療法の技法をもってきたり呼吸の仕方を工夫したりと様々な手段を使って協力的な生活と信念構築を目指す
こんな風に形成されるのが共同体感覚だと考えてる

379 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 07:03:00.10 ID:PDPg0jAi
岸見さんの新刊『幸福の哲学』の冒頭部分を全公開
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50771

わが子に「きみ」と呼ばれるなんて普通に考えると受け入れがたいが、
数多くの原著を翻訳してきただけに、アドラーの思想を愚直に実行した人なんだろうな

380 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 08:52:41.51 ID:Hyc3Pl0D
>>378
なげえよ
共同体のためを思うならもっと短く読みやすくしろよ

381 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 08:55:55.64 ID:Hyc3Pl0D
>>378
長々と誰も求めていない自己主張をするお前は自己執着状態に在るぞ

382 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/12(日) 09:19:36.76 ID:Gdw6LvD2
呼吸法いいよな
ストロー呼吸はオススメだぞ

383 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 10:59:18.00 ID:ZIJxa6KG
>アドラーの思想を愚直に実行した人なんだろうな

岸見自身はもともとファッション左翼のような糞リベラル志向なんだろう
アドラー説はそういうのと親和性が高い部分が多いので

384 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 11:09:56.30 ID:ZIJxa6KG
団塊ファッション左翼や糞リベラルが
アドラー説を自分に都合よく読み替えて
欲求不満のバカ層を煽る商売にしたのが岸見版の「嫌われる勇気」であった

385 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 11:11:10.15 ID:PDPg0jAi
初心者なんだろうがこの全角引用符イラッとくるなw

386 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 11:21:32.39 ID:ZIJxa6KG
家族の上下関係否定なんてのは
糞リベラルを超えて極左の思想とかぶるからな

387 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 11:45:41.05 ID:ZwLs8hvk
>>380
難しいことは書いてないからちゃんと読んでみ
この辺のことがスレ民で共有されればトンチンカンなツッコミが減って建設的な議論ができるのになとは思う

388 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 11:50:32.10 ID:ZIJxa6KG
>>378はあくまでも個人的なアドラーの解釈でしかないからな
個人的な解釈が個人の数だけ可能だから
建設的な議論などとイチビッてみたところで
個人的解釈の押し付け合いにしかならない

389 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 11:55:09.68 ID:ZwLs8hvk
>>388
基準は簡単だよ
基本前提を押さえてるかどうか

390 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 11:55:12.40 ID:p5u1RUA5
ここは心理学板ではなく自己啓発板だから住人には難しかったのでは

391 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 12:00:19.78 ID:ZIJxa6KG
定義があいまいだし
実践における自己裁量部分が大きい

厳格な基準は原因論否定だけ

392 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 12:01:46.22 ID:8QCVhhGQ
Kick me game

393 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 12:21:57.37 ID:CqKKyajL
>>390
そいつは心理学板のほうでも煽ってる

394 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 12:38:25.24 ID:ZwLs8hvk
>>391
基本前提は採用する立場の話で定義の曖昧さとかないからw
共同体感覚の話かなんかと混同してる?
まいっか

395 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/12(日) 12:50:39.77 ID:kpuDiVF/
ちょっと前に課題の分離の技法化が日本由来だと書いたんだが
正確には技法化自体はドライカース発で日本で翻訳表記されたというのが詳しい経緯だとのこと
>>270
自己訂正しとく

396 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 12:52:39.57 ID:ZIJxa6KG
>>394
>定義の曖昧さとかないからw

「基本前提」ってのが定義だろと

この「基本前提」からして曖昧なのだよということ

397 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 13:49:03.62 ID:cQG/B+Df
そのうち絶対ウヨサヨ言う人たち出てくると思ったw
岸見さんの本を通して読むと、全世界への共同体感覚とか、
ちょっとサヨ的な世界市民的な感覚もあるが・・・

取り敢えずウヨ気味の俺としては違和感なかったな。
むしろ、自己責任論に通じる課題の分離、に対しては、
過剰干渉が著しい左翼陣営から批判が多いと思うし。

共同体感覚について理想主義的な面があるのは、アドラーが到達すべき目標、
と掲げていることからして、なかなか難しい点があるのは承知の助。
これについてはウヨサヨ関係なく、素晴らしい理想だと思うんだがどうかな?

中学生の頃は朝日ジャーナル熟読して左翼に嵌って、今は翻ってチョット保守の俺(40代)の感想です。

398 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 14:33:14.57 ID:ZIJxa6KG
アドラー自身がまず
国家や企業や家族という共同体に否定的な見解を持ってるわけで
糞リベラルやアナキストが引き寄せられる要素がもとから存在する

私自身は別にウヨではない
ウヨだからサヨっぽいアドラー心理学や
それをさらに加工した岸見を否定してるわけではないので

399 :名無しを整える。:2017/02/12(日) 15:31:44.28 ID:O7VNAUz1
アドラーさんって社会主義に入れ込んでたんでしょ?

400 :名無しを整える。:2017/02/13(月) 03:28:35.21 ID:tKfKoC4+
社会主義活動やってたのは嫁さん

その縁でアドラーも短期間だけ参加したが幻滅して、政治ではなく教育に力を入れるようになった
アドラー心理学が教育にからめて語られることが多いのはそのため

401 :名無しを整える。:2017/02/13(月) 05:23:59.88 ID:pi4GE2bu
アドラー心理学は子育て・教育・神経症対策に有効な心理学だった。が、現在ではアングロ・
サクソン諸国のような各界の指導者を育てる可能性がある
今はただのベストセラーに過ぎないが、ここから日本・中国・韓国・東南アジアが
欧米に伍していく時代を創るのかもしれない

402 :名無しを整える。:2017/02/13(月) 11:47:48.89 ID:kpiW1IHF
>その縁でアドラーも短期間だけ参加したが幻滅して

横の関係で繋がった共同体が実践できるかと期待したが挫折したんだろ
つまりアドラーはアドラー的な共同体構築など現実的でないことを
悟ってしまったのだ

それゆえに共同体感覚?などという
おかしな概念をひねり出す必要に迫られたのだろう

403 :名無しを整える。:2017/02/13(月) 13:07:35.95 ID:AwtLr4JI
>>402
え?

404 :名無しを整える。:2017/02/13(月) 14:55:05.01 ID:5CMBNpU4
思い込みの激しい人なだけ
誰も本気にしてないから反応しないで流しとけばいい

405 :名無しを整える。:2017/02/13(月) 16:20:23.72 ID:UbLyAidE
>>377
だったらそれ仏教の縁起思想そのものだぞ。

406 :名無しを整える。:2017/02/14(火) 01:11:16.91 ID:eiTMhVz5
>>348
源流を考えるともっと古いかもしれないし、
仏教もまた元があるだろうし、さらなるきっかけも
あっただろうよ
何かから影響を受けるってのはそういうことさ、別に不思議でもないよ

407 :名無しを整える。 転載ダメ©2ch.net:2017/02/14(火) 04:27:18.51 ID:1tbKKKFq

板復帰(OK!:Gather .dat file OK:moving DAT 121 -> 103:Get subject.txt OK:Check subject.txt 121 -> 121:Overwrite OK)0.23, 0.35, 0.38
age subject:121 dat:103 rebuild OK!

408 :名無しを整える。:2017/02/14(火) 14:34:48.95 ID:JnLLbErG
社交不安で悩んで15年ぐらい
今までのどの社交不安の参考書の考え方よりも納得がいった
俺は絶対アドラー心理学で治してみせるぞ

409 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/14(火) 15:31:54.43 ID:UIja+/IQ
意気やよし
その判断は正解だと思うぞ

410 :名無しを整える。:2017/02/14(火) 17:08:50.80 ID:/I1uVP3s
褒めなくていいから

411 :名無しを整える。:2017/02/14(火) 17:18:42.68 ID:Sa/3Sx/v
自分の人生の中で1番いい本だった

412 :名無しを整える。:2017/02/14(火) 18:19:38.60 ID:JnLLbErG
>>408
まだ嫌われる勇気3章までしか読んでないけど
一番衝撃だったのは自分と他人の課題に分ける所だったよ
社交不安って他人の評価思考を病的なまでに気にする病気だから
凄く納得できたし救われたよ

413 :名無しを整える。:2017/02/14(火) 18:25:19.92 ID:VHbZqT2g
>>412
よかったですね!

414 :名無しを整える。:2017/02/14(火) 19:34:27.59 ID:JnLLbErG
>>413
まだまだこれからです
理論が分かったら今度は今まで20年前後やり続けたネガティブ思考のクセを直していかないと
実践あるのみです

415 : ◆XlGyrhgCZI :2017/02/14(火) 23:36:28.86 ID:hrNHiLFd
独学なら、>>1にある、推薦書籍→学会のページにあるパセージテキストの順に揃えるのがいいと思うな
俺は書籍を繰り返し読んで概論を押さえて、パセージテキストで実践のコツを学んで、専門家の話が分かるようになったよ
ここにきて専門家が本では完全には学べない学べないと念仏のように繰り返してるのが効いてきて、いよいよ諦めて会合を調べ始めてるけどね

アドラー心理学にはエピソード分析という手法があって、これは独学でもパセージテキストで学習できるんだけど、この手法が個人生活でしっかり使える
アドラー心理学が考える人間行動モデルは、1)人がある問題への劣等感を感じたとき、2)問題の解決イメージが生まれ、3)それを解決するための行動を起こす、という形式になってる
この「3) 解決するための行動」が何らかの言動であったり、あるいは感情であったり、体調の異変、神経症だったりするんだけど、アドラーだと、この「3) 解決するための行動」を対処行動と言う
相談者に何らかの症状があるときには「個人の考えと社会の常識の間に食い違いがあってその矛盾を症状という対処行動によって解消しようとしている」と言う
要するに、社会から個人へのある要請があって、個人の方にその要請への拒絶があった場合なんかに、それを拒絶するための症状が出ると考える(全体論)
次にアドラー的治療では、上述した「1)ある問題への劣等感」「2)問題の解決イメージ」の傾向を調べて、
対策を練り上げ(何が問題なのか/実際そうか)、より社会に馴染む対処行動を提案する
これがアドラー心理学のカウンセリング(エピソード分析)で、さらに根深い深層まで潜っていく方法を心理療法(ライフスタイル分析)と呼び分けるらしい

俺は実践としていつもこのエピソード分析を使ってるけど、個人生活でできるし慣れると本当に便利だよ
でも細かいコツは書ききれないので興味があったら、学会財政にささやかな貢献だと思って諦めてテキストでがっちり確認してね(笑)

416 :名無しを整える。:2017/02/14(火) 23:42:28.91 ID:/I1uVP3s
岸見さんの勇気シリーズ二冊でいいよ。変に理論覚えても東西の組織が対立してるのが現状だから

417 :名無しを整える。:2017/02/15(水) 09:16:30.33 ID:zrMk19bk
>>415
アドラー的治療は認知行動療法にも通じるね
先週から行き出した精神科に今日行くけどアドラー心理学が自分に合ってる気がします、治療に一緒に使えるかどうか質問してくる

418 :名無しを整える。:2017/02/15(水) 14:09:42.47 ID:m/OT0WVV
岸見の勇気シリーズは
なんだかんだで
会社や組織や親への不満を煽ってるだけなので
本来のアドラー心理学からはズレている

アホどもに売らんかなで軽薄に作った駄本である

419 :名無しを整える。:2017/02/15(水) 14:18:01.47 ID:6ldlc3xY
岸見アドラー学って子供から大人になろうって話だと思う。

万能感にすがってるから責任範囲が広がって苦しい。
他人が自分をどう思うかまで支配できると思うから。

劣等コンプレックスも言い訳使って万能な自己イメージを守るためだし。

420 :名無しを整える。:2017/02/15(水) 14:26:40.12 ID:m/OT0WVV
「変われないのは言い訳だ」っていうのは
何やらものすごくキツイことを言ってるようだが

結局は「キミには可能性があるんだ!諦めるな!」っていう
気休めの提供だからな  この辺が自己啓発本なのだよ

本当にキツイやつは
お前に可能性なんかあるわけねーだろ?アホか?とズケズケ言い放つ

421 :名無しを整える。:2017/02/15(水) 14:56:38.11 ID:hQeiWbYy
>>419
なるほど

422 :名無しを整える。:2017/02/15(水) 15:32:16.88 ID:hQeiWbYy
90年代に宮台真司が、万能感を持っている子供はダメだと断言していたがアドラー心理学を
知ってたんだな。弱い自分を認識して初めて他者貢献という考えも出てくる

423 :名無しを整える。:2017/02/15(水) 15:34:29.51 ID:zrMk19bk
うつ病の人にはキツく映るのだろうか?
社交不安長年苦しめられてる無職だけど
この本みて落ち込むどころかイチイチ納得したよ

424 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/15(水) 17:55:13.48 ID:MGAZCTAu
言い方だわな
何でもかんでもズバッと言うワケじゃなし

425 :名無しを整える。:2017/02/15(水) 18:12:25.96 ID:6ldlc3xY
>>420
本では変われないのは言い訳なんて言ってないよ

本心では変わるのが怖いから言い訳用いて変われないようにしてるって指摘してる

そして変わるかどうか自分の責任で決めろと、厳しさはここにある

426 :名無しを整える。:2017/02/15(水) 19:57:50.86 ID:qPBsGmyY
>>415
なるほど俺もパセージ注文してみようかな
ここでいろいろ議論されてるから俺もわかった気になってるだけで大してわかってないんだろうな

427 :名無しを整える。:2017/02/15(水) 21:50:33.78 ID:m/OT0WVV
>>425
似たようなもんでしょ

欲求不満のアホ読者に
キミは本当は変われるんだよって言ってくれてるわけだから

「お前はお前でしかないの!一生そのままなの!」
とは決して言わないしそんな本は売れないw

428 :名無しを整える。:2017/02/16(木) 07:56:28.08 ID:uhfAOkdm
>>406
無いよそんなの釈迦が最初なんだよ

429 :名無しを整える。:2017/02/16(木) 17:10:53.21 ID:UQs//gKh
>>428
釈迦ってすごい人なんだな

430 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/16(木) 22:56:06.59 ID:K5psMu+4
今田耕司の実家は寺である

431 :名無しを整える。:2017/02/17(金) 08:55:51.51 ID:H8otxcQk
エックハルト・トールは言います。

言葉にしばられないでください。
言葉はあくまでも、目的に到達するまでの手段なのです。
言葉は抽象概念です。
道しるべとなんら変わりなく、言葉はそれ自身を超えたものを指しているのです。
「はちみつ」という言葉は、「はちみつ」そのものではありません。
はちみつについて研究したり、論じたりすることはできても、
肝心のはちみつを味わうことをしていなければ、それを、ほんとうに知ったことにはなりません。
はちみつをいったん味わってしまえば、言葉には、こだわらなくなります

432 :名無しを整える。:2017/02/17(金) 08:56:36.97 ID:H8otxcQk
エックハルト・トールは言います。

これとまったく同じ理屈で、
神について生涯にわたり、思惟をめぐらしたり、語り合ったりしても、
それで神を知っていることにはならないのです。
そんなことをしても、神の実体を、一瞬でも、かいま見たことにはなりません。
「道しるべ」や「偶像」へのこだわりで終わってしまいます。

433 :名無しを整える。:2017/02/17(金) 20:49:19.67 ID:29iAMH30
>>346
野田さんより先に保守化したというあなたは何者なの?

434 :修行中 ◆BTKpof06uc :2017/02/18(土) 00:01:41.71 ID:VzidIlNp
>>433
わたし?ですか?
幸せを望むただの人間ですよ

435 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/18(土) 00:31:49.46 ID:DYf2qAnK
ミートゥー

436 :名無しを整える。:2017/02/18(土) 09:00:31.03 ID:SrCKKl/o
嫌われる勇気、幸せになる勇気関連でオススメの本ってある?
2回ずつ読んで内容理解したから前に進みたい

437 :名無しを整える。:2017/02/18(土) 09:14:12.64 ID:/Huv4yL9
今なら野田さんの本じゃないかな

438 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/18(土) 10:59:03.99 ID:iitKgkLB
向後氏の『幸せな劣等感』読んでるが
アドラー語を一つ一つ紹介してるから勇気シリーズの次の階段として良いやも

439 :名無しを整える。:2017/02/18(土) 19:39:49.48 ID:wgK1v309
古西大河(静岡県浜松市)すき家バックレ→店長家庭訪問居留守→露天商失敗
ネトウヨで民主党大嫌いだけど、イオン浜松市野店週3通い
http://ameblo.jp/konishi-taiga/

440 :436:2017/02/18(土) 20:32:15.34 ID:9IRGfsGc
>>437
野田何さんですか?
>>438
ありがとう。探してみます。

441 :名無しを整える。:2017/02/19(日) 15:09:22.73 ID:bllHPkVS
>>438
読んでみたけどいいね
嫌われる勇気でここでなぜこの理論の話?って疑問がだいぶ整理された

>>440
野田俊作さんの事だろうね
自分もこれから読むつもりでいます

442 :名無しを整える。:2017/02/19(日) 15:33:55.88 ID:UcubSyL0
野田さんの三冊目と四冊目が今日届いて読んだよ
トーキングセミナーの二冊目を加筆したものだそうだ

443 :名無しを整える。:2017/02/19(日) 16:48:45.50 ID:H9UUXlbE
岸見さんの勇気シリーズには書かれてなくて、野田さんや向後さんの本には書かれているのは何ですか?

444 :名無しを整える。:2017/02/19(日) 18:15:19.67 ID:CuuAzXDp
>>443
向後さんの本一冊しかまだ読んでないから違いは詳しい人に委ねますがこんなに体系的な理論なんだというのはわかった
ちなみに「課題の分離」というワードは出て来なかったです

445 :名無しを整える。:2017/02/19(日) 18:29:43.16 ID:H9UUXlbE
>>444
レスTHX
でも、聞いているのは何が書かれているのか何ですが。複数の単語で結構ですよ

446 :名無しを整える。:2017/02/19(日) 18:36:03.43 ID:cSUXY6ox
>>445
そんなに自分も詳しい訳じゃないから質問の答えに関しては他の人に委ねますって言ったつもりでした
わかりにくくてすみません
読んだ感じとしては特別嫌われる勇気幸せになる勇気に書かれていない特別な理論はなかったと思いますよ
ライススタイルの分類なんかはより細かかったと思うけど

447 :名無しを整える。:2017/02/19(日) 18:40:07.84 ID:H9UUXlbE
>>446
なるほど。ライフスタイル分析ですか

448 :436:2017/02/19(日) 20:19:35.80 ID:jCeyJg3A
>>441
レスありがとうございます。
図書館で探してみますね。

449 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/19(日) 20:43:27.42 ID:l8OCDUBr
向後本は参加型というかワークが多いのだよ
今回のは最優先目標のワークがあったり
所属の概念の説明分かりやすかった

450 :名無しを整える。:2017/02/19(日) 20:47:46.03 ID:BIwRVV/l
そういえば向後さんの『アドラー心理学のススメ』という本でライフスタイル分析ができるようになってた
質問に答えて4タイプに分けるだけのごく簡単なものだけど

451 :名無しを整える。:2017/02/19(日) 21:24:24.18 ID:H9UUXlbE
>>449>>450
THX

452 :名無しを整える。:2017/02/20(月) 13:05:18.35 ID:hwHDeNA4
劣等感は悪じゃなく健全な成長の促進剤になるらしいが
劣等感は主観的な解釈だからどうにでもなるんでしょ?
劣等感の思考自体を変えたほうが早くない?

453 :名無しを整える。:2017/02/20(月) 13:22:48.02 ID:meibHSfH
劣等感と劣等コンプレックスは別物ですよ

454 : ◆EuDxtIU3fs :2017/02/20(月) 14:22:35.88 ID:aOgZR7Um
>>452
それはそれで良いと思います
劣等感の対極に優越性の追求があり、
こうなりたいという仮装目標に向かう為に相対的に劣等感が生まれるので
仮装目標の見直しや、実現方法の見直しだったり、
ポジティブに言い換えるっていう様な劣等性の再定義なんかで
調整していくことができると思います

他者貢献とかライフタスクの様な課題に取り組む方が
共同体感覚を養う方向に力強く進むので、合わせて取り組むのが良いと思います

455 :名無しを整える。:2017/02/20(月) 17:09:36.17 ID:huIRUF/x
>>454
> >>452
> 劣等感の対極に優越性の追求があり、こうなりたいという仮装目標に向かう為に相対的に劣等感が生まれるので 仮装目標の見直しや、実現方法の見直しだったり、ポジティブに言い換えるっていう様な劣等性の再定義なんかで調整

難しい表現ばかりを使われますね。嫌われる勇気はギリシャ哲学の専門家岸見氏と
フリーライターの古賀氏によって平易な文章で書かれて爆発的にヒットしました
アドラー心理学は実践の心理学・哲学なので平易な表現の方が使いやすく伝わるかと思います
もっとも、違うお考えなら無視で結構です

456 : ◆EuDxtIU3fs :2017/02/20(月) 18:10:18.16 ID:k0IO8KrT
>>455
なるほど、参考になります

457 :名無しを整える。:2017/02/20(月) 18:21:33.02 ID:huIRUF/x
>>456
お気を使わせて申し訳ありません

458 :名無しを整える。:2017/02/20(月) 18:36:55.66 ID:Ok08Mpm1
仮想
仮装

459 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/22(水) 11:38:40.41 ID:WdHOo8Sc
アドラー心理学を語る後編が発送なた

460 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/22(水) 11:51:44.48 ID:WdHOo8Sc
>>209から
人間の行動が目標追求性に依るモノだとして『劣等感』はどーなるんだ、と言うと
まぁどちらもエネルギーなんだがw
本質的なのは目標追求性だ
それに従って発生する感情が劣等感
なお『仮想的目標』もここに関連してくるな

461 :名無しを整える。:2017/02/22(水) 13:51:05.18 ID:rYGrewEO
野田さんは、岸見さんの嫌われる勇気は課題の分離を強調して協力への言及が少ないからアドラー心理学の中では少数派だと
しかし、そもそも西洋人を対象にしたアドラー心理学をそのまま共同体感覚をメインにして
日本人に当て嵌めて正解なのか。神との契約がなされている西洋人と未だに近代的自我の問題を
抱える日本人を同視してよいものか。つまり、個人が確立した西洋人と他人に対して言語を伴わない共感性を有する
日本人ならアドラー心理学の強調部分も変わってくるのではないか

462 :名無しを整える。:2017/02/22(水) 14:39:19.78 ID:C8XptxUi
課題の分離メイン、共同体感覚メインというように同列に語るものじゃないのかと
共同体感覚を一つの側面から説明するのが課題の分離だと思う

463 :名無しを整える。:2017/02/22(水) 16:47:44.13 ID:vmmKOnsQ
>>461
『嫌われる勇気』の原稿そのものはライターの古賀さんが書いているのと、ストーリー仕立てにしていることもあって、
学者さんが書くように出典を明確にせず、本来のアドラー心理学と哲人(岸見先生)の解釈がごっちゃになっているんだよね
その辺りは野田先生も批判していた
自分もちまたにあふれる便乗アドラー本は出典のはっきりしないものが多いので、そのあたりは野田先生に同意

その反省もあったのか、岸見先生が最近出した『幸福の哲学』は、本来の専門であるギリシア哲学とアドラー心理学の関連を明確に打ち出している

464 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/23(木) 00:39:27.91 ID:l5BP9SD9
課題の分離はよくよく話題になるが
本当は課題の共同化こそ本格的に話題にされなければならないのだ
そんな問題意識である

465 :名無しを整える。:2017/02/23(木) 00:59:06.13 ID:X5u1tzef
ドライカースから野田さんのアドラー心理学は協力をメインにしているわけだが
そもそもアドラー自身も協力が本願だと言えるだろう
つまり、キリスト教圏では協力又は共同体の意識は皆無で、罪悪感から良心から全て神との契約がら発生する
一方、稲作文明圏である日本を含む東アジアでは協力は自然な概念であるのでドライカースの
理論をそのまま持ち込めば、何の引っ掛かりもなく素通りされてしまう結果になってしまうのだ
故に、嫌われる勇気以前にアドラー心理学は日本や韓国では無視されていたのだ

466 :名無しを整える。:2017/02/23(木) 01:03:27.83 ID:vfWkluxC
>>465
それだいぶ史実と違うよー

467 : ◆kVEz2DhQVk2C :2017/02/23(木) 20:47:55.36 ID:y53pcmKp
みなさん頭いいな
改めて自分は思うほど頭がよくないのだなと思いますね
ドラマは酷評され全くアドラーとは別物と言われてますが、それで理解できたつもりになってしまう自分

分析ばかりして課題から逃げて
自分を信頼しない
途中にあった万能ではない自分を諦めろって言うのもその通りですね

どちらにしても傷つくことが怖いということは間違いないです
最近自分だけじゃなく周りも変わってほしくないと思う自分も解りました
さすがにそこは諦めてますが

468 :名無しを整える。:2017/02/23(木) 21:47:28.42 ID:Fi5+nBxt
>>467
いい気付きがあったみたいですね
よかったですね

469 :名無しを整える。:2017/02/24(金) 02:57:59.52 ID:w57LKHIq
https://goo.gl/cjho2T
これは知らなかったよ。。
本当ショックだな。

470 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/24(金) 10:32:27.04 ID:XN/uH+RC
>>467
何か手伝えることはあるかい?

471 : ◆EuDxtIU3fs :2017/02/24(金) 10:57:47.74 ID:Ac5euSAN
アドラーと仏教の相性が良いっていうところは四諦のところが大きいと思う

この世は諸行無常であり全ての形あるものはいつか壊れてしまうし
それを受け止めきれないという苦しみとして一切皆苦という言葉がある
受け止めきれないのは執着などの108の煩悩があるから

四諦の諦とは、受容することだと理解すれば
この世は諸行無常で一切皆苦であることを受容し、自分や周囲や、関係の変化などを受容し
苦しみは自分自身の煩悩(アドラーでは目的やライフスタイル)から生まれることを受容し
苦しみに打ち勝つには煩悩に打ち勝つしかないことを受容し
打ち勝つ為には八正道(アドラーでは共同体感覚に向かうライフタスク)を
実践するしかないことを受容する

他には十二因縁というのがあるけど
実践によって心の無意識的な因果も変化するっていう論理に用いられる

472 :名無しを整える。:2017/02/24(金) 11:32:20.27 ID:uwqlSpLF
打ち勝つじゃダメなのよ
絶対に勝てないの
受容と観想と実践

473 :名無しを整える。:2017/02/24(金) 11:34:43.37 ID:uwqlSpLF
あと無常は壊れるではなくて常に変化するという程度の意味
変化の中には壊れたり腐敗したり死んだりも含まれるけど、それだけじゃない

474 :名無しを整える。:2017/02/24(金) 11:57:50.30 ID:dZfHqyrn
アドラーは中観あるいは唯識思想で解説した方がピンときそう
大乗仏教的だよね

475 : ◆EuDxtIU3fs :2017/02/24(金) 13:32:32.37 ID:c4VsDU8H
>>472-473
仰る通りですね
修正補足をありがとうございます

476 : ◆EuDxtIU3fs :2017/02/24(金) 13:34:23.99 ID:c4VsDU8H
>>474
空や慈悲やギャーテイギャーテイって辺りも共同体感覚に近い感じがします

477 :修行中 ◆BTKpof06uc :2017/02/24(金) 13:47:10.78 ID:ZC2GCfLd
>>476
般若心経には救われます

478 :名無しを整える。:2017/02/24(金) 19:31:49.45 ID:ycinKXw2
序章で人間は例外なく今この瞬間から変われると言いながら
5章でアドラー心理学を理解して生き方変わるまでには生きてきた年数の半分が
必要になるとおっしゃる哲人
そういうのは初めに言ってほしかったぜ

479 :名無しを整える。:2017/02/24(金) 19:33:44.78 ID:wWtqlgYn
>>478
そのネタもう厭きた

480 :名無しを整える。:2017/02/24(金) 21:32:31.05 ID:wloeohgZ
>>478
矛盾はしていません。
変化を起こすことは、「今、この瞬間」に出来ます。
アドラー心理学を理解して、生き方が変わるほどの変化を起こすことは、「生きてきた年数の半分」が必要です。
つまり、小さな変化は今すぐに起こせますが、大きな変化は長い時間がかかる、ということです。

481 :名無しを整える。:2017/02/24(金) 22:46:54.58 ID:ycinKXw2
>>480
変化とは具体的にどういうことなのでしょう?
アドラー心理学を理解できたことは小さな変化でしょうか?
アドラー心理学を理解したうえで実際に行動に移せるようになった状態が大きな変化なのでしょうか?

482 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/25(土) 00:32:32.32 ID:IyoNGJ/M
仏教詳しいスレ民が多そうだ
これは良いぞ

483 :名無しを整える。:2017/02/25(土) 09:31:39.51 ID:v/oRa+fx
>>481
変化とは、これまでの自分をやめて、新しい自分にすることです。
例えば、受験勉強をしない人が、10秒間だけ勉強をするだけでも、変化です。
もっと小さな、参考書を手に取るだけでも、変化です。

484 :名無しを整える。:2017/02/25(土) 09:39:10.90 ID:v/oRa+fx
>>481
理解をするだけよりも、理解をして行動をするほうが大きな変化です。
しかし、変化が小さいか大きいかを決めるのは本人です。
アドラー心理学を理解して行動をする変化も小さい変化と思う人がいるかもしれません。
変化の大小にこだわる必要はありません。
重要なのは、「変化」は時間の影響を受けずに今すぐに起こすことができます。
しかし、「変化の大きさ」は時間の影響を受けます。

485 :名無しを整える。:2017/02/25(土) 10:58:55.54 ID:v/oRa+fx
大きな変化は、小さな変化の積み重ねによって起こります。
ですので、今すぐに変化を起こすことが、最善の行動です。

486 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/25(土) 12:46:51.79 ID:uZz+maYv
自分が変われば
周りも変わり
それでもって自分も変わるのだよ

487 :名無しを整える。:2017/02/25(土) 13:39:10.71 ID:E4npIgPS
ルプレザンタシオンのルプレザンタシオン

488 :名無しを整える。:2017/02/25(土) 14:41:29.20 ID:SX6Ep2us
https://goo.gl/tMU1RU
これはショック。。
本当だったらイヤだな。。

489 :名無しを整える。:2017/02/25(土) 17:11:40.84 ID:E4npIgPS
「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」
アフォリズムにグッときてしまった

490 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/25(土) 21:37:06.43 ID:uhonJ3Xj
社会統合論だな
人は所属に泣き所属に笑うのだ

491 :名無しを整える。:2017/02/25(土) 22:14:00.98 ID:E4npIgPS
納得。そしてカタルシス
>>111にもグッときてしまって
プラグマティズム。必要が知力を研ぎ澄ます
たまらない……

492 : ◆XlGyrhgCZI :2017/02/26(日) 08:39:51.18 ID:EpojGeXs
アドラー的に人間行動を考えるには「価値観/目標/感情」の区分が便利だと思う
それを使って筋道を考えると、「人の価値観がある目標を立て、
それを達成するために、愛情や好感などの陽性感情、もしくは怒りや恐れなどの陰性感情を生み出している」というモデルになるわけだよね
たとえばある人に「誰かの行動が好きだ/気に入らない」という価値観があったとき、
人は「その相手ともっと近くに居たい/離れたい」という目標を立て、それを達成するために好感とか怒りといった感情を呼び出すというようなことだね
この場合の目標を仮想的目標と呼んでいて、その目標を果たそうとする心の一連の動きが私的論理だと思う

アドラー心理学の問題解決技術は、この前提をもとに、まずは協力の私的論理を優先してもらうことだ
たとえば「誰かの行動が気に入らない」という相談があったときアドラー的助言者は「なるほど、相手の目的は何だと思いますか?」というように聞く
そうした戦略的質問の中で、相談者の考えの中に、
「目的?もしかして相手は自分とは違う方法で同じ善を目指しているだけなのかな」というような経路ができることを予期しているんだよね
その結果、相談者が「違いを認めれば協力できる」という価値観を優先的に使ってくれるようになれば、
その人の問題(気に入らない相手とどうやって暮らせばいいのか)は解決に向かうわけだ

ここまでがアドラーの理論的な側面
俺はいまニヒリズムとか価値相対論とかを整理してるんだけどこっちがやっかいだ
やっとゲマインシャフト論の全容が見えたかもしれない

493 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/26(日) 14:06:03.87 ID:YUaMkP47
ゲマインシャフト周りはニーチェの議論だな

494 :名無しを整える。:2017/02/26(日) 14:20:25.24 ID:rY8Hyo7a
>>492
おもしろい、言葉を借りて質問させてもらえますか?
目の前で怒っている人の目的を考えてみた時に、相手(私)の行動が気に入らないという価値観からその私と離れたいといった目標を立てて、その達成のために怒りという陰性感情を利用していると受け止める事ができたとして
「違う方法で同じ善を目指しているのかな?」って答えに行き着くって事がイマイチつながらないです。
相手の目標は「私と離れたい」なのだから、それを尊重するとなると相手とうまくやっていくという事が叶わなくなるような?
支離滅裂ですみませんが

495 : ◆XlGyrhgCZI :2017/02/26(日) 22:56:19.77 ID:EpojGeXs
>>494
うんうん、おもしろいね
「違う方法で同じ善を目指しているのかな」というのは、要するに目標の一致をとっているんだと俺は思ってるよ
たとえば自分が子どもの教育方法で言い争いをしている夫婦の片方だとして、
「相手を打ちのめしてやろう」と思っていると、口論相手は憎々しく見えるから、喧嘩は果てしなくエスカレートするだろう
だけどそこで「相手も自分も子どものためになろうと必死なんだ(目標一致)」と思い直すと相手は善人に見えて言い分も分かるようになるし、
自分が穏やかになれば相手も落ち着くから折り合いがつけやすくなる

この心理操作が可能なのはもちろん「その私的論理に干渉できる相手」に限定される
つまり「〜したい」という目標に触るわけだから、それができるのは普通「自分」か、もしくは「自分に相談する体勢にある誰か」になるよね
「自分に対して怒りを使って何らかの目標を成し遂げようとしている誰か」の私的論理に干渉しようとすれば、おおかた反発されて話がこじれる
あなたが言うように、そういう相手の考え方は触らず尊重した方がいいと思う

アドラー的には、そういう関係になってしまったらいったんタイムアウトだろうな
つまり距離をとって冷静になって、ポジティブな話題でコミュニケーションをする機会を用意する
そうやって話し合いができる関係(価値観と言い換えてもいい)が構築できてから、目標の一致が進められると思う

496 :名無しを整える。:2017/02/27(月) 15:49:43.94 ID:Q7t+8yV1
とても納得できました。
目標が一致する場や関係があってこそだと。
回答ありがとうございます

497 : ◆q9sa0OX8rM :2017/02/28(火) 14:44:34.97 ID:9wC6sO39
課題の分離と共同化にも通ずるトコロがあるのう

498 :名無しを整える。:2017/02/28(火) 17:21:56.57 ID:JYEcR5kc
ふむふむ、為になるのう

499 :名無しを整える。:2017/03/01(水) 10:22:40.11 ID:DuiFDTXX
同じく参考になります、ありがとう

500 :名無しを整える。:2017/03/01(水) 13:20:14.77 ID:UBYTknY+
自分に変化を起こさなければ、成長しなければと
考えてる時点で
自己受容も承認欲求切り捨てもできてない
自己受容や承認欲求切り捨ての極致は自発的なホームレス化である

他人はどうでも良い、ライバルは自分みたいな綺麗ごとと同じなのよ
どうでも良くないから悩んだり悪あがきしてるわけで

501 : ◆EuDxtIU3fs :2017/03/01(水) 13:43:41.45 ID:rsq6Kgu5
>>500
俺はちょっと違う理解ですね
人の傾向として、自己需要に行き着くのは勇気を持ててる時だと思います
勇気を持ててる時というのは、自分の課題と向き合ってる時だと思います

502 :名無しを整える。:2017/03/01(水) 14:11:42.62 ID:UBYTknY+
課題の分離と称して周囲に盾突くのは自己顕示の変種でしょう

本人はそうじゃないと言い張るのでしょうがw

503 :名無しを整える。:2017/03/01(水) 15:07:15.61 ID:OwuUznV/
勇気を持てるのは周りを信頼できているときかな自分は

504 :修行中 ◆BTKpof06uc :2017/03/01(水) 16:41:33.69 ID:/8nwRmbL
お題?のようなので私もw

私が勇気を持てるのは、周りも自分も信頼できていて、かつ、現在未来を信頼しているときですね

私の場合、以前はこれらのうちなにかがいつも欠けていたので、どれが欠けても私は勇気が持てないみたいです

505 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/01(水) 18:33:15.36 ID:2a9jeppb
いーねぇ、勇気付けはみなが挙げてるような経験をする事だろーな
俺は力を合わせておる時だ!

506 :名無しを整える。:2017/03/02(木) 21:52:30.62 ID:JM/x0rBS
学問って言うほど深くないよな

507 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/02(木) 23:11:48.51 ID:fxqKo7ER
それが学問の皮を被ったスポーツであり
教科書の皮を被ったルールブックである事は
プレイヤーだけが知っているのだw

508 :名無しを整える。:2017/03/02(木) 23:25:25.09 ID:DAZH1nIB
精神科医 水村菜緒

「精神科の治療中に絶対にしてはならないルールを教えます。私の患者には全員に説明し実践してもらっていることです
「昼夜逆転」「自分の部屋で悩むこと」「考えても答えの出ない問題を悩むこと」「悪くなった原因を過去に求めること」です
この4つは絶対にしてはいけません



精神科医の女医さん。この人もアドレリアンだな。彼女が推薦するアドラー本は岸見さんの
「アドラー心理学実践入門」。チェックした中で最も平易で読みやすい本だと

509 :名無しを整える。:2017/03/03(金) 01:32:26.02 ID:bGchUNcT
さっきクレイジージャーニーという番組に登山家の平出和也が出ていたんだけど
凍傷で足の指を切らなきゃいけないことになったとき「自分に何ができるだろう?」と考えて
だんだん黒ずんでいく自分の指の経過を写真に残したんだと
実際に凍傷になる人は少ないから、記録しておけば医療の役に立つだろうと

こういう心境がアドラー心理学でいう共同体感覚なのだろうと思った

510 :名無しを整える。:2017/03/03(金) 06:33:47.51 ID:4cegOWCh
>>509
なるほど。達人の思考は興味深いね

511 :名無しを整える。:2017/03/03(金) 07:05:25.15 ID:VqJH6Yz1
野球で言えば、ホームランのサインにホームランを打つのが
他者貢献であり共同体感覚なんだろうな

512 :修行中 ◆BTKpof06uc :2017/03/03(金) 08:28:36.02 ID:63NMVRGs
>>509
ほんとうは自分の足指を残すことが共同体への最大の貢献のはずで、それが無理だと判断した、という状況なんでしょうね

513 :名無しを整える。:2017/03/03(金) 22:01:10.83 ID:/p5eQ0XB
どんな課題も共同体のため、か

514 :名無しを整える。:2017/03/03(金) 22:16:56.67 ID:aZ3ZBWIl
その本人も共同体に所属していると感じている訳だから
自分のためでもなくちゃいけない

515 :修行中 ◆BTKpof06uc :2017/03/03(金) 22:46:05.73 ID:63NMVRGs
>>514
うーん、そうとも限らないんですよ
状況によっては……
特別攻撃隊員を考えるとわかるかもしれません

516 :名無しを整える。:2017/03/03(金) 23:59:10.35 ID:4cegOWCh
フランクルの夜と霧を読むとわかる。やはり、他人の役に立つという希望・意思が心の安定に繋がるようだ
他人の役に立つと思いながら仕事・作業をすると

517 :名無しを整える。:2017/03/04(土) 00:41:01.21 ID:vVjqTm9L
>>516
他人、いや、敢えて共同体と表現しますが、それに役に立たない仕事などないですよ

518 :名無しを整える。:2017/03/04(土) 10:19:00.27 ID:YDwxE/ro
>>515
考えてみたけど特別攻撃隊は自己犠牲

519 :名無しを整える。:2017/03/04(土) 10:20:48.63 ID:YDwxE/ro
ごめん途中送信

自己犠牲にしか見えないなあ

520 :名無しを整える。:2017/03/04(土) 10:39:42.46 ID:ZB5HXJf7
「他人の為に、、、」と思える時の方が力は出るね。困った人の為にだとか、尊敬
する人の為にだとか子どもの為にだとか、そういうことがあると馬力の出方が違う。
自分の為にと思っても三日坊主に終わる。w
馬力の出し方として気持ちの上で「これが自分に課せられた使命だ」というような
何かそういう感覚を持ちたいが、特別な状況に遭遇しない限りなかなかそういう
感覚が持てないよな。

521 :名無しを整える。:2017/03/04(土) 10:49:09.33 ID:ZB5HXJf7
>自己犠牲にしか見えないなあ

誰かを守るためにと考えた時には、命がけというのは男の場合は割と簡単に
そういう感覚にはなれるような気がする。自衛隊の教官だけども、手投げ弾の
実習をしていた時に、新米が投げそこなった手投げ弾に覆いかぶさって新米の
ために犠牲になった人がいるけれども、そういうことってああいう世界では割と
頻繁にあるんだろうなと思う。

522 :名無しを整える。:2017/03/04(土) 11:18:41.11 ID:rsWTj/jJ
>>520
そうやって困ってる人や貧しい人を作り上げてるんだな
アドラー心理学では、そういうものの見方を教えてるのか?

523 :名無しを整える。:2017/03/04(土) 11:52:25.90 ID:2PbfMG60
性格は変えられるって本当ですか?人と話すのが苦手な人でも接客業できますか?

524 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/04(土) 13:58:37.83 ID:QuBkI40k
>>521
へぇ格好いいねぇ〜

525 :名無しを整える。:2017/03/04(土) 14:08:51.11 ID:wYkt29Se
>>523
性格を変えるのではなく、マインドセット(ライフスタイル)と行動を変えるんだよ
人付き合いが苦手でもスムーズに接客業はできるようになるけど
根本的なところは変わらないから自分が人相手の仕事とモノ相手の仕事のどちらがより消耗しないか見極めるのは大事

526 :名無しを整える。:2017/03/04(土) 14:21:51.46 ID:YDwxE/ro
>>521
美談っぽく聞こえるけど正直それは違うんじゃないかなって思ってしまうどうしても俺は
自分の体を、命を大事にしてないじゃんって
みんなを守るためにはそうするしかないって極限の状況でのあくまで妥協策というか

527 :名無しを整える。:2017/03/04(土) 14:27:41.92 ID:z1Aq2w9X
荒らしが自己犠牲肯定か。よっぽど暇なんだな

528 :名無しを整える。:2017/03/04(土) 22:33:58.56 ID:llQsHsgW
https://goo.gl/YWFb2E
この記事本当?
普通にショックだんだけど。。

529 :名無しを整える。:2017/03/05(日) 11:25:48.38 ID:QIA3npnb
アルフレッド・アドラーは言います。

妻の機嫌が悪いときに、夫が責任を感じてはいけない。
不機嫌でいるか上機嫌でいるかは、妻の課題。
その課題を勝手に背負うから苦しいのだ。

530 :名無しを整える。:2017/03/05(日) 11:26:54.71 ID:QIA3npnb
アルフレッド・アドラーは言います。

それが「あなたの課題」ならば、
たとえ親に反対されても従う必要はない。
自分の課題に足を踏み込ませてはいけないのだ。

531 :名無しを整える。:2017/03/05(日) 11:27:59.63 ID:QIA3npnb
アルフレッド・アドラーは言います。

陰口を言われても、嫌われても、
あなたが気にすることはない。
「相手があなたをどう感じるか」は
相手の課題なのだから。

532 :名無しを整える。:2017/03/05(日) 13:42:31.83 ID:YCkfMOXe
>531
 アドラーじゃなくてもマルクスアウレリウスとか、エピクテトスも同じようなこと
をいってるよな。

533 :名無しを整える。:2017/03/05(日) 13:53:10.22 ID:YCkfMOXe
>526
美談とかではなくて、単純にそのようにプログラムされているということだと思うよ。
例えば阪神大震災の時に普段はグレていたヤンキーの兄ちゃんが、一生懸命に
不自由な人を助けたりしていたとかが話題になっていた。
 自分が必要とされるような事態に直面すると血が沸き立つ。

534 :名無しを整える。:2017/03/05(日) 14:00:21.89 ID:eGQdDeYn
>>532
節子、それアドラーの言葉やない…

535 :名無しを整える。:2017/03/05(日) 14:14:54.59 ID:YCkfMOXe
早朝に自分に向って言う: 私は今日恩知らずで、凶暴で、危険で、妬み深く、無慈悲
な人々と会うことになっている。こういった品性は皆彼らが真の善悪に無知である
ことから生じるのだ[...]何者も私を禍に巻き込むことはないから彼らのうちの誰かが
私を傷つけることはないし、私が親類縁者に腹を立てたり嫌ったりすることもない;
というのは私たちは協働するために生まれてきたからである。
マルクス・アウレリウス

536 :名無しを整える。:2017/03/05(日) 17:46:00.25 ID:QIA3npnb
アルフレッド・アドラーは言います。

自ら変わりたいと思い努力すれば、
ライフスタイルを変えることは十分に可能だ。
性格は死ぬ1〜2日前まで変えられる。

537 :名無しを整える。:2017/03/05(日) 17:46:14.88 ID:QIA3npnb
アルフレッド・アドラーは言います。

すべての悩みは対人関係の課題である。
仙人のような世捨て人さえも、
実は他人の目を気にしているのだ。

538 :名無しを整える。:2017/03/05(日) 17:46:33.00 ID:QIA3npnb
アルフレッド・アドラーは言います。

敗北を避けるために、時に人は自ら病気になる。
「病気でなければできたのに……」
そう言い訳して安全地帯へ逃げ込み、ラクをするのだ。

539 :名無しを整える。:2017/03/05(日) 18:14:48.53 ID:CtRLy+8X
>精神科医 水村菜緒

なんか流行りに乗っかって
バカのカリスマにでもなってみようかみたいな人だな
精神科医もアドラーもアテにならん
アドラーを推奨してる精神科医なんてもっとアテにならん

540 :名無しを整える。:2017/03/05(日) 23:31:33.26 ID:J5HdRDS9
>>538 これってウツ病の人は当てはまりそうだけど
アドラーの時代は、ナマケ病みたいな扱いだったんだろうな
MRIが無かった時代だし 脳の萎縮という概念が無かったはず

今の心理や脳科学からは、明確に否定されるだろうね

541 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 08:51:13.42 ID:AqTZZgfH
>>540
原因論を使う心理学や脳科学は、目的論を使うアドラー心理学を否定するでしょう。
しかし、どれだけ進歩しても、原因論を使う限り、問題を解決することはできません。
問題を解決することができるのは目的論です。
なので、どれほど時代が違っても、原因論よりも目的論のほうが、人の役に立ちます。
ちなみに、アドラーの思想はは時代を100年先行していたと呼ばれているので、
現在の心理学や脳科学よりもアドラー心理学は進歩していると言えるでしょう。

542 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 09:22:29.94 ID:+ElvrSyA
自問自答

543 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 19:16:20.64 ID:YTnXxlCm
>>526
同意。同じ理由で塩狩峠もアンパンマンも理解に悩む。

544 : ◆EuDxtIU3fs :2017/03/06(月) 20:09:33.30 ID:+5Guitxz
側から見て自己犠牲に見える事柄で、アドラー心理学としてどうなのか見分けるのは
やっぱり課題の分離ができているかどうかなんじゃないですかね

共同体には自分が居なきゃダメだ、という思想の中での自己犠牲は他者依存的ですけど
共同体の他の人達に後を任せられるなら本望だという思想の中での自己犠牲は
共同体感覚的な様に感じます

後者は極限状態まで発動しない感じがしますが、
前者は日常的な献身が見られる感じがします

アンパンマンの良いところは、バイキンマンを悪者だとは言わないで
また悪いことをしたんだな!と行為を叱るところだという記事を見たことがありますが、
アンパンマンがアドラー心理学を実践すれば、バイキンマンの悪事には注目せず
変装してお手伝いをしてくれた時にはありがとうと勇気付けをするんだろうな、と思います笑

545 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 20:43:45.85 ID:AzHYqgRb
>>541
> 原因論を使う限り、問題を解決することはできません。

「問題と同じ地平にいては、その問題を解決することはできない 。」(アインシュタイン)
現代のあらゆる対人関係の問題が原因論のパラダイムの上に生じているから
アドラー心理学はそれら全てを解決する魔法の杖になり得る可能性が大いにあるな

546 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 20:44:24.82 ID:AqTZZgfH
例えば、カミカゼ特攻隊は国の命令が原因で命を捧げたと言われていますが、これは間違いです。
正しくは、死にたいという目的を達成するために、国の命令を利用したのです。
したがって、カミカゼ特攻隊員は自殺をしたかったのです。

547 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 20:49:33.74 ID:AqTZZgfH
>>545
アドラーはアインシュタインにも影響を与えた可能性があるようです。

548 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 21:10:46.77 ID:jTxxpGch
545さん、荒らしが生き生きするからマジレスを控えてもらえると助かる

549 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 22:14:19.34 ID:Zvhw7bJx
勇気を出して質問
僕には荒らしか否かがサッパリとわからないんだ……
熟達したらわかるようになる?

550 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 22:22:05.41 ID:n59Sj4wz
滅茶苦茶な論理でアドラー心理学ディスってるんだからすぐにわかるよ
どうも本人は苦行のような鍛練が好ましいと考えてるようで、アドラー心理学は優し過ぎるからダメだと伝えたいようだ

551 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 22:34:47.66 ID:ffrfhGCY
>>526
〜をすべきだ、という観念は大概間違っているんですよ
私は優秀でなければならないとか、言葉で言わなくてもわからなければならないとか、ね
だから、命を大切にしなければならない、というのもたぶん間違っている

自分の何らかの行動で、仲間がたくさん助かる、助かった仲間がまたさらにたくさんの仲間を救うだろう、そういう状況下で、他に有効な行動がないのならば、その「何らかの行動」をすることは建設的ですし、貢献的な行為です
その行動が特別攻撃であっても同じことですよ

552 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 23:15:53.34 ID:vkAeLAyH
>>541 アドラーが100年先行してると、誰かが言ってるだけで
追求しても根拠は無いかと

553 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 23:17:35.27 ID:AqTZZgfH
>>551
アルフレッド・アドラーは言います。

他人の権利に土足で踏み込んではならない。
権利を尊重し、自分で決めされるようにすれば、
人は、自分を信じ、他人を信じるようになるだろう。

554 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 23:19:39.98 ID:AqTZZgfH
>>551
アルフレッド・アドラーは言います。

自分の不完全さを認め、受け容れなさい。
相手の不完全さを認め、許しなさい。

555 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 23:20:38.38 ID:AqTZZgfH
>>551
アルフレッド・アドラーは言います。

他人の評価に左右されてはならない。
ありのままの自分を受けとめ、
不完全さを認める勇気を持つことだ。

556 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 23:25:40.61 ID:AqTZZgfH
>>551
アルフレッド・アドラーは言います。

ほめてはいけない。
ほめることは「あなたは私よりも下の存在だ」
「どうせあなたにはできっこない」と
相手に伝えることに等しいからだ。

557 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 23:26:59.86 ID:AqTZZgfH
>>551
アルフレッド・アドラーは言います。

失敗や未熟さを指摘してはいけない。
できないからといって取り上げてもいけない。
相手の勇気をうばってしまうからだ。
自ら困難を克服する機会を奪ってしまうのだ。

558 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 23:27:53.19 ID:AqTZZgfH
>>551
アルフレッド・アドラーは言います。

人の心理は物理学とは違う。
問題の原因を指摘しても、勇気を奪うだけ。
解決法と可能性に集中すべきなのだ。

559 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 23:29:46.19 ID:AqTZZgfH
>>551
アルフレッド・アドラーは言います。

人の行動の95%は正しい行動である。
しかし私達は「当たり前だから」とそれを無視してしまう。
わずか5%しかない負の行動に着目してはいけない。

560 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 23:31:01.13 ID:AqTZZgfH
>>551
アルフレッド・アドラーは言います。

「ケーキ、食べちゃったの?ひどい!」などと怒り、睨みつけてはいけない。
「食べたかったなぁ。残念だなぁ」と伝えるのだ。

561 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 23:32:13.95 ID:AqTZZgfH
>>551
アルフレッド・アドラーは言います。

妻の機嫌が悪いときに、夫が責任を感じてはいけない。
不機嫌でいるか上機嫌でいるかは、妻の課題。
その課題を勝手に背負うから苦しいのだ。

562 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 23:32:59.63 ID:AqTZZgfH
>>551
アルフレッド・アドラーは言います。

それが「あなたの課題」ならば、
たとえ親に反対されても従う必要はない。
自分の課題に足を踏み込ませてはいけないのだ。

563 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 23:35:16.61 ID:AqTZZgfH
>>551
有効な行動がない場合は、行動をしないことが最善です。

564 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 23:49:52.35 ID:jTxxpGch
>>549
今めちゃくちゃ荒れてるから見分けやすくなったと思うけれど
主に課題の分離と目的論を都合よく使ってお前の言い訳だって理屈を繰り返して勇気くじきしてる人

565 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 23:55:03.37 ID:AqTZZgfH
>>564
あなたには、スレが荒れているように見えるようですが、
わたしには、アドラー心理学について語り合う、とても建設的なスレに見えます。

566 :名無しを整える。:2017/03/06(月) 23:57:45.23 ID:AqTZZgfH
荒らしがいるからスレが荒れるのではありません。
スレが荒れた状態にするために荒らしを作るのです。

567 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 01:41:13.93 ID:cUd8eEku
>>550>>564
遅くなったけど、ありがとう

568 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 06:37:23.97 ID:2AYgmT6m
故竹下登が石破茂に言ったという言葉
竹下「正しいことを言うときには人を傷つけるということを知っておけ」
竹下がアドラー的な人物だとは思わないが、高い共感性を持った政治家だったとは思う

569 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 06:44:59.05 ID:BteOQcgR
要するにアドラー心理学の考えでは
全ての目的は実現する(実現している)
というのが大前提なんだな
これは受け容れ難い

570 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/07(火) 07:54:43.20 ID:wJesEqo3
>>551
考えるのは『それが何のための行動か』だろな

571 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/07(火) 08:10:43.60 ID:wJesEqo3
>>209から
所属に向かう目標追求の癖が『ライフスタイル』
コレを知れば対象人物の行動の意味も今後の人生もおおよそ予測出来るというスゴいシロモノなのだ
人間はライフスタイルの規定する範囲内の人生を送るとも言えるのだが
決断によってそれを変化させる事も可能
この按配が『やわらかい決定論』だ

572 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 09:58:02.04 ID:dfRtOAQG
でも結局は他人に影響を受けている。アドラーも他人だしね。

573 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 10:00:04.49 ID:dfRtOAQG
アドラーをもう少し高い位置から見たら古代の哲人がいっていることと何ら
変わらない。凡人に具体例をしめしたということかな。

574 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 10:11:48.62 ID:bUa2nBo5
>>568
相手を傷つけることが目的の発言は、してはいけません。
しかし、相手が傷ついてしまったとしても、相手の役に立つことが目的の発言ならば、問題がありません。
なぜなら、相手が傷つくかどうかは、相手の課題なので、あなたが気にする必要がないからです。
あなたに出来ることは、相手に貢献することです。
貢献した結果は相手が決めることです。
つまり、他者貢献は自己満足で良いのです。

575 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 10:19:24.71 ID:bUa2nBo5
>>572
影響はあります。
しかし、影響には決定する力はありません。
決定するのは、人の意思です。

576 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 10:22:39.35 ID:bUa2nBo5
>>569
「受け入れるのが難しい」のではありません。
あなたは「受け入れたくない」のです。
受け入れないという目的を達成するために、おかしい点を創り上げたのです。

577 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 12:54:22.04 ID:2AYgmT6m
>>576
論破したい気持ち満々だが、荒らしにもマジレスしてるよ
論破したい時は、縦の関係の視点で他人を見ている状態なので気をつけて

578 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 13:13:29.62 ID:aTw+zdtY
>>551
いいたい事は伝わります
命を大切にしなければならない、が間違った観念なら、俺は間違ったままでいいかな
自分の命を投げ出したことで悲しむ人を想像できてしまうから俺にはなかなか受け入れがたい
いざとなったらわからないけどさ

579 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 14:01:22.77 ID:iH5Zy+ry
アドラーを実践してる人の日記とかある?
このスレは、ずっと上げ足を取りあってるだけの様な気がするけど

580 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 14:37:04.02 ID:wmBo//XW
>>578
あなたが命を失って、誰かが悲しむかどうかは、その人の課題です
悲しみから立ち直れずに、残りの人生を無為に過ごすか、あなたの死から何か大切なものを得て、残りの人生をより有意義に過ごすかは、その人の選択によります
あなたの死によって、その人がひどく長く影響を受けるとしたら、その人はその人の人生を生きていない、言ってみればとても不誠実な人です

581 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 14:41:40.40 ID:wmBo//XW
>>578
あなたが、誰かを悲しませたくないがために、何かを諦める、自分の行動を決めるとするなら、同じようにあなたも、あなたの人生を生きていないことになります
自分の人生をいきる、人がその人の人生をいきられるように手助けする
これが課題の分離の目指すところです

582 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 14:51:50.73 ID:bUa2nBo5
>>577
あなたには荒らしに見えているのでしょう。
しかし、私にはスレの仲間に見えます。
なので、私は誠意を持って相手をします。

583 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 14:52:36.86 ID:RRsOuGmT
荒らしと言われている人が何レスも書き込むのは本人のため
自分の中の何かを埋めるため
何レスしても埋まらない何かを埋めるためにさらにレスを重ねる
だから他の住人とのコミュニケーションは成立しない
その壁打ちに付き合うも付き合わないも自由よ

584 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 14:57:34.46 ID:bUa2nBo5
>>580
それは間違いです。
他者を悲しませる行動をしてはいけません。
他者の役に立つ行動を心掛けましょう。
それでも、他者が悲しんでしまった場合、悲しみは他者の課題なので気にする必要はありません。

585 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 14:58:07.32 ID:Px8smriu
>>579
よく解らないから大学と同じように集まって研究してるんだろ
書くことや書いたものを他人に晒すことで自分の脳を整理する側面が大きい
何しろ俺らはユングフロイト心理学に脳髄レベルで洗脳されてるからな
例えばお前も「揚げ足を取り合ってるだけ」という「結果」を出してしまってる

586 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 15:01:29.63 ID:Px8smriu
>>583
計算練習みたいなモンだろうな
アドラー的な解をひねり出してる

587 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 15:04:02.93 ID:bUa2nBo5
>>581
いいえ、間違いです。
他者を悲しませると自覚している行動は他者貢献に反します。
相手の役に立つことを心掛けた行動の結果、相手が悲しんでしまった場合、
悲しみは相手の課題ですので、気にする必要はありません。

588 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 15:05:52.75 ID:wmBo//XW
>>579
野田俊作の補正項とかものすごいガチな日記を挙げてもいいですか?

589 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 15:08:12.79 ID:bUa2nBo5
勇気づけを心掛けましょう。
しかし、相手が勇気を抱けなかったとしても、
それは相手の課題ですので、あなたが気にする必要はありません。

590 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 15:13:37.50 ID:UfhCKro5
カルト宗教の内ゲバみたい

591 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 15:19:29.21 ID:X4rDRaUs
>>586
うまく説明できないが、心理学板のアドラー過去スレでエックハルトトール関連の書き込みを見ると、解を出す気なんてさらさらなさそうなのは感じられると思う

592 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 15:30:25.97 ID:wmBo//XW
>>591
そりゃまあ、エッグたんにつき合ってるアドレリアンは一人もいないんだもの
しかたないよ

593 : ◆EuDxtIU3fs :2017/03/07(火) 15:35:25.13 ID:j6DDKuW3
特攻隊の様な事例は、身内を悲しませたくない感情と身内を守るという使命感とを
天秤にかける場合として理解することなのかも知れない

>>544では課題の分離と書いたけど、悲しませることに引っ張られるのは
課題の分離ができてない気がするし
共同体感覚に置き換えれば、身内だけを守ろうという概念から離れるのが一番だと思う
ただ、当時は占領されれば一巻の終わりだという常識の中での決断だから難しい
やり方が正しいかどうかは置いておくとして、当人達の願いは
やっぱり世界平和への礎だったんじゃないかな?

594 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 16:14:59.59 ID:2AYgmT6m
>>583
荒らしに付き合うのも自由と言いたいが、2ちゃんのマナーは「荒らしに構う者も荒らし」だから
変なメサイヤ・コンプレックス持ってる人もいるようだが、荒らしは壁打ちじゃなくてストーカー

595 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 17:59:08.00 ID:e2mUxJiU
荒らしというのは行為の事であって
特定個人・団体を指す言葉ではない
そこの区別が付かない奴がいるんだよな

596 :名無しを整える。:2017/03/07(火) 18:00:36.02 ID:Xg2LPCqW
アドラーのカウンセリング受けた人いる?
講座は受けたことあるけどどうなんだろう

597 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 00:13:15.63 ID:h/N3F1Aj
>>596
13年ほど前に有名なアドラー心理学の人のカウンセリングを受けていました。
(関西方面、野田氏ではありません)
当時はもちろん、こんなに有名な心理学ではなくて。
うつ病だったんだけど、初めてこの考え方を聞いた時は目からうろこ。
すぐさま傾倒してしまって、次々にアドラー心理学の本を読み漁ったし、
担当カウンセラーにも聞きまくったものです。
「治った!!!」とその時、ほんの少しの間は喜んだんだよね。
でも、私はその後、反対にどんどんうつ病が悪化。
寝込むほどに。その上、前以上に苦しくなり、その担当カウンセラーに助けを
求めたけど、納得のいく応えは返ってこなかった。
今ではほんと、有名な人だったんだけどなあ。
それは私自身が足りない、アドラー心理学を理解していない、と言われればそうなのかもしれないけれど。

アドラーの説くところはよくよく分かるんだけれど。
それが万人を必ず救う、ってことは難しいと思う。
どんな心理学でも万人にとって正論、とは限らないと思うし。
結局、他の医者でもそうだけれど、使う手法じゃなくて、そのカウンセラー自体の
人間性も相性もあると思うよ。
アドラー心理学がぴったり自分に合う人はこの道を進めばいいよね。

何故、このスレに来たかというと、世の人々はどんなふうにアドラー心理学を
捉えてはるんだろう、って思ったから。
横から入ってきて、すみません。
それにみなさんの理解の深さにただただ感動するばかり。勉強になりました。

あっ。それと、◆EuDxtIU3fs さん
苦しんでいる時にアドラー心理学に出会った私とかぶって胸が一杯になりました。
アドラー心理学で進むのであれば、もっと肩の力を抜いてください。
「最後の砦」「これを逃したら自分は生きていかれない」なんて思わなくても
大丈夫だと思いよ。
こうやって悩んで、自分を否定して、それでもここまで生きてきているんだから。
そんなあなた、凄いじゃないですか。
嫌なところがたくさん見つかったっていいじゃないですか。それが自分だし、
その自分を「こんな自分でも好きだわあ。生き延びてきた自分、えらいじゃん」って
思ったいいと思うよ。
ありのまま、でいいんだと思うよ。自己評価してくところの「良いところ」「悪いところ」持ち合わせている
のが自分なんだから。
「人と比べる自分」も、それも含めて自分を認めたらいいと思うよ。
「ダメな自分」って自分にレッテル貼ってしまう「自分」も認めたらいいじゃん。
それが「自分」なんだから。思うようにいかない自分を否定しなくていいと思う。
自分に合った術を見つけていけばいいよね。
頑張っても頑張っても正しい使い方が分からなかったら、ただただ苦しいだけだと思うし。
アドラー心理学は実践するのも厳しいから。苦しんでいる時はもっと楽になるやり方も
あるかもしれないって思うよ。
囚われることはないって思う。

だらだら、的外れなことを書いてすみませんでした。

598 :597:2017/03/08(水) 00:26:17.01 ID:h/N3F1Aj
続けて申し訳ない。

◆EuDxtIU3fsさん
自分一人では特にこのアドラー心理学を操って健康になる、って難しいと
思うんだよなあ。
自己受容とか貢献感とか他者信頼とかさ、言葉では頭では分かっていても
苦しんでいる最中って上手く操れないと思う。
誰か、アドラー心理学のカウンセラーとか探してみたら。
一人で悩んで「思うように出来ない。自分はダメだ、ダメだ」って自分を
責めるのは損だよ。自分から手を伸ばせば必ずその手を握って貰えるって。

599 :597:2017/03/08(水) 00:37:07.29 ID:h/N3F1Aj
またまたすみません。
お分かりのように自分の勝手な意見です。押しつけるような書き方をして
申し訳ない。

600 :597:2017/03/08(水) 00:49:13.16 ID:h/N3F1Aj
えらい間違い<m(__)m>

◆EuDxtIU3fsさんではなくて◆kVEz2DhQVk2C さん宛でした
本当に申し訳ない

書き込み過ぎ<m(__)m>

601 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 00:53:05.83 ID:+17tFm2T
>>600
オチが付きましたね(笑)。また、書き込んでください

602 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 01:23:12.99 ID:kisNa5pZ
>>597
貴重な体験談をありがとう

今はうつ病治療はどうしているの?

603 :597:2017/03/08(水) 01:59:56.77 ID:h/N3F1Aj
>>601>>602
読んで貰ってありがとうございました

私事になるけどアドラー心理学のカウンセリングを止めてからあちこちをジプシーして
流れ者になってしまったんだけど、やっと今の病院に辿り着いたよ。
この病院のカウンセラーもDr.も私にはぴったり
カウンセラーはユングフライトから学びはじめた方らしいが、今の臨床心理士は
常に学んでいかなくてはならないそうで、資格の更新にも試験があるということ
なので、様々な心理学を用いてカウンセリングに当たられているよ
私には「あなたにはユングが合いますね」とアドバイスも。確かに前から知っていた
ユングをもう一度学び直すと、確かに私にはすとんと心に届いたんだ。
病気も治って来ていて、私的には春はそこまで。

私は難しいことは分からないし、表現も出来ないけれど、苦しんでいる人が
少しでも救われればそれが何心理学であってもいいなあ、と思う一般人、否、うつ病体験者、かな

ここまでまた書かせて貰ってありがとう
また、ここで学ばせて貰います

604 : ◆EuDxtIU3fs :2017/03/08(水) 02:54:53.49 ID:QiTYrVtz
>>600
ドキドキしながら拝見させていただきました
俺も鬱病や適応障害に苦しんだ時期があるのでとても共感します
自分の苦しんだ体験も、まだ喉元を過ぎてない様な進行形で苦しいことも、
こうやって誰かの勇気付けになるんだよな〜ってことを再確認できました
人違いかも知れないけどなんだか嬉しかったです
貴重なお話をありがとうございます

605 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 09:07:47.62 ID:vSwKBnPb
>>597
うつ病が悪化したのではありません。
あなたが自分の意思でうつ病を悪化させたのです。
うつ病を悪化させることで自分を守っているのです。

606 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 09:13:26.14 ID:vSwKBnPb
>>597
あなたは自分は改善をすることができない人間であると言い訳するためにアドラー心理学を利用したのです。
「アドラー心理学を使っても改善をすることができない自分はもうどうしようもないのだ!!」という風にです。
あなたは自分の弱さを言い訳にして現実から逃げているのです。

607 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 09:17:08.16 ID:vSwKBnPb
>>597
あなたは相手の勇気を奪っています。
褒めることは勇気を奪います。
甘やかすことは勇気を奪います。

608 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 09:20:25.30 ID:vSwKBnPb
>>598
あなたはカウンセラーや他者に助けてもらおうとしているから健康になれないのです。
健康になりたいのならば、方法は一つです。
それは、他者を助けること、他者貢献です。

609 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 09:22:06.33 ID:vSwKBnPb
>>599
つまり、あなたは悪いことをして周囲から関心を引こうとしているのです。

610 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 09:23:42.33 ID:vSwKBnPb
>>603
流れ者になってしまったのではありません。
あなたが自分の意思で流れ者になったのです。

611 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 09:24:57.60 ID:vSwKBnPb
>>603
あなたは、病人である自分、弱い自分、特別な自分、を他者からの関心を引くために利用をしているのです。

612 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 09:27:00.12 ID:vSwKBnPb
>>603
アドラー心理学スレで、アドラー心理学はダメだったけれどユングは良い、と言うことの目的を教えてほしいです。

613 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 09:27:50.52 ID:vSwKBnPb
>>604
私は、勇気をくじかれました。

614 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 10:03:12.24 ID:zEE8kxzS
アドラー心理学では復讐はどの様に考えてるのですか?

615 :597:2017/03/08(水) 10:23:16.92 ID:h/N3F1Aj
>>604
あんな勝手なわがままな書き込みを読んでくださって、ありがとうまでこちらこそ
ありがとうございました。勇気づけをして頂きました。
嬉しかったです。

>>613
沢山、書いていただき、これもありがとうございます
私はアドラー心理学に則って今は生きていないし、上手く語ることも能力がないので
ユングのこととかの「目的」は説明できません。そこはご容赦ください
ただ、「勇気をくじかれた」と書かれており、それに対しては大変、申し訳なく思います。
ただのうつ病体験者の戯言にあなたの心が左右されることはありませんから
嫌な思いをさせてしまったこと、お詫びいたします

これでも懲りずにまたここで学ばせて頂きます

616 :597:2017/03/08(水) 11:05:43.85 ID:h/N3F1Aj
>>604 ◆EuDxtIU3fsさん
間違えてしまっていたこと、ごめんなさい、を伝えていませんでした
間違えるなんて、本当にごめんなさい
でも、あなたの言葉は私を救ってくださったよ
本当にありがとうござます

◆kVEz2DhQVk2C さん、勝手に自分の考えを押しつけてしまって本当に
ごめんなさい。読み流してください

何度も何度もの投稿、私は粘着質だなあ、と思うわ
失礼しました

617 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 11:17:26.65 ID:Jq6R+P8l
>>614
不適切な行動の第四形態ですよ
最終形態の一歩手前で、第三者が介入しなければ戻ってこれない領域に入っています

618 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 11:20:47.81 ID:DDbqfAM/
>>614
共同体の中で特別であろうとする行動

619 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/08(水) 11:59:49.75 ID:wLep9PUW
>>604
>ドキドキしながら拝見させていただきました

だろうなw

620 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 12:12:50.75 ID:zEE8kxzS
>>617
と言いますと?

621 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 12:34:31.69 ID:zEE8kxzS
怨みは水に流すのが建設的って事ですか?

622 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 12:53:51.53 ID:aagmRHmw
>>621
すべては自分が社会の中で居場所を確保するための行動であると考える訳だから、注目を集めたり、権力争いに勝ったりすることが叶わなかった場合に、相手を恨んで復讐することで居場所を得ようとする段階といえるのかな
そんな苦しいやり方を採らなくても、建設的に居場所を得られるやり方があるよって言うのがアドラー心理学の技法じゃないかな

623 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 12:56:04.90 ID:Gk8/aKYE
実体験に基づく書き込みは胸に迫るものがあるね。
ほとんどROM専ですが興味深く読ませていただきました。
ありがとうございます>>597さん

624 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 12:58:34.20 ID:Jq6R+P8l
>>621
アドラー心理学ではそうですね

625 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 13:28:52.14 ID:s7zgYm5S
>>616 貴重なウツ病の体験談をありがとう
アドラーの体験談は、ほぼゼロなんで勉強になりました

アドラーでウツ病が治る可能性は低いと思ってたし
心理学でも想定通りの内容だったと思います

ウツ病は脳の萎縮や、セロトニンなどのホルモンバランスの
乱れで起こる事がわかっています
アドラーの時代はそういう概念が無かったと思います

うつ病だけなら良いのですが、放置してると様々な健康被害が
出る恐れがあります 薬でかなり改善されます
うつ病以外でも、心身に不具合がある人は
アドラーの前に、まず病院へ

626 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 14:06:33.12 ID:vSwKBnPb
>>625
病気は不具合ではありません。
なぜなら、病気は目的を叶えるために、作り出されるものだからです。
うつ病の原因は、それかもしれません。
しかし、うつ病になるために、本人の意思が脳を委縮させているのです。
うつ病になるために、本人の意思がホルモンバランスを乱しているのです。
ですので、病気を改善する、というのは間違いです。

627 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 14:11:57.88 ID:+17tFm2T
>>625
体験談の方がおっしゃるように合う、合わないがありますよ
体験談の方はアドラーが合わなかっただけです。セロトニン分泌にしてもアドラー心理学で
症状が緩和した例はいくらでもあります。あまり決めつけはされない方が

628 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 14:43:41.62 ID:+17tFm2T
精神科治療に関して、今NHKバリバラで面白い治療形態の施設が話題になっているので興味ある方は見てください
うつ病じゃなく、統合失調症の専門施設ですが。薬だけでは治療はダメなんですよ
今の精神科治療はまだダメダメな点が多い

629 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 14:55:53.05 ID:s7zgYm5S
>>627 もちろん、軽いウツ病ならアドラーで改善した人もいると思う
それは程度問題など、個人差が大きいので、アドラーで治療する人が
まず統計データを取らないといけない

例えば、100人のうつ病の人に、アドラーを実践してもらって
何人が、どの程度改善し、悪化した人は何人いたなど

心身共に健康な人が、アドラーを楽しむのはいいけど
病気の治療に有効かは、まだ誰もわからない

アドラーの治療効果に関しては、まず科学の土俵に立たないと
データすら無いので、否定も肯定もできない段階
つまり、アドラーは心理学では無く哲学

630 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 15:26:59.25 ID:15rgfcC8
>>597有難う
ちなみに何回くらい通いましたか?値段もよければ教えてください
アドラ―の講習受けたけど高いよねなんでこんなに高いんだろ

631 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/08(水) 15:33:16.91 ID:Rf0ZI3KS
統計データで言うと
うつ性自己評価尺度の測定で効果確認されたのは学会誌の中で見た事があるな

632 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 18:20:46.22 ID:+17tFm2T
名越康文氏もまたアドレリアンの一人。アドラー心理学と自分の臨床経験から研究してると

633 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 18:28:47.11 ID:8FO/yoUe
アドラーによると「夢(=目的)は必ず叶う(もう叶っている)」だからな
哲学どころか詭弁に過ぎぬよ
ジャック・デリダ以前の言葉を万能だと看做す古い考え方だ

634 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 18:32:00.89 ID:+17tFm2T
>>597
もしかして、担当は名越さんでしたか?

635 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 20:47:39.30 ID:3XVOwHTG
アルフレッド・アドラーは言います。
アドラーのアドはアドセンスクリックのアドであると。

636 :597:2017/03/08(水) 21:45:14.52 ID:h/N3F1Aj
>>623
こちらこそありがとうございます
私も普段はROM専ですが、今回だけ書き込みしました
ただ私に限っての体験に過ぎず、他のみなさんの体験も聞いてみたいです
学ぶこと、次々とありますね

>>625
こちらこそありがとうございます
いやいや、本当に自分のみの体験なので、なんの統計にもならず、で申し訳ない
ただ私も身心に不具合がある人は、まず病院へ、と思うんですよね
様々な方向からの手立てを行ってもらったほうが、完治への近道かと
アドラー心理学を否定しているわけではなく
登山にしても色々なコースがあって自分にあった登り方をすればいいのではないか、と
あれ?なんかずれてますよね、私。的外れです、ごめんなさい

>>630
1回1時間・週2回だったかな、半年以上通った記憶
診療所の中にカウンセリングルームがあり、医師とカウンセラーは全く別物、
という扱いでした(だから、カウンセリングだけ、という人も)
1時間5000円
現在は心療内科で、自治体に「自立支援医療」の申請を出し、認めてもらっているので
「医師の診察・カウンセリング(30分)・薬」全部含めて、何回通院しても
1か月2500円までそれ以上は無料になっています
(私は今、週2回通院なので、1か月合計2000円くらいです)

>>634
いえいえ、名越さんではありません
精神科医の方ではなかったんだけど、名前を言うのは憚られるので申し訳ないです

637 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 21:54:58.55 ID:vSwKBnPb
アドラー心理学を実践すれば、うつ病は必ず治ります。
治らない場合は、あなたがうつ病を治さないと決断しているのです。

638 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 21:57:30.23 ID:Jq6R+P8l
うつがアドラーカウンセリングで治るって、誰か言ってるの?

639 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 22:00:48.85 ID:+Q/9xdor
ううん、荒らしが適当なこと言ってヘイト集めようとしてるだけ

640 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 22:04:10.74 ID:vSwKBnPb
>>638
カウンセリングを受ける必要はありません。
アドラー心理学を実践するだけで、うつ病は必ず治ります。

641 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 22:05:38.51 ID:vSwKBnPb
私は、アドラー心理学を信頼しています。
アドラー心理学を実践すれば、自分は幸福になると信じています。

642 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 22:19:25.96 ID:EM3TMeV7
いいや「必ず幸せ」にはなれないね
幸せになろうが不幸になろうが
「あなたはその結果を望んでいたのです」と
結果を見てからアドラー心理学は言うだけだ
つまりアドラー心理学は「後出しジャンケン」に過ぎない

643 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 22:22:28.25 ID:Y91VYrPR
>>633
確かにデリダは「共同体感覚」とか「クオリア」とか嫌って退けそう……

644 :名無しを整える。:2017/03/08(水) 23:36:25.69 ID:s7zgYm5S
>>642 その通りだね
ただ、アドラーの考えは嫌いじゃないけど
精神的に弱ってる人には、向いてないと思う

645 :597:2017/03/08(水) 23:53:29.27 ID:h/N3F1Aj
>>644
実は私もそう思うんですよね
本当に弱っているものには、向いていないのでは、と
(でも、「合う、合わない、だけではないか」と言われればそうではあるけれども)

646 : ◆EuDxtIU3fs :2017/03/09(木) 00:09:00.65 ID:4e6ikdmc
アドラー心理学は逃げ道の隠れ蓑となる、
本人も気づかないレベルの言い訳まで剥ぎ取ってしまいつつ
そのままの自分で良いんだよと認めつつさらに、
だから立ち上がって歩いてごらんって突きつける理論だと思う

一般のカウンセリングなんかは、来談者中心療法を取り入れてるから
逃げ道も受け入れて信頼関係を結んでいくイメージがある

アドラー心理学がインファイター的なら、現代のカウンセリングはヒットアンドアウェイ

とか言いつつ、カウンセリングを受けたことないし、
アドラー心理学のカウンセリングも別にそんな厳しいこと言わないって話なんだけどね
全部俺の妄想でした

647 : ◆EuDxtIU3fs :2017/03/09(木) 00:12:02.31 ID:4e6ikdmc
でも短期療法や認知行動療法に行き着くまでの脈絡を見ると
アドラー心理学の解決志向が確実に受け継がれてきてる印象だよね
アドラー心理学という大枠にのせて、他の心理学を当てはめていくのが美味しいと俺は思うな

648 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 00:29:39.67 ID:gck5xgs5
>>645
病名がつく人には、ふさわしい治療があるし、ふさわしい治療を受けた方がいいと思いますね
アドラー心理学も万能ではないのですから

649 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 00:32:27.15 ID:zm/SA/q4
>>646
いや、ですから、それが、本論をいきなり突きつけるセラピーはうまくいかないと、拙いと言われる所以なわけですよ

650 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 00:34:34.67 ID:zm/SA/q4
>>646
追記すれば、わざわざ治療抵抗を産むようなセラピーをしてクライアントの得になるのか、っていうことですね
悪徳セラピストならどうかわかりませんけど(笑)

651 : ◆XlGyrhgCZI :2017/03/09(木) 00:58:25.42 ID:h0EnHUfi
面白い議論してるなあ
アドラー心理学は基本的に平静状態の人の技術だと思うよ
アドラーの主たる治療技術は日常エピソードの分析と、より深層に働きかけるライフスタイルの分析に分類できるんだけど、
このいずれもが冷静な対話でエピソードを聞き出すことを前提にしている
なので動揺がある人にいきなりあてられるものじゃない

そこで情緒的に均衡が崩れて危機状態に陥っている人に対しては「危機介入」が必要になると言われる
これは興奮状態を平静にしたり、リラクゼーションによってその状態を脱する技術で、
>>646さんの言うところの傾聴とか、事前の薬物療法とかEMDR、TFTとかを推奨するみたいだね
これらは知識があれば併用できるだろうけど、厳密にはアドラー心理学の受け持ちじゃない
俺は、個人生活では呼吸法とかNLPを転用してこの辺を補完しているな

カウンセリング技術について言うと「解釈投与」「正対」という技法があって、
「あなたがこうするのは〇〇だからです(解釈投与)」「どうしますか?(正対)」と決断を迫る手法がこれなんだけど、
>>649さんの言うように本論を突いても反発される場合がある
なので最近はもっぱら「助言者が戦略的に質問をすることによって自分で解法を導き出してもらう」のが中心らしいね

652 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 01:22:47.90 ID:+gCmUkHg
>>651
申し訳ないが、難解な言葉止めて平易な言葉で書いてくれませんか?
承認欲求の強さにクラクラする

653 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 02:43:27.13 ID:rGsP+W6P
>>649
そもそもアドラー心理学のカウンセリングは本論を突きつけるセラピーじゃないよ
ここで繰り返し適当なこと言ってる(荒らし?)の理論を真に受けて独自のアドラー心理学像を持ってない?

654 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 02:58:49.13 ID:rGsP+W6P
>>652
なんか俺は逆の感想を持ったな
説明がややこしくなりそうなことを話題に合わせて端的に説明ててわかりやすいなと思ったけどどの辺がわかりにくい?

655 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 03:19:08.04 ID:+gCmUkHg
>>654
全編分かりにくいよ。ナルシシズムがある文章は読めない。伝えるより自分の知識アピールする文章は読めないな
普段から横の関係を意識してるなら難解な語句は使わないはず。承認欲求が強い人間に対して
アレルギーがあると言った方が伝わりやすいかな

656 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 03:35:14.82 ID:+gCmUkHg
ていうか、>>651さんに相当失礼な文章を書いてるのはダメですね。反省しています
もっとも、意見は変えませんが(笑)

657 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 03:51:37.98 ID:6s0WlU/t
ナルチシズムも知識アピールも感じないけどなあ
正直悪いけど俺には>>646の人の方がいつもよくわからないかな
言葉数は多いけど何が言いたいのか伝わってこない
わかりやすいわかりにくいは人によるものなんじゃない?

要はアドラー心理学の治療は相談者とカウンセラーの役割をそれぞれが受け入れてお互いの目標が一致した中で行うのが大前提だから
心理的な抵抗があって「冷静な話し合い」ができないのならば、実際はアドラー心理学としては専門外の手法を使ったりして、まずは冷静に話し合える場や関係を作るってことじゃないかな?

658 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 03:53:25.45 ID:6s0WlU/t
ID変わってるけど>>657>>654です

659 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 08:27:49.55 ID:8nmD+542
アドラー心理学と森田療法を実践してます。アドラーでは怒りはどのようにとらえてるのですか?

660 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 09:29:08.09 ID:PYLmZcz9
>>659
愛の裏返しですかね
愛されていないと感じたときに怒りが湧きます

661 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 09:40:18.19 ID:0+IhVyGI
>>636
ありがとう私も受けてみたいですが大阪?どこらへんですか
なんとなくでいいので教えてもらえますか
東京では知ってるんですが電話とかになるんで

662 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 12:39:27.27 ID:EfAlqJqq
>>661
本当に申し訳ないが、カウンセラー本人が特定できる書き込みは
私には出来ません
アドラー心理学のカウンセリングを受けたいと思っておられるのであれば
東京にも対面式のものが他にもあるのではないかと思います
探してみて下さいね
力になれず、申し訳ないです

663 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 15:36:15.04 ID:8nmD+542
>>660
怒りを押さえるにはどうしたらいいですか?

664 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 16:31:49.38 ID:+gCmUkHg
アドラー心理学は弱った精神状態の人には向かないという話もあるが、精神科医で
患者にアドラー的なカウンセリングしてる人は多いよ。岸見さんの本を推奨したり
目的論より課題の分離とトラウマ無し論が適切。引きこもりで病んだ人にはそれらがある程度有効
カバー出来ない部分はあるけど

665 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 17:05:06.70 ID:+YxmKE4H
>>664 薬や認知行動療法など、ガイドラインの方法でもダメで
それでも頼って来る人には、アドラーもありかと

アドラーなど哲学や宗教に頼るのは、最終手段だからな
健常者が個人レベルで楽しむ分にはいいけど

666 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 17:21:59.06 ID:A1LZxUSq
>>663
横だけど代替手段を見つけて体感で自分を納得させることかと
愛されたい愛したいという目的が先にあって、それが満たされない劣等感を怒りという感情を使って埋めようとしていると捉える訳だから
怒りという感情を使わなくても目的に向かうような建設的な方法を見つければいいってことになる
つまりは他者との協力的な生き方を目指すアドラー心理学の実践自体が怒りを利用する必要性をなくしていくことになるので
怒りどうにかしなきゃ、ってことより、今自分にできる貢献ってなんだろって事に意識を向けて行動していくことで、怒りが重要じゃなくなってくるってことかと思います

667 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 17:34:15.46 ID:IFqE8R65
アドラー派の指導者でさえ心理職の専門家ってあんま聞いたことないもんなあ
野田さんは精神科医だが病院勤務ではなく裁判所の医務室技官のあとアドラー心理学の研究ひと筋
岸見さんは哲学研究者、向後さんは教育学博士

野田さんのアドラーギルドなどで学んだ人たちがカウンセラーをやっているわけだけど、
あくまで民間資格者なのでアドラー心理学以外の心理系の専門知識があるかどうかわからないし、
臨床心理士のような臨床経験のある人も皆無に近いだろう
おそらく、「このクライアントにはアドラー心理学以外の療法が適切だろう」といった判断もできないんじゃないかな
占い師が占い以外の解決方法を提示できないのと同じ

アドラーの思想そのものには興味があって本やこのスレを読ませてもらっているけれど、
自分が実際にメンタルの相談に行くかというと、たぶん行かない

668 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 19:26:25.95 ID:8nmD+542
>>666
有難うございます。復讐の為に内部告発しようと思っていたのですが。考え直します。

669 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 20:38:51.59 ID:GUYvkuCk
>>642
不幸は本人が作り出したものです。
なので、自分の意思で、手放すこともできます。

670 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 20:40:05.23 ID:GUYvkuCk
>>644
弱っている人はいません。
自分を弱らせている人がいます。

671 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 20:40:35.35 ID:GUYvkuCk
>>645
弱っている人はいません。
自分を弱らせている人はいます。

672 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 20:41:15.93 ID:M4DmddLF
まーた始まった

673 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 20:42:33.42 ID:GUYvkuCk
>>646
アドラー心理学は逃げ道にはなりません。
人が逃げるために、アドラー心理学を利用するだけです。
悪いのはアドラー心理学ではなく、利用する人です。

674 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 20:43:18.33 ID:GUYvkuCk
>>647
原因論を使う心理学は問題解決の役には立ちません。

675 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 20:46:50.03 ID:GUYvkuCk
>>648
病人は自らの意思で病気になったのです。
ですので、治療を受けることは目的から逸れます。

676 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 20:46:58.04 ID:+gCmUkHg
気持ちわかるが連投は控えなよ。一応、マナーだから

677 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 20:49:51.14 ID:GUYvkuCk
>>651
あなたはアドラー心理学を理解していません。
アドラー心理学はカウンセリングのためにものではありません。
人を愛するためにあるのです。
相手が平静状態ではないのなら、アドラー心理学は、まず、信頼してもらうことをします。

678 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 20:53:48.88 ID:GUYvkuCk
>>652
問題の原因を指摘してはいけません。
難しい言葉を使う原因を指摘するのではなく、
平易な言葉を使う利点を教えましょう。

679 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 20:56:37.08 ID:GUYvkuCk
>>653
自分と違う意見を認めましょう。
それが共同体感覚の成長につながります。

680 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 20:59:07.10 ID:GUYvkuCk
>>655
「読めない」のではありません。
「読みたくない」のです。
アレルギーがあるのではありません。
アレルギーを作り出したのです。

681 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 21:04:26.84 ID:GUYvkuCk
>>657
問題よりも問題の解決方法を伝えましょう。
それが勇気づけになります。
そして、あなたもアドラー心理学を理解をしていません。
アドラー心理学は愛を育むためのものであり、
カウンセリングは、その中の方法の一つに過ぎません。
冷静に話し合える場や関係を作ることは、アドラー心理学の専門外ではなく、
むしろ、アドラー心理学の専門です。

682 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 21:08:39.71 ID:GUYvkuCk
>>659
「怒り」は相手を「支配」するために創り出すものです。
例えば、怒りが原因で、人を殴るのではなく、
人を殴るために、怒りを創り出すのです。

683 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 21:09:11.09 ID:GUYvkuCk
>>660
違います。
怒りは人を支配するために創り出します。

684 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 21:14:04.05 ID:GUYvkuCk
>>663
アドラー心理学は、怒りをコントロールすることを否定します。
あなたが創り出してた怒りは、受け入れるしかありません。
怒りをコントロールするのではなく、怒りを創り出す認知を治しましょう。

685 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 21:16:42.60 ID:GUYvkuCk
>>664
アドラー心理学が弱った人に向かないことを否定します。
自分が「弱らされている」のではなく、
自分が「弱らせている」、つまり、自分の意思でコントロール出来ることを知ることで、
弱った人は、自分を変えることが出来ます。

686 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 21:19:05.77 ID:GUYvkuCk
>>665
アドラー心理学は全人類が実践するべきです。
そうすることで、他者に貢献をすることで幸せになる、
喜びと平和に満ちた世界になります。

687 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 21:21:53.11 ID:GUYvkuCk
>>676
連続でレスをしても、このスレの方々は私を受け入れてくれると、私は信頼しています。
そして、連続でレスをすることに貢献感を感じているので、控えるつもりはありません。

688 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 22:04:23.14 ID:M4DmddLF
この後アドラー心理学は宗教みたいだの科学的に時代遅れだの奴が登場するまでがテンプレ

689 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 22:40:38.23 ID:jbFNkBfl
>>669
NGにしますね〜

690 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 22:43:43.82 ID:jbFNkBfl
>>663
簡単ですよ
相手があなたをあなたが思うように扱わなければならない、という考えを捨てれば怒りはわかなくなります

691 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 22:46:17.56 ID:jbFNkBfl
>>644
たとえば、うつ病や統合失調症の治療法は確立していますから、アドラーセラピーにかかるより先に治療するべきです
そのあとに残る、なんとなしの生きにくさを改善するのがアドラー心理学ですよ

692 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/09(木) 23:37:52.47 ID:aAm6tRAk
んだんだ
アドラーはコクと苦みがあるかんな

693 :名無しを整える。:2017/03/09(木) 23:47:03.03 ID:+gCmUkHg
>>691
統合失調症なんかは色々実験的な試みが行われていて今までの論文が否定されている部分もあるよ
NHK教育で24時からあるから興味ある人は見てみたら

694 :名無しを整える。:2017/03/10(金) 03:59:39.60 ID:DwyIRIAL
>>688
実際、宗教の教えと被ることが往々にしてあるしな。
それら全て褒め言葉だろ。

695 :名無しを整える。:2017/03/10(金) 06:31:15.35 ID:N48fTTjD
連投して無自覚荒らしみたいな人は嫌われる勇気は読んでなくて、Twitterのアドラーbotを
読んでるんだろう。文章のパターンがアドラーBotそのまま

696 :名無しを整える。:2017/03/10(金) 09:52:55.64 ID:YDIpL+pb
>>690
相手から罵声浴びせられたり、酷い事されたりしたら怒りが芽生えますよね?こちらに落ち度がない場合どうしたらいいですか?

697 :名無しを整える。:2017/03/10(金) 10:12:47.25 ID:7y3jkVA/
>>696
あなたが怒りを創ります。
罵声を浴びせる人や、酷いことをする人は影響です。
影響を、どうするかは、あなたの自由です。
怒りを創るか、反応しないかはあなたの自由です。

698 :名無しを整える。:2017/03/10(金) 10:17:17.38 ID:7y3jkVA/
>>691
それは違います。
まず、アドラー心理学を実践することで、病人は病気を治すことを目的にできるのです。
自分が病気を創っていることに気づくことで、病人は病気を治すことを目的にできるのです。

699 :名無しを整える。:2017/03/10(金) 10:22:23.82 ID:7y3jkVA/
・自分がしたことを認めろと要求し、認めてもらえないと怒ったり動転することをやめましょう。
・自分の問題や病気について語りあるいは騒ぎたてて関心を引こうとすることをやめましょう。
・聞かれもしないのに、また状況に変化を起こすこともできないのに、意見を述べることをやめましょう。
・他者そのものよりも、その他者に自分がどう見られてるかを気にすることをやめましょう。
・所有物や知識、要望、地位、肉体的力などによって他者に感銘を与えようとすることをやめましょう。
・何かあるいは誰かに怒りの反応によってエゴを一時的にふくらますことをやめましょう。
・ものごとを個人的に解釈して不機嫌になることをやめましょう。
・心のなかで、あるいは口に出して無駄な不満を並べて、自分が正しくて相手が間違っていると決めつけることをやめましょう。
・注目されたい、重要人物だと思われたいと考えることをやめましょう。

700 :名無しを整える。:2017/03/10(金) 12:28:11.54 ID:82Fr0P3I
>>698
時々おかしなことを言う人だな
この世はアドラーを知らない人だらけですが、
それと無関係に病気を治していますよ

701 :名無しを整える。:2017/03/10(金) 13:28:16.08 ID:Gpeu+tPX
時々?

702 :名無しを整える。:2017/03/10(金) 15:25:34.60 ID:7y3jkVA/
>>700
病気を治す人はアドラー心理学を実践しています。
ただし、それがアドラー心理学だと自覚はしていません。

703 :名無しを整える。:2017/03/10(金) 16:40:32.32 ID:82Fr0P3I
>>702
NGにしますね。

704 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/10(金) 20:43:02.80 ID:u/6gctYl
人間は思い通りにならない際に怒り嘆く
しかしその思い通りは最初から幻想なのである

705 :名無しを整える。:2017/03/10(金) 22:02:34.78 ID:YDIpL+pb
>>702
確かに一理ありますね。でもうつ病の人が治らないのは、うつ病であり続けたいからなのですか?

706 :名無しを整える。:2017/03/10(金) 22:06:17.59 ID:7y3jkVA/
>>705
その通りです。
自分がうつ病であることで、目的が達成されるのです。

707 :名無しを整える。:2017/03/10(金) 22:19:24.46 ID:LJoS6i/N
うつ病であるメリットがあるんだね。
なるほど、分かりやすい。

708 :名無しを整える。:2017/03/10(金) 22:20:56.15 ID:7y3jkVA/
>>703
私は他者貢献をしています。
しかし、私はあなたに嫌われました。
けれど、これは私が自由である証拠です。
私は、「嫌われる勇気」、を持ち続けます。

709 :名無しを整える。:2017/03/10(金) 23:27:07.83 ID:YDIpL+pb
>>706
自分は鬱を治したいです。でも良くなりません。鬱のままいたいとも思ってません。どうしたらいいですか?

710 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 00:43:44.76 ID:et5b9byC
>>709
ちゃんと薬を飲んでいますか?
主治医と確り治療法について話し合った方がいいですよ

711 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 02:59:52.54 ID:A4kUIUEE
アドラー心理学は哲学
哲学の欠点は定義しなきゃ始まらないってことと、プロセスを無視するところ
宗教でもあるが、哲学理論で、決め付けるというか裁くようになるから、受け手の捉え方次第だね
それでも、アドラーというか「幸せになる勇気」は欠点を補いつつうまくやれた傑作
宗教じゃない形でどれだけやれるかチャンレンジした意欲作

712 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 03:13:31.18 ID:A4kUIUEE
アドラーは結果については、保証すらしない
そこの潔さは、ほれぼれする
自己啓発の類と言われるが、ちまたの自己啓発って目標や結果を設定するものだから、
アドラーとはまるで違う
アドラー本のなかには、そういう誘導をしているものもあるけどね
結果が大事なのではなく、姿勢そのものが大事だっていうあたりが東洋における「道」を感じさせる
日本人にも受けているのはそこかもしれない

713 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 03:54:07.86 ID:A4kUIUEE
理論をもとに分析だけ聞かせてやって、あとは自分でやれば?ではなく「勇気づけ」という形で常に他者と関わっていく実践哲学の思想だからね
でもまあ、勇気づけとかいわなくても、愛がある人は「勇気づけ」ぐらいはするけどねw
ただ、勇気付けを支える考え方においては見かたが割れるかもしれない
相手をどのような存在だと見なすかという話しだ
宗教においては、ここで大いに考え方が分かれるところではあるが、オレはアドラー派だな
人は「本来は力強い存在なのだ」だと思って接するということ 宗教でいう神性を宿していると見るということ
かわいそうな存在でもなければ、どうしようもない存在でもなければ、ダメな存在でもなければ、
情けない存在でもなければ、劣った存在でもないという認識さ
子育てをした人なら普通に理解できることでもある
子供は、自分の力で立って歩いていくんだよ

714 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/11(土) 07:23:50.02 ID:VsdaabFs
本流と結果主義の自己啓発をパパッと見分けてるあたり、視力がいいw
目利きやね

715 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 09:23:43.52 ID:yKSZjexX
>>709
アドラー心理学を実践しましょう。
そうすれば、全ての悩みは解決します。

716 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 09:30:05.84 ID:yKSZjexX
>>711>>712>>713
素晴らしい。
あなたにもぜひエックハル道を歩んでいただきたい。

717 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 10:06:46.88 ID:yKSZjexX
>>711>>712>>713
エックハルト・トールの主な著書で、
「The Power of Now」は、アマゾンUSAで、5段階評価の4.6、レビュー数が4852。
「A New Earth」は、アマゾンUSAで、5段階評価の4.6、レビュー数が3652。

718 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 10:55:58.62 ID:tG3CS5f/
みんな押し付けるの好きな

719 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 11:17:31.53 ID:yKSZjexX
エックハルト・トールは言います。

旅をしているとき、自分がどこに行こうとしているのか、
もしくは、どっちの方角に向かっているのか知ることは、たしかに助けになります。
ただし、わたしたちの旅の中で、ただ一つの究極の現実は、
いまこの瞬間踏み出している一歩だということはけっして忘れないでください。
これまでも、これからも、そうです。

720 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 12:04:10.69 ID:yKSZjexX
>>714
褒めてはいけません。
アドラー心理学は褒めることを否定します。
褒めることは相手の勇気を奪うことだからです。

721 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 17:26:26.44 ID:NA9JwK8Q
運勢には根拠はあるのですか?運勢が悪いとアドラー心理学が裏目に出ないか心配です。

722 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 20:02:53.58 ID:z5Sf1Hh8
みんな〇ックハルトが書き込んだとたん、一斉に書き込まなくなるな。気持ち悪いんだろう。
それらしきを見つけ次第、即NGしてみて。これで不快感がかなり解消する。

723 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 20:41:33.11 ID:z5Sf1Hh8
よく分からないという人へ。〇ックハルトは程度の低い粘着荒らしです。
最近で言えばIDが赤くなるまでレスしてるのは全部じゃないかもしれないけれどまずソレです。
目的は構ってちゃんなので特徴を覚えてNG対応で。主な特徴は人の意見を頭から否定するレス、不自然な通りすがり初心者質問。

724 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 21:11:42.35 ID:nNIzHTxq
>>723
医学ガーアドラー信者ガーって言う言葉遣い荒めの人は同じ人?

725 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 21:50:35.48 ID:yKSZjexX
>>721
ありません。
あなたの全てはあなたの意思が決めます。

726 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 22:25:34.52 ID:XhL/jkVI
>>725
ゴールデンレトリバーに噛み殺された女児は
自分の意志で「噛み殺されよう」って決めたわけじゃない
人間が意志の力でコントロールできる範囲には限界がある
それは当たり前の現実の話だ
すなわちアドラー心理学は現実に沿っていない
フィクションの世界のロジックだ

727 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 22:30:17.81 ID:z5Sf1Hh8
>>724
微妙な所ですけど無意味に挑発的なレスは面倒なので同一と見てますね、自分は。
こんなひっそりとしたスレまで来て理解を深めようという意思もなくアドラー心理学を挑発しようとするのは例え別人であっても同じ構ってちゃんです。
あと通りすがり風の初心者にも注意。これが偽装〇ックハルトで、質問で釣れなければ〇ックハルト自身が変な回答をして住人の修正レスを釣ろうとする、というのはよくある定番です。
スレを読んでる気配があるならともかく脈絡なく初心者が通りすがりのようにスレに質問を突っ込んでくるのは不自然。
相手しても時間とスレの無駄なのでシカトですね。アドラースレで絡むなら常識的でこなれたレスをする人とコテ常連ぐらいで後はデフォルトで無視ぐらいが適度かもしれません。

728 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 22:36:57.31 ID:XhL/jkVI
>>727
もの凄い偏見と色眼鏡だな
「何が書かれているか」ではなく「誰が書いているか」にしか関心を持てない
学問の徒ではなく宗教の下僕だな

729 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 23:11:03.64 ID:+qr06HT/
>>727
確かに、質問者はすべて釣り目的でしょうね。過疎スレに来たなら常連を装うのが普通だろうから

730 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 23:28:36.34 ID:z5Sf1Hh8
>>729
そうなんです。同板の他のスレの雰囲気を見てほしい、このスレおかしくね?という異常性に気付くから。
質問をする初心者がこんな場所に毎日、押しかけてきて荒らしがマッチポンプで回答してるのはここだけです。
アドラースレには超粘着の荒らしが住み着いていてここにも付いてきてる。心理板の移住者ならこれ暗黙の常識なので。
荒らしは相手してもらうことだけが目的で心理板だとID無いのでシカトするのに苦労したけれど、この板ならNGは簡単。
それなのでみんなNG使ってみてほしいですね、消すというのはやって見ると分かりますが心理的に快適そのものなので。

731 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 23:28:45.42 ID:NA9JwK8Q
>>729
全ては言い過ぎでしょう。

732 :名無しを整える。:2017/03/11(土) 23:38:35.29 ID:+qr06HT/
>>730
ただし、荒らしの存在は一定のトレーニング材料にはなりますよ
IDを変えない自覚荒らしの人は大した脅威ではないのではないですか
荒らしを余り過大に捉えないのも大事かと

733 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 00:38:36.85 ID:zQKqf9iS
>>729
> 質問者はすべて釣り目的
> 過疎スレに来たなら常連を装うのが普通だ
>>730
> そうなんです。
> これ暗黙の常識

ちょっとアレな人同士は会話が通じるんですね
「普通」とか「全て釣り目的」とか「常識」とか
基準は全て自分で他者の存在をまるで考えていない
乳児か

> 心理的に快適そのもの

誰もが「心理的な快適」を目的にしてるわけじゃありませんよ
あなたには他人を理解できないでしょうが

734 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 00:49:48.36 ID:6hPOs1Yv
>>730
> 消すというのはやって見ると分かりますが心理的に快適そのものなので。

あなたはいつか誰かを殺しそうですね
あなたは人殺しと同じ考え方をしていて
自分と違う他人を決して赦すことが出来ない意地が悪い性格で
アドラー心理学の欠片も無い攻撃衝動を発散するためだけに
スレをお気に入りに登録している

「他者の課題」という言葉があるのに
「アイツは荒らし!」「荒らしを仲間外れにしよう!」と積極的にイジメを主導する
あなたには最初から違和感を感じてたんですよね

735 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 01:10:26.32 ID:VM/qJ5ZH
まだアドラーさんホルホルなんかやってるのかね
あのオッサンの説なんてのは
実践者の解釈でどうとでもなるぐらいアバウトってのは
いい加減気づいてるだろうに

736 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 02:03:44.15 ID:/Oiqo7Rb
他者への貢献

人を殺す(消す)事が他者への貢献だと強く信じる
悪魔教みたいな精神異常者の実例がすぐ上に存在するしな
定義が曖昧で雑だから>>735さんの言う通り
解釈する個人の立場や特性によって正反対の結論が導き出されたりする
アドラーが学問を名乗るには2000年早い
ユングフロイト心理学もどうかと思うが

737 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 02:47:02.03 ID:VZKFrK+u
クールダウンさんも出てきて何がなにやら

738 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 08:00:30.77 ID:jpcHPWCa
決めつけと押し付けが多いなぁ

739 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 08:36:23.11 ID:De1RedUn
このレスらは荒らしですね。>>733>>734>>735>>736
NGワードの時もそうでしたがこういう討議で激情する動機があるのは荒らしぐらい。なので不自然。
宜しければ煽りの特徴を覚えてNGするようにしてみて下さい。きっとスレのためになりますので。

740 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 09:04:32.60 ID:8MF8AEVV
アルフレッド・アドラーは言います。

問題行動に注目すると
人はその問題行動を繰り返す。
叱ることは、悪い習慣を身につけさせる
最高のトレーニングなのだ。

741 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 09:06:38.49 ID:8MF8AEVV
アルフレッド・アドラーは言います。

あなたのために他人がいるわけではない。
「○○してくれない」という悩みは
自分のことしか考えていない何よりの証拠である。

742 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 09:19:48.89 ID:8MF8AEVV
>>726
イヌが女児を噛んだことは影響です。
その影響をどうするかは、女児の意思の自由です。
「イヌが私を噛み殺した。」というのは女児が自分の意思で選んだ結果です。
しかし、他にも、「イヌが私を噛み殺してくれた。」、
「イヌが私を噛んだ。そして私は死んだ。」、
など、与えられた影響をどうするかは、本人の意思が決めることです。

743 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 09:27:57.77 ID:/uppTc3g
>>732
私は荒らしではありません。知りたい事を聞いてるだけです。でも貴方がどう思うかは貴方の課題です。私を荒らしと決めつけても構いません。私は「嫌われる勇気」を持とうと思います。

744 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/12(日) 12:07:56.12 ID:jBQIbSx/
そいやドラマは今どうなっているのかね
トリ貯めしてるんを見るのがこわいなw

745 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 20:11:44.44 ID:ZMqEJshp
レーダー追尾により自然値0.058μSv/hをはるかに上回るガンマー線が27万円程度の測定器で否が応でも計測され続ける
https://www.youtube.com/watch?v=CtiacppR5dk

9:27人工衛星(確実な部分)
https://www.youtube.com/watch?v=-Ls8O7jjK1A

746 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 22:51:14.26 ID:VM/qJ5ZH
自分に都合の悪い書き込みを勝手に荒らし指定するアドラー信者の独善は

どうにかならんのかね

747 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 23:01:45.24 ID:X4UrKYrm
>>746
ま、まともなことを書けば誰か相手にしてくれるよ
議論にもならないのは、その価値すらないからさ
ちゃんと本を読むことだね

748 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 23:24:35.55 ID:i53FAEwY
アドラー信者なのか?

「アイツは荒らしだ!荒らしをNGしろ!NGするのは性的快感です!」
他の参加者を説得しながら自分は絶対にNGは使わない
匿名掲示板で個人を特定してイヤガラセするのを人生の楽しみにしてる
基地外ストーカーはアドラーのモジュールで動いてんのか???

749 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 23:29:51.13 ID:i53FAEwY
>>739
お前だお前
お前は嘘つきのストーカー野郎だ
お前は馬鹿を騙して自分が決してやらないことを命令する頭の悪い詐欺師で
金が目的ならまだしも掲示板でのイジメが目的の知恵遅れDQNだからどうしようもない

アドラーでも「キモい!死ね!」って言うんじゃないか?

750 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 23:30:30.82 ID:9wP+lVXe
>>748
落ち着けよ……
落ち着いたら、自分がいったいここで何をしたかったのかを考えなさい
答えが出たら、ここに書き込んでください

751 :名無しを整える。:2017/03/12(日) 23:50:26.76 ID:VM/qJ5ZH
アドラー信者は
自分がマトモで論理的だという思い込みが既に間違っとるよね

752 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 00:01:23.92 ID:2eKDE2Tq
>>751
アドラー信者は
自分がマトモで論理的だという思い込
んでいるという論証を是非よろしくお願いしたく

753 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 00:08:52.90 ID:oZ7gCe8Y
落ち着かない勇気

ただ>>739のようなストーカーが
嘘を吐いたり人を殺したり地下アイドルの顔をメッタ刺す動機が「他者への貢献」だとするなら
アドラー心理学はストーカーとの親和性が高いのかも知れない
と思いました
このスレを見てるなら一応アドラーをかじってるはずだからな

アドラー心理学は異常者の行動を正当化する

754 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 00:09:38.30 ID:4Q/EceQo
「アドラー説なんてのは
 実践者の解釈次第でどうとでもなるぐらいアバウト」という指摘が
なんで荒らし指定になるのかわからんのよね

都合の悪いもの排除してる狂信者としか言いようが無いだろうに

755 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 00:16:44.02 ID:PN/WdGmI
>>752
逆だろう
アドラー信者は「嫌われる」ために
(自分が思う)マトモじゃなくて非論理的なことを積極的にする
モラルの破壊って点で
アドラー心理学はマキャベリズムに近いんじゃないかって俺は思うようになってきた

ただ上の方のレスを読んで勉強になったが
『嫌われる勇気』ってのはアドラーの言葉じゃないんだな

756 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 00:20:16.75 ID:8c4mVFyC
>>755
それ論証じゃないよw
やっぱNG対象者なんだねー

757 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 00:22:47.77 ID:4Q/EceQo
アドラー信者は

何の論証ができてるつもりでいるのかサッパリわからんのよね

758 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 00:41:24.59 ID:7TXnryuA
>>756
お前は基本的にアドラー心理学に興味も関心もないよな

お前がスレでやりたいこと(やっていること)は
・特定個人をストーキングする事
・自分がストーキングしている個人を「NGにしろ」と参加者に呼びかけること
この2つだけだ

興味があって質問するんだが
それってアドラー心理学の実践なのか?
つーかお前はただの1回もアドラースレでアドラーの話をしてないよな

759 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 01:17:54.79 ID:2RSyGb9S
>>757
「あいつをNGにしろ」ってうるさく命令してる奴は
おそらくアドラー信者ではなくてただの荒らし
ただの頭がおかしいストーカーだろう
他人に嫌がらせを繰り返してるだけの自分の行為を
アドラー心理学で解説できるとは思えん

アドラーが言う「共同体感覚」ってのは
一人の人間が誰かにレッテルを貼って
残りの全員がそいつの命令(NGしろ)に従う共同体の感覚のことか?
俺も詳しく知らんが流石に違うだろ

760 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 01:41:42.39 ID:Tkr9JkE+
わたしの友らよ、君たちにはわたしはこう忠告する。
罰しようとする衝動の強いすべての人間を信用するな。
おのれの正義について多くを語るすべての人間を信用するな。

ニーチェの言葉だけど、他者信頼ができていないと叱られるだろうか──

761 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 03:36:38.24 ID:3Z/qooil
アドラー信者というレッテルを貼ることで対立の構図を作れるから便利だよね

762 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 04:22:59.84 ID:aUpEebJ7
>>760
アドラー心理学と同じだな。議論で相手を論破したくてたまらないとか自分は正義であると
宣言したい時には、縦の関係の視点で他者を見ている

763 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 06:48:33.67 ID:80YccNbH
お前らは俺が選んだ奴をNGすれば良い
俺は上だから荒らしを選ぶ責任があるからNGは使わんが

リトル金正恩かな?

764 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 07:21:17.50 ID:vss6c1e2
NGにしとく

765 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 10:45:25.00 ID:Kg+EyCrn
>>762
あーこの人は縦の意識を持っているなー
って人を評価してしまうところがアドラー心理学の知識を得た段階によくある一つのハードルだと思う。
そう感じる事が私的感覚なんだ思い込みなんだと気づいて
それが悪い事ではなくむしろ良いことなんだとわかると一気に自己受容他者信頼が容易になる、勇気が持てるのでおすすめします

766 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/13(月) 11:51:42.18 ID:39q24slk
うむむ
深いな

767 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 13:04:50.68 ID:4Q/EceQo
「アドラー信者」というのはレッテルじゃなくて

その人の実態をそのまま表現したものに過ぎないw

768 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 14:15:12.27 ID:zXZ5qaA/
キャハー(*≧∀≦*)
ここの人たちいっぱい藁人形作ってて超ウケるんだけどー

769 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 14:55:43.88 ID:aUpEebJ7
>>765
完全に権力争い仕掛けてるな。屁理屈口論はやめましょう
縦の関係で見ている人よ

770 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 15:45:14.27 ID:I02+teMa
>>769
口論じゃないと受け止めることはできる?
そしたら時間くれれば自分なりに説明することは可能だと思うな
一言で言うと、縦の意識が良くないのではなく、縦の意識を持ってしまう私をどう生かすのか?っていうところに横の意識があるって感じかな
アドラーの楽観的であれって言葉の意図が今個人的にめちゃくちゃ刺さってるんだよね

771 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 15:56:03.18 ID:aUpEebJ7
>>770
とりあえず、>>762は自分に向けて言ってる言葉だから。他人に向けた言葉じゃないよ
アドラー心理学は楽観的な哲学・心理学だが、自分としては仏教の修行的なイメージかな、今は
苦行じゃないけどね

772 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 16:23:23.35 ID:K+B3x3nU
上下関係
「俺は偉いからNG対象者を決定する権利がある」
「NG対象者を決定するために俺だけはNGを使わない特権がある」
上と下に世界を分けるのは左翼的

逆にアドラー心理学は
共同体の内と共同体の外に世界を分けるから右翼的
「共同体に貢献せよ」ってのはすなわち
「共同体以外には貢献するな」と言ってるのに等しい

773 :外にでたい人:2017/03/13(月) 16:37:09.48 ID:1SrG0amq
アドラー読み始めて2日目です。
面白いのでいろいろ語り合いたいです。

774 :外にでたい人:2017/03/13(月) 17:22:23.70 ID:SwCzc2Tc
嫌われる勇気 幸せになる勇気を読んでるわけですが、

>>772さんと同様なことを感じもします。
哲人と青年が出てきますが、
青年が食ってかかってようやく対等の話ができている
気がしますね。
もしコミュ症の鬱屈とした口下手青年なら哲人とは、かなり
険悪になりそうです。

775 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 17:40:24.82 ID:aUpEebJ7
>>774
何でIDが変わってるの?いつもの癖ですか

776 :外にでたい人:2017/03/13(月) 17:49:08.97 ID:SwCzc2Tc
ここははじめてきました。
たぶんsageとあげの違いなんじゃないかな。
わからないけど
(私のタスクじゃないな)

777 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 17:51:10.35 ID:4Q/EceQo
>縦の意識が良くないのではなく、
>縦の意識を持ってしまう私をどう生かすのか?
>っていうところに横の意識があるって感じかな

こうやって各人が勝手に自己都合で解釈を広げていくだけだからね
縦の意識など持ってる時点で
アドラー実践者失格のはずだろうにそれは決して認めない(笑)

778 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 18:30:11.11 ID:UTwOnnop
仕方ない
現代社会が「原因と結果」の心理学で構成されている以上
当然内に所属している我々もそのルール上で立ち位置を同じにしている。
つまりアドラーの哲学を学ぶ者は手作りチョコを作る女子高生のように
市販のチョコを砕くような「脱却」という下ごしらえが必要になる
最初から完璧にアドラーを実践できる者など地上に一人も存在しない

779 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 18:47:21.52 ID:4Q/EceQo
半人前の分際で
師匠のお言葉の受け売りをひけらかして
得意満面になってるだけというのがアドラー実践者の現実

まあ、師匠ですら実践者としてどの程度のレベルだったか
はなはだ疑問ですがw

780 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 18:58:08.31 ID:wtTFBcf8
頂上を目指してボロボロになってる登山者がカッコ悪いのは仕方ない
中島みゆきは歌ってる

戦う君の歌を
戦わない奴らが笑うだろう

781 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 19:03:07.89 ID:wtTFBcf8
>>779
要するにお前も上と下の心理学に囚われてるんだよ
半人前と一人前という比較対象があるから
どちらが上かを決めて(決められて)下の人間を笑うことが出来る

782 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 19:32:05.89 ID:wDDAMbfL
>>777
劣等感を協力原理に転換しようってのがアドラーの基本的な思想だから自己都合ではなくないか?
例えば執着なんかが完璧になくなったら他者と協力する必要がなくなるよ

783 :外にでたい人:2017/03/13(月) 20:39:54.17 ID:46p2nESs
変わろうとする人は不安を抱き、
変わらないとする人は不満を抱える

不安も不満もどちらも嫌だが、
勇気をもって不安を選ぶ回数を増やしていきたいですね。

不満というのは、自分の活力をなくすものです。

784 :外にでたい人:2017/03/13(月) 20:41:42.32 ID:46p2nESs
私はよりよく変わりたい。
「不安は不可避」なのだろう。

785 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 22:28:15.94 ID:4FDnLAdu
>>783-784
共感出来る言葉ですね

786 :外にでたい人:2017/03/13(月) 22:32:52.39 ID:46p2nESs
>>785
ありがとうございます。

787 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 22:54:12.19 ID:p9Ltl9bT
荒らし連呼のストーカー野郎も同じだ
共同体への貢献を無視して共同体の内側で自分が上に立つ事を最優先する

非アドラー主義者はIDしか見る能力を持たない
それは個を特定しないと比較できない
すなわち優劣が決められないからだ
俺は看破したね
アドラー心理学はイコール匿名掲示板の心理学だ

788 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 22:57:53.54 ID:p9Ltl9bT
社内での出世競争に必死な係長と
自社ブランドの商品開発に燃える技術畑
その違いだ

789 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 23:00:09.42 ID:aUpEebJ7
住人同士が暖かいコメントを交わしていると、承認欲求が強い荒らしはこれを見てキレる
「何で私が賞賛されないんだ!」と

790 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/13(月) 23:26:11.72 ID:TVXiUZv5
>>784
不安から逃げぬも立派だが
酔いと勢いに任せるという邪道も人には備わっておるぞw

791 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/13(月) 23:28:36.04 ID:TVXiUZv5
求む
『最近わたしの読んだオススメのアドラー本』

792 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 23:29:07.91 ID:kED8V7pW
エックハルト・トールは言います。

自分が正しいという思いほど、エゴを強化するものはない。
正しいというのは、ある精神的な立場(視点、見解、判断、物語)と自分を同一化することだ。
もちろん自分が正しいと言うためには、間違っている誰かと比較しなくてはならない。
だからエゴは自分が正しいと思うために、好んで誰かが間違っていると決めつける。
言い換えれば、自分という意識を強化するためには、誰かが間違っていなくてはならない。
間違っているのは人だけではない。ある状況も、不満や拒否反応を通じて間違いだと決めつけられる。
「こんなことは起こってはならない」というわけだ。
自分が正しいなら、間違っているとか欠陥があると判断される人や状況に対して、
自分が倫理的に優越していると思うことが出来る。
その意味でエゴは優越感を欲し、優越感を通じて自らを強化する。

793 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 23:38:24.88 ID:Tkr9JkE+
>>762
遅くなったけど──
教えてくれて、ありがとう

794 :名無しを整える。:2017/03/13(月) 23:46:09.16 ID:aUpEebJ7
>>791
嫌われる勇気と幸せになる勇気しか読んでないけど、沢山のアドラー本読まなくちゃダメ?

795 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/14(火) 00:31:03.67 ID:JIQpQo6j
>>794
なぁに、それだけ読めば立派な学徒だわい
ところで学徒同志、>>1の関連書籍を見てくれ
この並び順はだな
俺の考案したホップ、ステップ、ジャンプなのだよ
…もう分かるな?さ、騙されたと思ってw

796 :名無しを整える。:2017/03/14(火) 06:08:47.90 ID:1powpN1q
アドラーはもっと人間の根本的なことを言っているのだけれど現代人は本を読むといつも実生活に結びついて損得考えてしまう。これではいつまでも理解することはない。忠告だけど。

797 :名無しを整える。:2017/03/14(火) 10:54:58.88 ID:KrMZ8+Bi
>>795
>>1の推薦本は俺も同じくおすすめしたい
特に向後さんのアドラー実践講義は誰でも取っつきやすいしぼやけてた理屈がはっきりすると思う

これらを読み終えたら個人的には、仏教とアドラー心理学をお勧めしたい
理由は野田さんは中観派だけどこっちは唯識的だから

798 :名無しを整える。:2017/03/14(火) 11:38:10.28 ID:TxrXUGPc
父親が劣等感の固まりで息子の私の事を敵視してきます。勿論私も大嫌いです。どうしたらいいですか?

799 :名無しを整える。:2017/03/14(火) 11:39:39.58 ID:z2DvvuML
不自然な質問か

800 :名無しを整える。:2017/03/14(火) 11:45:51.33 ID:593E7s85
>>798
アドラーよりも加藤諦三読んでください

801 :外にでたい人:2017/03/14(火) 12:21:44.11 ID:5x8YfmJF
現実の具体的な問題には、
具体的に解決しないといけないんですね。

そのためには具体的状況というものを知らないと
与えられないと誰も具体的には考えられないんですね。

802 :名無しを整える。:2017/03/14(火) 12:30:03.09 ID:Z4bFxqXB
現実はあなたの頭の中にしかありません
問題も、それを問題だと判断したあなたの中にしかありません

803 :名無しを整える。:2017/03/14(火) 13:41:51.37 ID:TxrXUGPc
>>800
有難うございます。参考にしてみます。加藤先生はアドラーっぽいですね。

804 :外にでたい人:2017/03/14(火) 14:17:04.05 ID:b643ZUXe
アドラー三日目です。

「競争」の否定というのは面白いですね。
昔、コンペティションつまり
競争という字を翻訳するとき(明治時代)に
「争」という字をあてがうのは野蛮すぎではないかという
話も持ち上がったというのを思い出しました。

コンペティションはラテン語のコン(共に)・ペテーレ(求める)
(共に追い求める)の謂いが語源のようです。
共に求めるうちに争いに発展する、というのも人の常なる姿ですが
共に求めるうちに互いに切磋琢磨するというのもあるでしょう。

805 :名無しを整える。:2017/03/14(火) 14:17:15.69 ID:zIS5vMpm
>>803
てか加藤諦三の境遇がまんまそれで、その葛藤を長い時間かけて克服した人なので

806 :名無しを整える。:2017/03/14(火) 16:23:47.41 ID:/1G3eLs0
私はよく見下されます。
仕事で私だけ雑用頼まれたり数回は断ってます
アドラー的にどうすればいいですか?

807 :名無しを整える。:2017/03/14(火) 16:41:25.19 ID:6aODj5S7
>>806
100%じゃないけど岸見一郎氏にTwitterで質問すると答えてくれるよ

808 :名無しを整える。:2017/03/14(火) 18:18:19.80 ID:z2DvvuML
こんな過疎スレでわざわざ質問しに来るやつがいるか(笑)

809 :名無しを整える。:2017/03/14(火) 18:44:10.71 ID:TxrXUGPc
>>808


810 : ◆EuDxtIU3fs :2017/03/14(火) 20:30:13.07 ID:Fwnb3qqd
いつも自論的なものの表明で申し訳ないんだけど

アドラーが縦の関係を良しとしないのは、争いそのものよりも
権力争いであることを否定してるんだと思う

多分人には権力欲(自己顕示欲かな?)が備わってて
それは承認欲求と密接な関係にある様に思う

例えば誰かを屈服させる関係を作りたいと考えるし
それは、認められたいという欲求を満たす為に行われるんだと思う
怒りという感情の元を辿れば、その辺に辿り着くんじゃないかと思う

逆に、自ら他者に屈服しようという時は相手を尊敬や信頼している場合や
それによって貢献感を感じているときだと思う

人は権力争いによって悩み傷付いているという仮定に基づいて
そこから離脱する為に、他者信頼や貢献感を用いているんだろうなって思う

それから承認欲求みたいなのは、消さないとダメなものなんじゃなくて
食欲や性欲なんかと同じ様に、人間関係や自分の人生を台無しにしない様に
執着や依存にならない様に上手く付き合っていくものなんじゃないかな?

811 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/15(水) 00:15:55.23 ID:b/LXMK66
ふむ
所属感が他者から存在認知『あなたはそこに居る』を受け取って得られる安心感だとすると
自分の承認欲求『認められたい』はソレを求める自然な一面だろーな
でも重症化させると人の顔色で自分の行動を決めて自由が無くなるワケで
だから承認欲求はコントロールする必要がある
そこで自身への貢献感覚『自分は役に立てている』を代替方法としてスタンバイして所属を満たす
これで承認には左右されず自立歩行できつつ
貢献を楽しめるようになって行くわな
これが共同体感覚の循環の一つであろう

812 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/15(水) 00:20:08.22 ID:qcQrx6BN
>>797
さんくす
次それ読ませて貰うわw

813 :外にでたい人:2017/03/15(水) 13:45:49.09 ID:Hfpqer3s
アドラー四日目。
ざっくり読み終えました。
理解に時間がかかりそうです。

814 :外にでたい人:2017/03/15(水) 21:36:48.42 ID:ZhagaN6V
夜の散歩に行きました。
家のドアを開けた瞬間に大勢のDQNの声が散歩道から
響き、今日はやめとこうかと思いましたが、
「人々は私の仲間であるの意識」で
DQNたちを遠回りして避けましたが、無事に外へ出れました。

もちろん、アドラー教徒となって宗教的な良心(コンシャンス)の元で
本当に仲間だと思ったわけではありません。
意識の片隅にでもそういう理想を持つのが、
コンシャンスネス(根源的意識)に沿うものであると
感じられたからそうしたまでです。

815 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/16(木) 01:03:25.87 ID:dEaizBrG
>>814
ほんとにな、根源的なもんだと思うぞ

816 :名無しを整える。:2017/03/16(木) 10:42:23.39 ID:FKFYIL6b
[個人撮影] 昼間の公園でPTA役員の娘の同級生のお母さんとセックスしてみた

http://www.my-wife.net/

817 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/16(木) 22:01:41.39 ID:eisL0fCr
随分と複雑なシチュエーションだなw

818 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/16(木) 22:07:16.66 ID:eisL0fCr
>>209から
人間が生活上なんらかの問題に迫られておれば、それ即ち人生の課題、『ライフタスク』
さてライフタスクの前に目標追求に根ざす個人の癖『ライフスタイル』を持ち込むと、
『ライフタスク×ライフスタイル=行動』という式が成り立つぞ
つまりは、課題に対して個人の目標追求の癖が掛け合わされる事でその人らしい行動となるワケだな
この式をいじくると、
同じ課題に対して行動が変化するとライフスタイルが変化するとも言えるわな

819 :名無しを整える。:2017/03/16(木) 22:11:28.97 ID:qb/hMf7t
犯人は上司の刑事っぽい

820 :外にでたい人:2017/03/16(木) 23:38:10.19 ID:OWfDi9ia
アドラー五日目

いまは全店舗閉店したが、かつては
豚骨ラーメンの超有名店だった元店主が
自身の失敗談をいろいろ語っていた。
数々の失敗談の中のひとつだが、
大きな道路沿いで構えてた本店が
駐車場がちいさいために、店に大勢くる客が
路上駐車をするので、付近は連日渋滞し住民たちが
怒ってデモをし、パトカーもくる始末となったことを
報告していた。

元店主いわくクレームが数十件きたが
「うるせえ」と思ってたらしい。
なぜなら、違法な路上駐車をしているのは「客」であって
店側ではないからだ。

821 :外にでたい人:2017/03/16(木) 23:50:42.42 ID:OWfDi9ia
そしてなんやかんやほかの失敗もあり客数もへり結局、
店側は駐車場を広くとることに
したので事件は沈静化されていった。

番組は、失敗談を話したあと、失敗しないためには
元店主は「小さな問題をほったらかしにせず
しっかり対応する」というようなことで締めくくられた。

私が思うのは、課題の分離でいえば店側の主張のように
私も「うるせえ」と考えるだろう。
だが「分離の仕方」が大事となる局面は往々にして
ある話だと思う。
それすなわち、個人の感情、思考、行動が他者によって
更新せざるをえないということでもあると思う。

822 :名無しを整える。:2017/03/17(金) 02:16:02.65 ID:z48jFRvL
深いな……
いつも他者は突然やってきますね

823 :名無しを整える。:2017/03/17(金) 02:19:18.29 ID:DS5HgrKN
課題の分離はわがままの言い訳じゃないから。あくまても他人に介入しないこと

824 :名無しを整える。:2017/03/17(金) 12:32:12.63 ID:8TnhEN+J
いいぞ、その調子
続けて!

825 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/17(金) 21:36:08.97 ID:TehkLqlA
課題の分離とは分業の別名であり
課題の共同化とは協働の別名である
その目的は同じである

826 :外にでたい人:2017/03/17(金) 22:59:06.22 ID:N6F1GBFV
アドラー六日目。
実をいうと、アドラーがわかりにくいのは
やはりその前提としての「個人は分割不能」とした
「全体論」のせいだと私は思う。

私ははじめその前提を「歯痛はわたしひとりが痛い」という
ような原子的な個人主義のものを想像していた。
だが対人関係の悩みを常に心理理解の念頭にあるはずのアドラーに
ソリプシズム(独我論)の罠にそう簡単にはまるとは思われず、
しばらくその前提にたいする疑問はほうっておいた。

827 :名無しを整える。:2017/03/17(金) 23:22:56.33 ID:DS5HgrKN
アドラー心理学くらいわかりやすいものはないでしょ。元々、第一次大戦の反省から協力を軸にした平和主義の構築だから
ペシミスト「人間は争う存在である。戦争もやむを得まい」
アドラー「最後には戦争に辿り着く理論はおかしい。戦争をしたいのですか?したくないのですか」。
ペシミスト「戦争は避けたいに決まってるじゃないですか」
アドラー「では、平和がゴールだとして逆算してどうするべきか考えましょう」

828 :名無しを整える。:2017/03/18(土) 00:40:06.38 ID:OLuZV/q6
時代背景はあるだろうなあ
確実にある

しかしアドラー心理学は共産主義と同じで理想論であり
机上の空論に過ぎんと思うよ
共同体そのものである匿名掲示板でさえ「共同体への貢献」を否定し
共同体を利用して自分の利益を得るためにコテハンで特定されたがる奴がいる

名無しを特定して「あいつを無視しろ」って言い続けてる奴も同じ
野球の観客席でラガーシャツを着て目立ってる奴も同じ
こいつら『出会い系』の存在を無視して
「共同体への貢献」を訴えてもその言葉に力は無い
精神が貧しいって言うか卑しいと言うか
一定の割合でその種のドケチな奴等は存在する

829 :名無しを整える。:2017/03/18(土) 00:57:24.98 ID:gHvjTUEb
共同体の感覚、ではなくて、共同体的感覚なんだよね

830 :名無しを整える。:2017/03/18(土) 02:01:22.97 ID:otDX9Y+j
>>826
人は部分が協力しあって矛盾なく目的に向かっていると捉える「個人」。
共同体感覚の1番狭義の定義である、「過去現在未来の全ての人類」という共同体も同じように、そのあらゆる「個人」がもれなく矛盾なく目的に向かって協力しあっていると捉える訳だよね。
この辺がつながってくると全体論はアドラー心理学の1番の根幹理論だなと思う。
全体論を無視すればどんな屁理屈だってこねられてしまうから。

831 :名無しを整える。:2017/03/18(土) 02:28:27.25 ID:otDX9Y+j
>>825にも繋がると思う。
なぜ課題の分離をするのか?というと個人という部分が協力をするためであり、見方を変えれば共同体という全体はそもそも協力的なものであると気づくためであるということ。

832 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/18(土) 11:07:26.94 ID:OmnXso4W
うむ
部分の総和としての全を捉える=要素論
全を見てから部分の働きを捉える=全体論

833 :名無しを整える。:2017/03/18(土) 12:46:48.67 ID:Zl2ikv40
人にどう思われてるかにとらわれて仕事すぐ辞めてしまいます。不安で仕方無いんです。これは承認欲求が強いからですか?

834 :名無しを整える。:2017/03/18(土) 18:01:54.24 ID:xSUafCWv
>>814
まさにそういうことだと思いますね。
思考や感情によるこうあるべきだっていう抵抗をいったんその辺に置いといて、そういうものだ(人々は信頼できる仲間なんだ)っていう前提に立ってまず動いてみることを勧めてるんだよな。
それで、あっ確かにそうだ、って体が納得してくれる感じ。

835 :名無しを整える。:2017/03/18(土) 18:44:35.81 ID:QOmcRADF
いや全然違うだろ
DQNグループのメンバーなら合ってるが
見ず知らずの奴に共同体だと思われてもDQNも困るだろ

要するに私利私欲を捨てて
「社会の歯車」になれって言ってんだよアドラーは

836 :名無しを整える。:2017/03/18(土) 19:00:08.77 ID:xSUafCWv
>>835
>>814の例だと特別DQN達に親しげに話しかけてる訳ではないし、何か困らせるようなことはあったかな?
ここでのポイントはまずは社会がどうとかDQNにどう影響するかではなく、その人個人のライフスタイルをどう変化させるのかってことだと思う。
共同体感覚という道しるべを元に行動するのはあくまでそのためなんじゃないかな?

アドラー心理学が私利私欲を捨てるものだというのはあまり聞いたことないし自分はそうは感じないけど、なぜそう感じたのですか?

837 :名無しを整える。:2017/03/18(土) 20:35:48.01 ID:HqZT7Ftm
>>836
> アドラー心理学が私利私欲を捨てるものだというのはあまり聞いたことないし自分はそうは感じないけど、なぜそう感じたのですか?

私利私欲
すなわち「個への貢献」が「共同体への貢献」の対極に位置する概念だからだ

ラガーおじさんの例えを出しただろ?
「野球じゃなくて私を見て!」の精神
それは野球観戦をするという目的を持つ共同体に対する貢献どころか
泥棒だろう

838 :名無しを整える。:2017/03/18(土) 21:23:54.16 ID:QHLOGdnQ
>>837
なるほど、つまり共同体の価値観に従おうとすると大抵の場合、個人の欲求は犠牲にしなきゃいけない同調圧力のようなものって解釈であってる?

もしそうだとすれば、共同体感覚というのはまず具体的な共同体を指すのではなく自分の「感覚」のことであって、
その共同体と のイメージも、野球の応援団のような内と外の境界線が存在するものじゃなく、あらゆる人々に広がったものであって、
個々人が自分らしく力を発揮すること自体が貢献であって、これから形成していくものじゃなく、現在進行形で形成されていると気づくものって感じなはずなんだよなあ。
こればっかりは言ってもピンとこないだろうから、やってみてくれって言うしかないから良いんだけど。

で何が言いたいかというと、ラガーおじさんは「ダメ」なんじゃなく、調和的な別の方法の方が葛藤なく欲求を満たすことができると徐々に気づいていくものだと思うな。

839 :名無しを整える。:2017/03/19(日) 02:24:42.12 ID:lLU7E/oy
>>838
> で何が言いたいかというと、ラガーおじさんは「ダメ」なんじゃなく、調和的な別の方法の方が葛藤なく欲求を満たすことができると徐々に気づいていくものだと思うな。

ラガーおじさんの「欲求」が共同体の破壊やレイプや殺人だったら
彼はどうやって欲求を満たすんだ?

840 :名無しを整える。:2017/03/19(日) 03:24:42.12 ID:Q51rmPW7
>>834
欲求は突き詰めると所属を求める欲求と捉えるというところが落としどころかと。
他者を愛したい他者に愛されたいっていうところが本来求めている目的なのだから、レイプや殺人という破壊的で面倒な方法をとらなくても、建設的な方法で満たすことができると実感すればいい。
自分があれこれ言ってもいいんだけど、水掛け論になってしまうから、アドラー心理学はこういうものだと結論を出してしまう前に、>>1のお勧め書籍だけでも読んでみるといいよ。

841 :名無しを整える。:2017/03/19(日) 03:25:10.50 ID:Q51rmPW7
ごめん上は>>839

842 :名無しを整える。:2017/03/19(日) 03:50:07.54 ID:0jMGzsVy
>>840
> 他者を愛したい他者に愛されたいっていうところが本来求めている目的なのだ

人は愛のみで生きている訳ではない
小便漏らしそうで走ってる人間にとって
他者や愛なんてどうでもいい話だ
砂漠で乾き死にしそうになってる人間にとって
他者や愛なんてどうでもいい話だ

そして他者を愛するのは匿名でも可能だが
他者に愛されるためには特定されないと不可能だろう
従って愛される事を目的にした人間は
共同体への貢献より自分個人に貢献させる事を優先させなければならない
つまりアドラー哲学の否定だ

843 :外にでたい人:2017/03/19(日) 09:11:22.05 ID:DxN3jXVx
アドラー八日目。
私がわかりにくいと言ったのは言語的動物としての人間は
「個人は分割可能」としているからです。

アドラーの前提の「個人は分割不能」ということで、
「俺は、俺なんだ」って言いたい気持ちはわかりますよ。
漢字で、人が固いと書いて個ですし、
ラテン語からきた英語のインディヴィデュアル(個人)は
ディヴァイド(分割)の否定(イン)という意味です。
そして、しゃべり言葉だと感情と理性の一致がたやすい、
たやすいというか、一致しないとしゃべれないわけですから
個人は分割できないとそう思いますね。
アドラーは精神医療現場に携わっていた、患者の話を直に聞いて
接していたわけです。また書き言葉を嫌い、口頭での
持論を書き取らせてたり講演での弁舌を得意としていたようです。

でも個人の思考も感覚も行動も欲望も、言語的には、
社会という空間、歴史という時間の流れから来たった
言語によって規定され表現されるので、分割可能なんです。
個人は分割不能は錯覚です。
もちろん、心理の律動も感情の起伏も記憶の連綿もいわく
言い難い主体の個らしきものは残るでしょう。けれども
言語化できないものですから自余の問題です。

ただしかし、以上のことを踏まえたうえで「全体論」としたのが
アドラーだとみなしました。
つまり分割可能でも、未来へと向かう連続する時間のひとこま、一点を
切り出せば分割途中で分割不能の状態だということです。

844 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/19(日) 13:22:04.36 ID:uZQ3rzF5
生体の各部位にはそら別々の名称があるんだが
名称は元々最初からあったワケじゃないわな
『ここを目と呼んで、こっちを感情と呼ぶぞ』と必要に応じて付けられ要素化したワケで
だから感情が起こりその後に連動して目が動いても全然おかしくないわな
生体にはそういう事が多い
これ個人の全体論なり

845 :名無しを整える。:2017/03/19(日) 18:10:33.30 ID:Sw9s+d7G
ポスト構造主義が出てきたのは
アドラーから100年も後だろ
「我思う、故に我在り」で留まっていて
「言葉だけ在り」の段階には
到底到達出来てないだろう

846 :名無しを整える。:2017/03/19(日) 18:50:24.59 ID:uk2NTOaq
あなたの願いがひとつだけ叶えられるなら

https://www.youtube.com/watch?v=5UFEe8xIRUU

http://6807.teacup.com/noroikingdom/bbs

https://www.youtube.com/watch?v=85Y55BF2U3Y

847 :名無しを整える。:2017/03/19(日) 18:58:04.25 ID:CpddsZmn
https://goo.gl/lgKR2I
これ本当だったら、相当ショックだよ。

848 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/21(火) 10:54:22.43 ID:wx6zng9v
『仏教とアドラー心理学』を読んでいるが
のっけから面白い
他者から奪う私的な自我では無く、
他者と共にありつつ固有性を備えた個か
う〜ん、そうだなや

849 :外にでたい人:2017/03/21(火) 19:25:34.19 ID:T3Dx4aCw
ポジティブになりたいです。

850 :名無しを整える。:2017/03/22(水) 03:45:30.53 ID:I9n/KmNj
インチキ宗教・邪宗教の創価学会を退会(退転)して人間らしい生活を送りましょう
罪務(財務)という名の金銭の収奪、聖教新聞10部購読・聖教グラフ等で毎月多額の
お金が費消しました。くだらない座談会での与太話・題目勤行 選挙時には全てを犠牲
にして駈けずり回り 公明党候補を当選させても弱者虐めの政治をされ 学会員ほど
公明党議員にバカにされている存在はありません!
創価での時間・労力・金銭をもっと有効に活用すれば有意義で幸福な人生を送れます。
財務・啓蒙のお金は預貯金して蓄財すれば金運にも恵まれます。貧乏創価学会と別れ
るのが幸福への道

851 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/22(水) 12:06:46.05 ID:zLxTpcPj
ポジティブになりたい、とな
ほほう、中々ポジティブだねぇ

852 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/22(水) 12:27:03.83 ID:zLxTpcPj
>>38から
『社会統合論』に関連して『精神内界論』があるぞ
とある個人が直面している問題があったとしてそれが何処から来たのかと考える時、
過去の対人関係だの過去の記憶によって人生が妨害されてるんだと承知する
コイツが『精神内界論』の在り方の一つなんだが、
アドラーでは、問題は外的に本人が直面している『現在のライフタスク』か
『精神内界論』の別の在り方『現在のライフスタイル』の問題であると理解するのだ

853 :外にでたい:2017/03/22(水) 14:45:10.29 ID:fJC8kQOt
>>852
現在のライフスタイルを見なおしてみます。

854 :名無しを整える。:2017/03/22(水) 17:37:59.61 ID:sywCeFad
相手にコントロールされないようにするには感情を伝えるようにするよう
と言われました
皆さん感情を伝えるとはどういうことだと思われますか?

855 :名無しを整える。:2017/03/22(水) 18:04:59.75 ID:yhuGqE8n
>>854
思考も言葉も主語を自分にする

例: (あなたは)なぜそう言うの? → (わたしは)そう言われてうれしい/不愉快だ

相手の意図は相手にしかわからないので、言われたほうが理由を考えてもしょうがない
確実にあるのは、言われたことに対する自分の反応・気持ちだけ

他人に振り回されやすい人は、人とのコミュニケーションで一人何役もこなそうするクセがついている

856 :名無しを整える。:2017/03/22(水) 18:05:59.53 ID:1T0pE6Gx
言葉にするという事だと思います
感情を言葉して伝えるというのは自分はもちろん、相手の価値観を尊重して信頼する態度であり、違いを理解しあえればそれを互いに生かし合ってうまくやっていけるはずだという信念を育む実践になると思います

857 :外にでたい:2017/03/22(水) 18:18:17.01 ID:fJC8kQOt
自分の気持ちがわからなくなるのは、
主語が自分じゃなかったからか。

858 :名無しを整える。:2017/03/22(水) 19:04:08.65 ID:wJxx9suD
質問(笑)。ここは一人言を言うスレだよ。自己確認というか
自分の言葉で自分を納得させる

859 :外にでたい:2017/03/22(水) 21:46:44.79 ID:fJC8kQOt
2chってほんと人いなくなったね

860 :名無しを整える。:2017/03/23(木) 00:10:07.39 ID:GwaAOzZs
「自分の領域に他人を介入させてはならない
 でもそれでは孤立してしまう
 そこで架空の共同体を想定して貢献したつもりになれ
 それで幸せになれる♪」


単なるアホだよな
真面目なバカほど真面目に実践しようとする

861 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/23(木) 09:16:17.88 ID:Un/t38Qm
>>853
気楽にな

862 :名無しを整える。:2017/03/23(木) 09:48:33.07 ID:38pxldXz
>>857
ただの心理学ごっこになっているからでは
難しい言葉を使ったポエムの応酬に見える

863 :名無しを整える。:2017/03/23(木) 10:41:00.51 ID:AGZahwqH
エックハルト・トールは言います。

人間は心のなかで自分を「私(I )」と「対象としての私(me)」、
あるいは「対象としての私(me)」と「私自身(myself)という二つの部分に分けてしまうが、
その裂け目からエゴが生じる。
したがってパーソナリティーの分裂ということから言えば、エゴはすべて統合失調症だ。

864 :名無しを整える。:2017/03/23(木) 10:51:29.31 ID:AGZahwqH
エックハルト・トールは言います。

あなたは自分自身という観念的なイメージを抱き、それと関わりながら生きている。
生命(人生)そのものも概念化され、「私の生命(my life)」というように、
あなた自身とは別個のものとして捉えられている。
「私の生命(my life)」と言ったり考えたりするとき、
そして(単なる言葉の約束事としてではなく)その言葉を自分でも信じているとき、
あなたは妄想の領域に入っている。
「私の生命(my life)」というものがあるなら、私と生命とは別ものだということになるから、
大切な宝物だと思っている生命を失うこともあり得る。
したがって死が現実の脅威になる。
言葉と概念が生命を、それ自体は何のリアリティもない二つの部分に分割してしまうのだ。
だから「私の生命(my life)」という言い方こそ、分離分割という妄想のもとでのエゴの源泉だと言うことさえできる。
私と生命が別個で、私は生命と別に存在するなら、
私はすべてのもの、すべての存在、すべての人々とも別々だ。
だが、私が生命と別に存在することなんてあるだろうか?
生命や「大いなる存在(Being)」と離れて、どんな「私」があり得るのか?
全く不可能だ。だから、「私の生命(my life)」なんてものはないし、私が生命を所有しているのでもない。
私が生命そのものだ。私と生命は一つである。それ以外はありえない。
それなら、どうして私が生命を失うことが可能だろう?
そもそも、もっていないものをどうすれば失えるのか?
私は私であって、私の所有物ではない。
私が私を失うことなど、全く不可能だ。

865 :外にでるよ:2017/03/23(木) 11:40:12.91 ID:kTM0ie8f
実存的な心理学だね。

866 :名無しを整える。:2017/03/23(木) 16:00:54.05 ID:R7CM7XtJ
>>855.856有難う。なんとなく感覚がつかめました
一人何役もこなそうするクセがついているとは具体的にはどんか感じですか?

867 :外にでるよ:2017/03/23(木) 21:39:54.67 ID:FSVKdCZR
睡眠障害です。安眠できる方法を知りたいです。

868 :名無しを整える。:2017/03/23(木) 21:56:14.62 ID:jYss0MvJ
マインドフルネス瞑想

869 :外にでるよ:2017/03/23(木) 22:04:47.39 ID:FSVKdCZR
マインドフルネス瞑想・・・聞いたことあります。
ググって調べてみます。

870 :名無しを整える。:2017/03/23(木) 22:41:06.87 ID:FRaSJ6KM
>>867
睡眠薬を処方してもらいなさい

871 : ◆XlGyrhgCZI :2017/03/24(金) 00:28:53.42 ID:S92Q4N4j
アドラー心理学の特徴は、思想のもとに技法が行使されるところだと俺は思っている
世間には強力な心理学技術が沢山あるけれど、そのうちの一つに認知療法がある
これは「個人の認知のあり方を検証して不便な考えの癖を修正する」という技術の体系だと俺は認識してる
たとえば認知療法の治療者は、ある相談者が思いつめて「全てダメだ、人生は失敗だった」と落ち込んでいる場合に、
「でもこの部分はうまくいってるんじゃないですか?」というように明確な事実を探して指摘する
それを聞いた相談者は、受け取った事実を確かな根拠にして「自分はうまくやっている」という自信を強くできるわけだ(認知の修正)

これは強力な技法だと思うけど、でもアドラー心理学の専門家なら「思想が足りてないね」と言うだろうな
何を言っているのかと言えば、問題は技術ではなくその上位のレベルで解決するということを言っていると思う
たとえばある相談者が先ほどの例のように「自分はうまくやっている」と認知修正に成功したとしても、
その内心に強い自己執着(=自分だけが大切だ)があれば、
その人は他の人を押しのける生活をうまく進める自信を付ける技術に習熟しただけで、前より深刻に対立的・孤立的な苦悩に陥ってしまいかねない
また、たとえば自己執着(=自分だけが大切だ)のもとに課題分離を使えば、
「他人の事は他人事」という考えに人付き合いからの回避が正当化される代わりに、相互扶助の意識や心のつながりがなくなって、
「短期的にはそれで気が楽になるけど長期的には人間関係が疎遠になって孤独になった」というパターンに陥りかねない

心理技術は上位レベルの方向によって人を幸福にもするし、より効率的な不幸にもすると俺は思っている
アドラー心理学が上位レベルで考えていることは、
個人の内心に「これは我々にとってどういうことだろう/我々が幸福になるために何をすればいいだろう」という規範を宿すことだと思う
周囲の人を重視し喜べることが第一になれば、
その道徳律の下位レベルで使われるあらゆる療法やコミュニケーション技術は長期的な効能になって、功を奏するからね

872 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/24(金) 09:09:21.69 ID:gQH/wWj5
>>871
仏教の慈悲に近いもんを感じるな
或いは『与えよ、されば与えられん』かいな

873 :外にでるよ:2017/03/24(金) 12:15:19.18 ID:NVjBUZ3H
>>868
ありがとうございます!
半年ぶりぐらいに深く眠れました!

874 :名無しを整える。:2017/03/24(金) 12:17:39.28 ID:4ZJfaU4u
すごい納得。思想あっての技法なんだよな。

875 :名無しを整える。:2017/03/24(金) 13:34:52.04 ID:Bo4JGa0O
うむ、なかなか奥が深いのう

876 :名無しを整える。:2017/03/24(金) 18:52:06.60 ID:4ZJfaU4u
嫌われる勇気幸せになる勇気っていうよりは、自分を好きでいる勇気他者を信じる勇気って感じの方がしっくりくるなあ。受けなさそうだけどw

877 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/25(土) 09:11:26.72 ID:tSfyBZmb
>>876
うむ、そーなんだなぁ
自分を好きでいるとか他者を信じるって言葉は誰もが知ってるだろが
しかしそれにしっくりきてるか?と聞かれるとなかなか大変な事だと思うんだわ
アドラー用語はアドラーを身体で経験しないと何も響かん
しっくりくる、要は『言葉に裏付けとしての実感が有る』って事態を取り戻す事なんだわな

878 :名無しを整える。:2017/03/25(土) 10:11:55.67 ID:J4+phjli
エックハルト・トールは言います。

個人や集団や国家が無意識であればあるほどエゴの病理が物理的暴力という形をとる。
暴力は原始的だが、エゴが自分を確認し、自分が正しくて相手が間違っていることを
証明しようと試みる方法として今でも広くはびこっている。
無意識が強い人たちの場合には、議論は簡単に物理的暴力に発展する。
議論とは何か?二人以上の人が見解を表明し、その見解が異なるということだ。
それぞれは自分の見解をつくりあげた思考に自分を同一化し、
その思考が自己意識という衣をまもって精神のなかに凝り固まっている。
言い換えれば、アイデンティティと思考がひとつに溶け合っている。
こうなると、自分の見解(思考)を擁護しようとするとき、
まさに自分自身を擁護しているように感じて、その通りに行動する。
議論は無意識のうちに自己の存在をかけた戦いになるから、感情もその無意識の信念を反映する。
そうなると人は荒れ狂う。動揺し、怒り、防戦し、攻撃する。
どんな犠牲を払っても勝たなければならない、そうでなければ自分が滅びると思う。
しかしこれは妄想だ。
心や精神的な立場と自分自身が何者であるかは何のかかわりもないことを、エゴは知らない。
エゴとは観察されていない精神だからである。

879 :外にでるよ:2017/03/25(土) 10:28:41.83 ID:33SVfdOu
無意識が悪いってわけですか?

880 :名無しを整える。:2017/03/25(土) 10:56:40.17 ID:J4+phjli
>>879
そうです。

881 :名無しを整える。:2017/03/25(土) 11:06:36.98 ID:Xjt1o0Cm
>>879
エックハルト荒らしはスルーすることをおすすめします

882 :外にでるよ:2017/03/25(土) 14:00:55.69 ID:gWuT7adg
無意識にたいして、どうすればいいわけですか?

883 :名無しを整える。:2017/03/26(日) 10:51:01.64 ID:GJa5P5Au
無意識というより理性で制御できない本能じゃね?

884 :名無しを整える。:2017/03/26(日) 11:48:02.74 ID:Vlb6bsnJ
>>882
頭の中の声に意識を向けましょう。
例えば、気分が悪いとき、頭の中の声が不幸な物語を作っています。
それは無意識によるものですので、意識を向けて、
頭の中の声が不幸な物語を作っていることに気づきましょう。

885 :外にでるよ:2017/03/26(日) 11:50:25.15 ID:+hJUfl2d
>>884
ありがとう。やってみます。

886 :名無しを整える。:2017/03/26(日) 15:28:59.15 ID:6OLnsC9Z
・「嫌われる勇気」より〜トラウマなんて存在しない!?
http://blog.goo.ne.jp/cameleotino/e/2ec555d39ce40d509318dad469798df1

887 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/26(日) 19:48:38.89 ID:FvZxgdJt
アドラー的にゃ
トラウマは現象としては存在するだろが
そのプロセス通りという意味には存在しない

888 :名無しを整える。:2017/03/26(日) 21:27:30.52 ID:RCE60sTu
あなたの願望を叶えたい時にきっと必要になる。

https://www.youtube.com/watch?v=85Y55BF2U3Y

http://6807.teacup.com/noroikingdom/bbs

http://noroi.top/noroi.top.product.html

889 :名無しを整える。:2017/03/26(日) 21:38:22.41 ID:bED9lFnN
>>887
トラウマという言葉の定義付けを外して、別の角度で捉え直してるにすぎないんだよな。
無意識に関しても同様で、無意識がある、のではなく意識してない部分ってこと。

890 :名無しを整える。:2017/03/26(日) 21:52:14.90 ID:bED9lFnN
それによって何が変わるかって言うと、解決のためのアプローチが変わる。

891 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/27(月) 12:08:49.43 ID:Mlq9bE3Z
うむ、いちどあらゆる部位の名前を外して視れば
そこには一個の生体があるのだ

892 :名無しを整える。:2017/03/27(月) 16:31:05.72 ID:FqTQMqXb
メルロ=ポンティみたいでかっこいい……

893 :名無しを整える。:2017/03/27(月) 17:17:02.53 ID:PHU9F73W
とりあえずアドレスを貼るのみで、当スレからは立ち去りますが、
もし興味ある方は読まれて下さい。

『救済的真理の伝達・証明』
《神の存在の科学的証明》
http://message21.web.fc2.com/index.htm

894 :外にでるよ:2017/03/28(火) 09:19:32.08 ID:ERjsqUgh
私のもとにかつて、新興宗教信者がしょっちゅう訪問する、
ということがありました。

私が疑問なのは、日常の慣習に根付いた旧宗教が厳然と
あるにも関わらず、なぜわざわざ新興のものに
飛びついていくのだろうかということでした。

そして旧宗教よりも真善美において新興のものが
優れているのならば、なぜそれを正々堂々と対峙して
旧宗教の過ている点を指摘し、自分たちのほうが良いと
言わないのだろうか。

既存の旧宗教は幾度もの排斥や紛争や争闘の只中でなんとか
生きながらえてきた歴史の結晶のようなものだ。
その分け前というか、卑しくおこぼれをもらいながら
現世的利益を売り物にしながらちゃっかり改変しているのが
新興宗教の実態ではないのか

895 :名無しを整える。 転載ダメ©2ch.net:2017/03/28(火) 14:36:07.97 ID:qI77K0/e

板復帰(OK!:Gather .dat file OK:moving DAT 129 -> 110:Get subject.txt OK:Check subject.txt 129 -> 129:Overwrite OK)0.73, 0.59, 0.60
age subject:129 dat:110 rebuild OK!

896 :名無しを整える。:2017/03/28(火) 15:02:03.84 ID:bPf2KAy7
アドラー心理学に感情は目的のために作り出されるという目的論があるよな?
それについてずっと考えてたんだけど、好きという感情はセックスしたいという目的のために作り出された感情ということになるのか?
目的論に従えばこういう結論になってしまうと思うんだけどこのスレの奴はどう考えてるんだ?

897 :名無しを整える。:2017/03/28(火) 16:50:41.21 ID:gHXFeZc4
そもそも、目的論は第一次大戦の反省から平和社会の構築という目的を掲げてそこから
逆算して個人はどうすべきかを考えるのがアドラー心理学だから
通常の物事は原因論で考えるのが当たり前。体調が悪い→普段の不摂生な生活が原因→健康的な生活を心掛ける→体調が良くなる
結局、科学的思考は全て原因論であって、アドラー心理学の目的論は方便

898 :名無しを整える。:2017/03/28(火) 17:15:07.56 ID:gHXFeZc4
と思ったが、ちょっと違うな。目的論は帰納法的論法だから科学的思考と同じ論理を使っているか
観察した複数の事象から結論を導き出す。一方、原因論は演繹的に原因から結論を導き出そうと
するが場合によっては認知の歪みにより間違った結論に行着く可能性もある
西洋の科学進歩はイギリスの経験主義(帰納法)と大陸の合理主義(演繹法)の対立があり
結局、イギリスの経験主義から近代技術が産み出された
アドラー心理学もまた帰納法の論理を用いて平和社会の構築と個人の幸福追求を達成すると

899 :名無しを整える。:2017/03/28(火) 21:17:42.80 ID:2EXV9xgm
意味論になって来ると
一番新しい物理学の複雑系に繋がってくる
事物や事象は「細分化すれば解る」ってのが今までの科学の考え方
PCの部品を集めればPCは組み立てられる
意味論ってのは
例えば「猫」という文字の線の角度や色等どれだけ細かく調べても
リアルに存在する動物の猫には繋がらないという考え方

900 :名無しを整える。:2017/03/28(火) 21:19:57.40 ID:2EXV9xgm
前者の「細分化すれば解る」ってのは原因結果論で
後者の「意味が存在する」ってのが目的論

901 :名無しを整える。:2017/03/28(火) 22:03:36.83 ID:CBGzLLKm
長文ダラダラ書いてるけど用はアドラー心理学は汎用性がないということだよな?
怒りや怠慢は目的論で説明するが、好きという感情は例外としている
結局アドラー心理学は生き方を啓発するものでしかないということだな
好きという感情を目的論で語れないとアドラー心理学は破綻するんじゃないか?

902 :名無しを整える。:2017/03/28(火) 22:08:45.12 ID:Fxxwrdc7
またまたアンチが沸いてきたねw
分かりやすい

903 :名無しを整える。:2017/03/28(火) 22:25:08.65 ID:blTw+xN1
アドラーが低脳だから「好き」という感情を目的論で語れなかっただけ
アホのアインシュタインが静的宇宙を信じてたのと同じ

904 : ◆EuDxtIU3fs :2017/03/28(火) 22:34:06.26 ID:UBd20p94
>>896
性的欲求を満たす為に好きになるっていうのもあると思うし、
所属感の為だとか、所有欲を満たす為だとか、自己顕示欲の為だとか
一つじゃなくて複数の目的を果たす為かも知れない
恋人だけじゃなくとも、息子の頭を撫でるだけでも幸福感を感じる
人としての使命を後押しする為に脳内ホルモンが分泌されるのかも知れない

905 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/28(火) 22:45:39.74 ID:YqKMvzzu
なかなか男前な事を言う

906 :名無しを整える。:2017/03/28(火) 22:47:55.62 ID:CBGzLLKm
>>904
じゃあお前も好きという感情は性欲や自己顕示のために作り出された感情だという認識なのか?
アドラーは人間としての愛を説いてるのに、アドラーの考えた目的論によって人間を下らない生き物としてしまってるじゃん
アドレリアンのみんなはこれを論破できるのか?
俺もアドラーを少しずつ実践して行ってるから誰か論破してほしい

907 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/28(火) 22:50:42.48 ID:YqKMvzzu
庵室でも建てたつもりだったがこのスレも既に900を過ぎた

908 : ◆EuDxtIU3fs :2017/03/28(火) 23:13:20.06 ID:UBd20p94
>>906
なるほど
性欲や自己顕示欲による好きの人もいれば、隣人愛の為に好きになる人もいそうですね

アドラーの目的論は優越性の追求をベースにしてるし
今の所、優越性の追求とは要するに幸せになりたい欲求と同じように理解してます
例えばフロイトのリビドー的なものも、優越性の追求の為に存在している感じかな

つまり性欲や自己顕示欲も、怒りや怠慢も幸せになる為の戦略なんだと考えて、
アドラーはより建設的で健康的な思想、理論、方法を教えてくれてるんだと思います

相互信頼、相互尊敬、相互協力のある性的関係ってのも、素敵やんって言いたい

909 : ◆EuDxtIU3fs :2017/03/28(火) 23:15:17.88 ID:UBd20p94
>>907
良い学びの場を設けていただいて、ここでも色々と勉強になりました

910 :名無しを整える。:2017/03/28(火) 23:28:57.76 ID:RQyjnyty
>>908
> アドラーの目的論は優越性の追求をベースにしてるし

それは「共同体への貢献」と矛盾してないか?

911 :名無しを整える。:2017/03/28(火) 23:34:59.90 ID:vnBEdC8G
>>907
つまりそりゃ
「俺がこのスレを立ててやった」
「俺に感謝しろ」
「俺はお前らより優越してる」
って発言だろ

共同体全体に損失を与えて自分の利益に変換させてる
コテハンで自分を特定させる売名行為は
囚人のジレンマを目的とした協調集団に対する裏切り行為そのものじゃねーの?

912 :名無しを整える。:2017/03/28(火) 23:45:01.78 ID:CBGzLLKm
>>908
なんかお前頭いいぶってるけど文の内容が散らかりすぎてるんだよな
しかもこのスレの連中もボンクラばかりときたもんだ
やっぱり2chじゃまともに議論できねぇな
俺はネットでカタカタやってるお前らとは違うから会合に出てみるわ

913 :名無しを整える。:2017/03/28(火) 23:53:41.94 ID:EITWdKpR
>>904
あー、それな、成立しいへん

チンコ立たせるために理由がいるかいな
アホちゃうん?

914 :名無しを整える。:2017/03/29(水) 00:04:55.61 ID:KlUpDMFE
アドラー自身は理論を完成させていなくて、体系化したのは弟子のドライカースじゃなかったかな

アドラーって学者というよりは、当時隆盛だった精神分析と決別して、
独自理論に基づいて治療にあたった職人肌のカウンセラーという印象

915 : ◆EuDxtIU3fs :2017/03/29(水) 00:11:52.16 ID:zN0D89bH
>>912
どへ
お役に立てず申し訳ない

916 : ◆EuDxtIU3fs :2017/03/29(水) 00:15:35.74 ID:zN0D89bH
>>910
目的論や優越性の追求は誰もが持っている普遍的な在り方で
共同体への貢献は所属感を得ることで生き易く感じる理論方法っていう認識です

917 : ◆EuDxtIU3fs :2017/03/29(水) 00:28:09.49 ID:zN0D89bH
>>913
身体機能にも目的があるんだと思います
チンコ立つのも性欲も、セックスで気持ち良くなるのも生殖の為だし
生殖行為に向かうことと種の保存という社会的欲求は矛盾しないし
社会貢献と種の保存も矛盾しないと思ってます
とは言え色んな考え方があって良いとも思います

918 :名無しを整える。:2017/03/29(水) 00:32:33.95 ID:UHAN15I/
仏陀とかキリストに類する実践者だったのか

919 :名無しを整える。:2017/03/29(水) 00:46:38.18 ID:HEoElbId
>>912だけど、
好きという感情が発生する理由が分かった!
それはこの人と一緒に幸せになりたいという願望のためだと思う
性欲がなくなった高齢者でも結婚する人がいるだろ?それは幸せになりたいからなんだと思う
つまり、俺がまだ若者で童貞だから性欲ありきの考えしかできずに、好きという感情の目的を履き違えてしまったんだわ

920 :名無しを整える。:2017/03/29(水) 01:01:51.58 ID:mBdU1dlr
下ネタはもういいよ。荒らしが聞いてるだけだから

921 :名無しを整える。:2017/03/29(水) 13:18:04.13 ID:zl3gN92J
>>906
いつもの特徴的なワードが出まくり

922 :外にでたい:2017/03/29(水) 16:13:37.83 ID:WgQXvER1
>>914
「職人肌のカウンセラー」
自分もそう思いますね。

アドラーは立派な心理学者です。
しかし彼は自分の仕事をしたまでです。

923 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/29(水) 17:44:05.33 ID:mD615bDj
基本前提まとめたのもアンスバッハーだ

924 :名無しを整える。:2017/03/29(水) 22:21:45.67 ID:NC5cAsQF
共同体感覚ってATフィールドのことなん?

925 :外にでるよ:2017/03/30(木) 01:09:47.87 ID:lnB75Ffy
アドラーの「共同体感覚(ゲマインシャフトゲフュール)」は、
宇宙や無生物そして時空を越えた抽象的な概念とされるのだが
英語に訳されるときに
「社会への関心(ソーシャル・インタレスト)」とかなりに
具体化されたものになっている。

※一説によれば直訳の「コミュニティ・センス」だと
「コミュニズム(共産主義)」に近い解釈をされると予想されて
使わなかったともいわれる。

そして「社会」、ソサイアティは、ほぼ正確に、
「ゲゼルシャフト(利益団体、社交の集まり)」に対応するとされる。

共同体感覚は、「ゲマインシャフトでゲゼルシャフト」ということに
なるのだが・・・
抽象と具体の、感覚と合理の、歴史感情と利害調整のバランスを
表現したかったのだろうか。

926 :外にでるよ:2017/03/30(木) 01:34:29.57 ID:lnB75Ffy
具体的な「家」で考えると、

家をゲマインシャフト(感情共有体)だけで
とらえる人がいるとすれば(右翼とよばれる)、
家における抑圧も差別も残酷さも、そこから実を結ぶ道徳の萌芽があると
みてほとんど無視する傾きが生じる。

他方、日常的な感情共有に不合理をみて、
家をゲゼルシャフト(利害調整体)とする向き(左翼方面)には、
家の制度への軽視をもたらす。

要は、家のボトムはゲマインシャフトで、サミットはゲゼルシャフトという
理解がないといけないわけだ。

927 :名無しを整える。:2017/03/30(木) 01:50:24.54 ID:gwPYcbl4
★植物油は最悪の食べ物★
★植物油は最悪の食べ物★

植物性なら安心なんて大ウソ!生活習慣病には「サラダ油」が一番危険
毒を食べているようなもの
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50458
http://i.imgur.com/qhs4y6R.jpg

ラクトアイスは油でカサ増ししたアイスに似た不健康食品
ラクトアイスの原材料名 糖類(砂糖、水あめ、ぶどう糖果糖液糖) 
http://tenkabutu01.com/rakutoaisu

市販のアイスは危険!特にラクトアイスはトランス脂肪酸や添加物に注意!
http://amccrh.com/2683.html

■ファーストフードはやはり好ましくない
「HFCS使用の甘いドリンクのセットは健康に好ましくありません。HFCSは『異性化糖』『ブドウ糖果糖液糖』とも呼ばれています。HFCSが使われたドリンクは
病気のリスクを上昇させるという調査結果もあります。」(森永氏)
「異性化糖」「ブドウ糖果糖液糖」は原材料を分解していることから、遺伝子組み換え等の表示義務はない。
「ファーストフードやコンビニの加工食品の油脂は、酸化している危険性が大きく、摂取すると体内で活性酸素が発生しやすくなります。ファーストフードの
摂りすぎには注意が必要です。」(森永氏)
http://agora-web.jp/archives/2022820.html

炎症がうつ病の原因 2015.12.9
http://i.imgur.com/QAAmA1j.jpg

<いつの間にか日本の食材は毒ばかり・・・なり> 日本人が大量摂取のパーム油は超危険!パン、菓子、カップ麺…発がんや糖尿病のリスクも
http://sharetube.jp/article/3022/

林裕之&林葉子「少油生活のススメ」
http://biz-journal.jp/series/cat284/

2016.08.19
連載 連載
林裕之&林葉子「少油生活のススメ」
若者の精子減少が深刻化、親世代の半分か…原因はサラダ油などの植物油、生殖機能低下
http://biz-journal.jp/2016/08/post_16369.html

928 :名無しを整える。:2017/03/30(木) 07:11:05.59 ID:O02UlNjU
>>926
解説ありがとう。
だが、オレには難し過ぎるわ

929 :名無しを整える。:2017/03/30(木) 07:38:31.02 ID:81lENfR0
難しい時は反対を考えろ
共同体の反対はコテハンだ
だから共同体を理解したかったらコテハンの心理を考えて名無しでレスする自分と比較すればいい
共同体に貢献しない者の心理
とても分かりやすい

930 : ◆q9sa0OX8rM :2017/03/30(木) 08:12:52.30 ID:57DVruMc
>>926
おお、良いレス
それで言うとボトムをゲゼル化させる事の代案だからゲマインシャフトなんじゃねーかな

931 :名無しを整える。:2017/03/31(金) 20:13:10.87 ID:z445OlkL
>>929
とてもわかりにくいw
つまりコテハンは悪だとあなたは感じているってこと?

932 :名無しを整える。:2017/04/01(土) 15:00:43.47 ID:N3iR8kav
>>925
ゲゼルシャフトとして成立していると定義されている社会を、ああゲマインシャフトだなあと個人の主観として意味付けして捉えなおすのが共同体感覚だと認識してます。

933 :名無しを整える。:2017/04/01(土) 18:57:22.97 ID:h3kl0Jay
岸見さん、100分で名著でまた登場か。NHKに気に入られたかな

934 : ◆q9sa0OX8rM :2017/04/01(土) 19:10:48.50 ID:ZpbLjk0a
ん、そーなん?またやんの?好評だったんかね

935 :名無しを整える。:2017/04/01(土) 19:26:02.67 ID:h3kl0Jay
>>934
いや、今回は三木清だよ。京大繋がりか

936 : ◆q9sa0OX8rM :2017/04/02(日) 09:06:57.32 ID:cYC3G+3Z
あぁなるほど
岸見氏は関連本出してるからなぁ

937 : ◆q9sa0OX8rM :2017/04/02(日) 16:13:29.07 ID:75Yt7uWp
さてアドラー的カウンセリングでカウンセラーはクライエントに関わるが
その目的はクライエントの『対人関係の場』の変化を目指しての事となるぞ
行動様式を変えて、より順応的な行動を生み出すのが目標なのだ

938 :名無しを整える。:2017/04/03(月) 02:58:30.25 ID:QOf2mYzE
とても重要なことを述べます。精神を常に良い状態を維持している人や俗に言うメンタルが強い人にインタビューすると
彼らは皆「自分で決めたルール」を幾つも持ち、それに基づいて思考行動を決めています

by 精神科医 水村菜緒



ルールか。ルールを増やしてみるか。メジャーに行ったマエケンのルーティンは有名だが

939 :名無しを整える。:2017/04/03(月) 06:13:17.48 ID:3Ha3Fpx+
『幸福の哲学』は岸見さんらしさがよりはっきり出ている好著だった

書き方も学者っぽいので勇気シリーズほど平易じゃないが、読む側としては出典が明記されているほうがやはり落ち着くw

940 :名無しを整える。:2017/04/03(月) 07:33:43.05 ID:sAHa8Hac
岸見さん言ってることはいいのに聞き取りづらくてかなわん

941 :名無しを整える。:2017/04/03(月) 10:00:13.72 ID:QOf2mYzE
岸見さんが声を張らないのはカウンセリングが関係してるんじゃね。仏教哲学者の小池氏も
声を張る慣習は止めたそう

942 :名無しを整える。:2017/04/03(月) 10:08:47.02 ID:maYqRrBJ
マジレスすると、脳梗塞だか何かで倒れて死線をさまよったので、発声障害が残ったんじゃね?

943 : ◆q9sa0OX8rM :2017/04/03(月) 20:47:29.29 ID:v3Dfg4EL
甘い囁きボイスだよなw

944 :名無しを整える。:2017/04/03(月) 21:13:53.89 ID:QOf2mYzE
朝生みたいな討論番組の出演者なんか競争社会の申し子みたいな人間ばかりだから早口で声も大きい。
カウンセラーなんかは早口で声を張るタイプは患者を威圧しそう

945 : ◆XlGyrhgCZI :2017/04/04(火) 10:59:15.88 ID:zrD3Avfs
うん、システム的に理解できそうな話だ
それに関係しそうなところで俺は「コモンズ(共有地)の悲劇」という話が好きで、こういう概要なんだけどね↓
1)ある羊飼いの集団が共同の牧草地を所有している
2)競合的な羊飼い達は、利己心に従って自由気ままに群れの羊を増やし続けるので、共有地は荒れ果てて皆の生業が持続できなくなってしまう
3)協力的な羊飼い達は、飼育できる羊の数を話し合って共有地を保護するので、生業を持続可能にすることができる
要するに、このモデルは「競合的なシステム/協力的なシステム」を比較しているわけだ

アドラー心理学の考え方の一つに、ある個人の動きは対人関係への応答であり(対処行動)、
それが波状的・物理的に集団に連鎖作用して「競合的なシステム/協力的なシステム」を形成する、というものがある
たとえば「競合的なシステム」とは何かと言うと、まず誰かと誰かが競争して勝ち負けの興奮を作り出すことで、
集団のメンバーの内心に「他者は競争相手だ/勝ちたい」という競争原理が蔓延した状態のことだろう
>>944さんの言ってくれてる状況がこれに近くなると思うんだけど、
こうやって比較の雰囲気が満ちている場では、そこで落ちこぼれてはいけないと思った人が所属の危機を感じて対立的な問題行動を起こしたり、
劣等感を極大化させて萎縮的・攻撃的なコンプレックス行動に陥りやすくなる
逆に「協力的なシステム」とは、各個人が周囲との共栄を守ることを優先しているために、
集団のメンバーの内心に「誰かと競争せずに共通目的のために仕事をしよう」という考えが広がっている状態だろう
ゆえに皆がそこに居心地のよさを感じて同環境を守ろうとすれば、個人は協力的な目標行為を選択してシステムは維持される

つまり、人の幸福には集団の構造によって作り出される側面があり、しかも構造は一人ひとりの内心によって作り出されているということだ
だからアドラー心理学が重点を置く治療行為とは何なのかと言えば、
「カウンセリング」は最小単位のシステム改善行動だと言えるし、「教育活動」は広域へのシステム改善行動として換言できると思っている

946 :名無しを整える。:2017/04/04(火) 12:53:49.93 ID:rhWsv24N
世界の中でも「幸福な国」として知られるデンマークに伝わる「ヤンテの掟」 - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20170404-danish-jante-law/

1:あなたが特別な存在だと思ってはならない
2:あなたが人と同様に有能だと思ってはならない
3:あなたが人より賢いと思ってはならない
4:あなたが人より優れているとうぬぼれてはならない
5:あなたが人より物知りだと思ってはならない
6:あなたが人より重要だと思ってはならない
7:あなたが人より何かに秀でていると思ってはならない
8:あなたは人を笑ってはならない
9:あなたが誰かに助けてもらえると思ってはならない
10:あなたが人に何かを教えられると思ってはならない

947 : ◆q9sa0OX8rM :2017/04/05(水) 14:39:36.88 ID:h9WazdQk
>>945
うむ、人の業は所属感で構造化されるのだ

948 : ◆kVEz2DhQVk2C :2017/04/08(土) 12:15:36.56 ID:62+pCq1A
>>468
>>470
周りは変わってほしくなくとも勝手に変わりますしね
最近大凶夢と呼ばれる夢を見て何のトラブルが自分に降りかかるのかと怖くなったのですが
そのトラブルが明日か1ヶ月後か半年先か‥仮に絶望的な不幸であっても自殺する以外には逃げ道はなく何かしら生きるために手を打たなければならない
覚悟するというよりは、諦め、でしょうね
自らの力が及ばないことは駄々をこねてもどうしようもないのだと

ただ諦めだけでは(というか今の自分は)自分には何もできぬ無力と感じて何もしなくなる(というか、したくない)
それでいて自分の理想の人間像だけはあるので苦しくなる
現実の自分の受容とそこから変化していく勇気と、自分の人生にたいして積極的に責任を持つこと
そこまでなかなか至らないですね

949 :名無しを整える。:2017/04/08(土) 17:45:18.77 ID:1YSMEL2f
>>948
生きてれば予期せぬ不幸の方が多い。不幸が訪れた時に考えればいいんじゃない?今を生きるですよ。

950 :名無しを整える。:2017/04/08(土) 18:08:38.17 ID:E7ouTZMV
ありもしない未来の不幸を気にしてるならアドラー心理学じゃ足りなくてカウンセリングが勧められるとか

951 :名無しを整える。:2017/04/09(日) 14:56:38.82 ID:+mOBUpDp
アドラーを取り寄せてるカウンセリングいってきたけど
けっこうよかった現実的で具体的だったわ
他のはただ聞いてくれるだけで一方通行だったし

952 :名無しを整える。:2017/04/09(日) 19:31:36.49 ID:8EVFPvT9
カウンセリング受けないセミナー受けたくない
でもアドラー身につけたい人は慈悲の瞑想しながら仕事したり人とかかわるといいんじゃないかな?
言ってることだいたい一緒でしょ

953 : ◆q9sa0OX8rM :2017/04/09(日) 22:29:31.06 ID:hv0tKwan
>>948
おう、無理はしちゃいかんが
それでも何か出来そうなものからやってみる事だ

954 :名無しを整える。:2017/04/10(月) 04:49:45.94 ID:bl2wwaRt
アドラー心理学が実践的だというならスポーツやその他チーム活動に当て嵌めればいいと思うんだが、
その方面の研究はないのかな。野球やサッカー、ラグビー、格闘技のコーチのためのアドラー心理学とか

955 : ◆q9sa0OX8rM :2017/04/10(月) 09:15:37.38 ID:GgwiUzWK
『部活動における勇気づけ』という発表があるな
あんまり勇気づけっぽく無い気もするがねw

http://adler.cside.ne.jp/database/063/063_04_yamamoto.pdf

956 :名無しを整える。:2017/04/13(木) 13:40:26.31 ID:Cr8x0VyZ
アドラー本で興味を持った初心者なんだけど

アドラーギルドとヒューマンギルド違いってなに?

957 :名無しを整える。:2017/04/13(木) 13:53:26.92 ID:ofBmz4cY
まず検索しなよ

958 :名無しを整える。:2017/04/13(木) 19:04:32.38 ID:pm2o628D
>>954
http://number.bunshun.jp/articles/-/827813

959 :名無しを整える。:2017/04/13(木) 19:36:53.20 ID:ofBmz4cY
>>958
THX ナンバーで特集やるのか。しかし、日本で10年以上前からアドラー心理学を取り入れた
監督・コーチはいないだろうな。一方、アメリカは個人主義かつ横の関係がずっとスポーツの基本だろうから

960 : ◆q9sa0OX8rM :2017/04/14(金) 08:58:39.29 ID:EBbf9jlV
スポーツでも『社会との繋がり』を重視すればいいわけなのだよ

961 :名無しを整える。:2017/04/14(金) 15:15:37.05 ID:9QNojf1U
アメリカになんかコンプレックスでもあるの?

962 : ◆XlGyrhgCZI :2017/04/16(日) 00:58:04.08 ID:oB70Ukjv
俺は最近、イスラム原理主義関連のテロ報道を見て、価値相対論を考えてる
かつて2005年には、デンマークの日刊誌がムハンマドの風刺漫画を掲載して、イスラム社会を憤慨させた歴史があった
その結果、デンマーク大使館へのデモや放火があったり、漫画家に懸賞金がかけられたりした
欧州の新聞がこの漫画を表現の自由の立場から擁護したものだから、確執はさらに深まり、2014年の仏シャルリー・エブド襲撃事件につながっていく

これは価値判断が相対で存在するという事象の一つだ
「偶像崇拝の禁止」とか「表現の自由」とかいう考えは、個人や集団の中に深く根付いた価値観(=信仰)で、各々の信念だと言える
価値相対論というのは、これらの価値観群が勝手な常識でしかなくて、それらに絶対的な善悪、優劣は付けられないと考えることだ
つまり相手がどんな価値観をしていても、自分との違いを尊重することで、争いになるのを止めておける
集団対集団の問題だと、内集団/外集団バイアスによって、自分の集団をひいき目に見る傾向がある点をここで差し引きしなくちゃならないだろうな

ただ価値相対論だけでは危なっかしい
なぜなら、それだけだと上記「尊重すべき価値観」群の中に、「無差別テロで報復せよ」「空爆で報復せよ」という破壊的な価値観も含まれてくるからだ
そこで、共同体感覚のポジションは、「偶像崇拝の禁止/表現の自由」が平和的な行動に収まる分には、人それぞれ(価値相対)で済ませるけど、
「無差別テロ/空爆」といった破壊的な行動に進展すれば、まずは結末の提示によって「それは誰のためにもならない」という合意をとり、阻止を図ることになるだろうな
つまり双方の間に「これはまずい」という共通の価値観を築くことで、相手の価値観を否定することなく、共通感覚から抑止の価値判断を引き出すということだ

963 :名無しを整える。:2017/04/16(日) 06:56:54.71 ID:gR9wlISw
建設的かどうかだよ
すべては

964 : ◆q9sa0OX8rM :2017/04/16(日) 11:57:28.76 ID:9HW+Vg+n
実用主義やね

965 :名無しを整える。:2017/04/16(日) 12:28:29.91 ID:G7TgGGrU
てへ

966 :名無しを整える。:2017/04/16(日) 12:35:56.73 ID:sLMcQP4l
権力争いには関わるなと言うが今の欧米のテロはかつての欧州の中東植民地主義に端を発する中東の復讐だよ
日本も戦後70年経過しようが未だに中国・朝鮮半島から復讐されてるよね
アメリカもロシアも復讐は今後も受ける事になる

967 :名無しを整える。:2017/04/16(日) 12:46:55.01 ID:dCyJcu6t
偶然性の核心的意味は「甲は甲である」といふ同一律の必然性を否定する甲と乙との邂逅である。

「独立なる二元の邂逅」

偶然性を成立せしめる二元的相対性は、到るところに間主観性を開示することによって根源的社会性を構成する

九鬼周造『偶然性の問題』

968 :名無しを整える。:2017/04/16(日) 19:22:13.46 ID:Jmnrz8ch
アドラーブーム終わっちゃったんだな

969 : ◆q9sa0OX8rM :2017/04/17(月) 08:55:35.15 ID:jlb7bi8v
ゆっくりだからこそ見えてくるモノもあるかもな

970 :名無しを整える。:2017/04/17(月) 11:06:37.40 ID:TSy5yqXB
アドラーをしばらく意識しないで生活していると、少しずつ共同体感覚が薄れてくるというか、心に何か尖った物が溜まってくるような気がします
今がちょうどそんな感じなんですが、これから共同体感覚を取り戻してみようと思います

971 :外に出る:2017/04/17(月) 13:39:02.27 ID:bHkPy4Kb
歴史認識が必要な分野に
アドラーの個人心理学をあてはめるのはかなり無理があり
相性が悪いと思います

972 :名無しを整える。:2017/04/17(月) 14:10:39.90 ID:CbVUghi7
出来るよ。個人の延長線上に国家があるわけだから。そうじゃなかったら時代劇も見れないよ
中国や韓国が反日なのは課題の分離が出来ない国だから。だからクールな個人主義を
描いた村上春樹がめちゃくちゃ売れる。「こんな感覚が存在するのか」と
韓国では個人主義に憧れている国民が多いから「嫌われる勇気」が爆発的に売れた

973 :名無しを整える。:2017/04/17(月) 14:31:31.61 ID:TSy5yqXB
>>970
無条件に出会う人すべてを仲間だと思ってみることでかなり改善しました
ちょっと所属感が歪んでいたように感じます

974 :名無しを整える。:2017/04/17(月) 14:46:03.09 ID:CRJpFyw7
>>972
支離滅裂で意味がわからない
それあなたの感想ですよね?と言いたくなる

975 :名無しを整える。:2017/04/17(月) 14:56:29.56 ID:CbVUghi7
>>974
何で煽っているの?アドラー心理学で「他人を煽るべきではない」と学ばなかったかな
但し、ブーメラン禁止ね

976 :名無しを整える。:2017/04/17(月) 15:02:13.86 ID:CRJpFyw7
>>975
別に俺は実践してる派じゃないが
ひときわお前のレスが意味不明で浮いてたから指摘したくなった

977 :名無しを整える。:2017/04/17(月) 15:38:51.57 ID:CbVUghi7
>>976
意味不明なら普通はスルーしそうなもんだが。スルーできずに煽ったのは何かが引っ掛かったわけだろ?
空気を読む、浮いているなんてアドラー心理学から遠い言葉じゃないか
嫌われる勇気を読んで空気を読む事だと理解したのかな

978 :名無しを整える。:2017/04/17(月) 16:49:38.28 ID:GYMyF81R
またかw

979 :名無しを整える。:2017/04/17(月) 18:28:53.08 ID:TSy5yqXB
>>973
一日の仕事を終えて、失敗もあったけど建設的なことをして貢献できたことで、穏やかな気持ちが戻ってきました

980 :外に出る:2017/04/19(水) 16:12:43.84 ID:yKf0kMhV
貢献(感)というのは大事ですよね

981 : ◆q9sa0OX8rM :2017/04/20(木) 13:06:05.45 ID:tMqkG1g+
時に、やらかした事を引き受けて貰うのも貢献である

982 :名無しを整える。:2017/04/21(金) 15:24:12.79 ID:VQ8uByW+
生きてるだけで貢献である

983 :名無しを整える。:2017/04/21(金) 15:59:13.60 ID:24wvbATq
次スレ頼んます

984 : ◆q9sa0OX8rM :2017/04/22(土) 00:05:03.90 ID:Vq8hzE1L
おおう、どする?意見を聞きたい
アドラースレ民の参加によって有難くも1000近いが、ここはもともと避難所でもある
古巣の心理板スレが平和になって来たんで、この機にあっちに移住し直して続けるのもアリかと思うが

985 :名無しを整える。:2017/04/22(土) 01:22:42.10 ID:UNATzAIf
二ヵ所あって悪くないでしょ。こっちはIDが付くし

986 :名無しを整える。:2017/04/22(土) 20:27:16.20 ID:ASajX3sO
自立汁。

987 :名無しを整える。:2017/04/22(土) 20:32:58.03 ID:4hiAia/T
むしろこっちメインでいいんじゃない?
ほとんどの人が自己啓発目的で学んでるんじゃないかな

988 : ◆q9sa0OX8rM :2017/04/22(土) 23:08:25.65 ID:lGG45Rjm
そーかいな
んじゃもうちょっとしたら立てるわ
次スレは基本前提とか、有益なリンクがあったら先頭の方に並べたいなと思ってるが
なんかテンプレ募集!

989 : ◆XlGyrhgCZI :2017/04/24(月) 22:39:52.07 ID:9ejK7cEF
テンプレとは関係ないんだけど(笑)
自分のアドラー学習をまとめる趣旨でブログを開設したので、もし興味があったら覗いてね
http://macaronipenguin.hatenablog.com/

990 :名無しを整える。:2017/04/24(月) 23:25:08.54 ID:WTzFm6La
アドラー関連ブログってまとめサイト系かママさん系が多い印象

991 :名無しを整える。:2017/04/25(火) 00:17:15.14 ID:WpYDR/Lh
『嫌われる勇気』の岸見一郎さん、今夜の『100分de名著』で、
南京大虐殺はあった、これを否定するのは歴史修正主義だ、と明言しちゃったな

992 :名無しを整える。:2017/04/25(火) 00:22:26.28 ID:mC/zEhXo
>>991
まじか
さすが哲学者や!

993 :名無しを整える。:2017/04/25(火) 01:04:17.66 ID:6Z27Thei
そういや『幸福の哲学』にハッキリとじゃないが政権批判めいたことが書いてあったなあ
岸見先生てもしかして思想的にはけっこう左にかたよってるのかな?と思った
野田先生と何から何まで対照的

ほんと、生まれ変わりなんじゃないかと思うくらいフロイトとアドラーの関係を彷彿とさせるわ

994 : ◆q9sa0OX8rM :2017/04/25(火) 06:15:55.06 ID:g14tw0Ii
次スレは左右の問題も突っ込んで語れたら楽しそうだのう
てことで立てたんでぼちぼちヨロシク

アドラー心理学2 【嫌われる勇気】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/keihatsu/1493067514/

995 :名無しを整える。:2017/04/25(火) 23:16:51.95 ID:Z8Oop73F
>>993
次スレでもいいから岸見先生と野田先生の関係教えてください

996 :名無しを整える。:2017/04/25(火) 23:33:56.17 ID:sKOs8EWW
流すか

997 :名無しを整える。:2017/04/25(火) 23:34:27.99 ID:sKOs8EWW
共同体感覚

998 :名無しを整える。:2017/04/25(火) 23:34:51.34 ID:sKOs8EWW
自己肯定感

999 :名無しを整える。:2017/04/25(火) 23:35:05.80 ID:sKOs8EWW
貢献感

1000 :名無しを整える。:2017/04/25(火) 23:35:17.96 ID:sKOs8EWW
所属感

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 95日 1時間 15分 21秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.2ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.2ch.net/login.php

340 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)